原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

原発と地震

原発と地震

16日午前10時13分ごろ原発立地直近(新潟県柏崎)で地震が起きた。基本的に「こんな立地に原発を作る事事態が反人類的行動」だ。原発立地の危険性の問題はこの東電柏崎だけではない。北陸電力の志賀原発は今年の3月25日9時42分頃に発生した能登半島(M)6.9の地震発生現場の直上だ。

その日、たまたま志賀原発が休止中であり、難を免れたが地震の原発直撃が同年内に2度目と言う事になる。柏崎原発の1、5、6号機は定期点検で休止中であった。稼働中の2、3、4、7号機は地震の揺れを関知して自動停止装置が無事作動した。また原発クルーの的確な操作が成された様だ。原子炉システムの壮大さと複雑さ煩雑さを思うと危機を回避した当該原発担当クルーに拍手喝采を送りたいのである。がしかし、二度あること(原発直下の地震)は三度在ると判断されるのが妥当だ。「三度目の正直」と言う諺を思う時、前回と今回の結果だけで「次回も安心」とは決してならない。

私は、本年に2度にわたって起きた原発直下の地震は「神様の哀れみによる日本と世界に対する警告」と認識している。

その根拠は以下だ。

★ 第一の根拠は「日本の原発は悉く地震の巣窟の上に立地している点」だ。具体例を上げるまでもない。九州電力の川内(センダイ)1号機2号機は群発地震の発生している直ぐ近くに位置している。最も問題にされているのは中部電力の浜岡原発で老朽化の上に懸念されている東海地震想定震源域の直上だ。関西電力や日本原電や動核開発事業団のふげんやもんじゅを初めとする敦賀湾一帯の15基の立地も地震の元である活断層の巣窟の上に立地している。同様の問題は四国電力の愛媛の伊方原発、中国電力の島根原発、東京電力の福島第一、第二も東北電力の女川原発にも同様だ。

 いくら大切なエネルギー問題が絡むとはいえ、あまりにむごい原発の立地といわざるを得ない。この狭い国土に、しかも「好んで活断層の巣窟に60基近い巨大な原発を建設したことは国策を誤ったと断言」せざるを得ない。現実に一部(泊、玄海、川内の合計6基)除いた全ての原発立地は地震予知連絡協議会が策定した「地震予知の為の特定観測地域」か「観測強化地域」のど真ん中に位置しているのだ。

 日本の国民の大半は現実を知らない。そして、原発推進側の主張である「日本の原発は大丈夫」だと言う宣伝文句を鵜呑みにしている。それは安全神話にすぎない。これまでに暴露されていた原発安全神話の脆弱性を思い出せば十分であろう。日本初の臨界事故である1978年12月の東電福島3号機事故、1991年関電美浜2号機蒸気発生器事故、1999年の東海村JCO核燃料加工施設臨界事故なに加え最近の原発公表データーの組織的且つ普遍的改竄の暴露などを見れば実体は自明といわざるを得ない。

国家の100年の計として重要なエネルギー政策の重要性は認めるが、原子力にまつわる内実の暴露情報はあまりにお粗末に過ぎる。

これらを踏まえて総合的に情勢を反題する時に次のことは自明だ。私は預言者でも、原発の専門家でもなんでもないが、確かに次のことを認めなければならない。

 日本は近い将来地震による原発事故に必ず見舞われ、国土の大半(70%)以上はチエルノブイリを遥に越える放射能汚染地域となり亡国の憂き目に会う。

 少し高飛車に思える、この結論をもうすこし説明しておきたい。その様な事を主張する根拠だ。

繰り返すが、根拠のその第一は、「日本は世界第一の地震大国である」と言う事実だ。この事に説明は不要だろう。世界の1%に満たない陸地に世界の地震の10%が集中するのだ。1/100×1/10で世界の他のどの立地よりも日本に在るだけで千倍のリスクが存在している。もし世界中で地震による原発事故の危険性が在り10万年に1回、地震による原発事故の危険性があるなら日本では100年に一回は現実に事故になる可能性を持っていると言うことだ。

★第二の根拠は、「日本が導入した原発の形式」だ。チエルノブイリの原発は黒鉛炉で原子炉建屋が上に「重し」の様な蓋がある解放炉だが、日本が導入した沸騰水型も、加圧水型も原子炉建屋が全て密閉式になっている点だ。たしかに小規模原子力事故では原子炉建屋が密閉式の方が外部に放射能漏れは少ない。

しかし、もし大規模事故=スリーマイル島の事故のような炉心溶融事故以上に至った場合は事情が大きく異なる。密閉式容器に可燃物と触媒の混合物(核燃料)を封じ込め、臨界を越えるとどうなるかお分かりになるでしょう。そうチエルノブイリでは事故の熱や膨張した熱気は外部に逃がされた。原子炉建屋の蓋が羽釜の重し蓋が浮き上がる要領で内部の圧力が外部に漏洩して爆発に至らなかった。その結果、炉心が溶融し、原子炉本体が解けて周囲の全ての物質を溶解させ像の足様になって地下に沈み、地下水に接触して爆発しても殆どの放射性廃棄物は原子炉建屋内に残留してくれた。それゆえに上から鉄板やコンクリートで放射性遮蔽する事が可能だった。

しかし、日本が導入した沸騰水や加圧水型は全く事情が異なる。第一に原発の規模そのものが100万キロワット級でその上稼働年数が長く内部の放射性物質そのものの分量が莫大だ。その上、大事故では建物建屋が爆発して内部の全放射性物質が地球環境に大放出される。おそらくその分量はチエルノブイリの数百倍以上に達すると見なければならない。

ウクライナやロシアの核物質汚染状況(東西南北に千キロに及ぶ)と比較して分かることは、おそらく放射能汚染は北半球全体に及び、人類の生存にその物に対する計り知れない脅威となる。

世界に存在する原発で直下型大地震に見舞われたのは日本だけだ。しかも同一年に異なった原発サイトがマグネチュウド7近い大地震に2回も見舞われたのだ。そして、この国はこれら以外に大規模で多数の原発サイトを地震危険地域内に設置しかも稼働させておりその上想定された耐用年数を越えて老朽化している。世界の原子力科学者は戦慄の眼で同年に2回も地震動に遭遇した日本の原子力の現実を凝視しているに違いない。

彼らが地震のない大陸に住みながら想定した原発サイトの地震にたいする安全設計はこのような日本における地震多発国で活断層直上に大量立地させている状勢を夢想だに考慮していない。

しかも、彼ら(=北米の原子力発電所の技術開発者達=日本は核拡散防止条約により彼らの設計した部品を輸入しそのまま日本の原子炉に使用している)は濃尾地震の様なマグネチュード8を越える内陸直下型地震の破壊力の凄まじさを全く理解していない。あの地震では根尾谷断層が水鳥断層崖で上下6m東西に2.5m変移した。地震による破壊が地表を直撃した場合、地震動の結果地面はその変移量の2倍を振動する。それは震源直上の最悪地点では上下12m左右に5mという変移となり、それを瞬間的に経験する。どんな頑強な構築物もまた安全装置もこのような破壊力には抗しえない。

これらの事を思うと、 今からでも遅くない。「原発に対する危険性と地震に対する脆弱性の認識を根本から改めて即刻日本に立地する全原発の停止を発動する事」が必要だ。

余分だか、今回の地震で露呈した大問題が在る。それは、放射能洩れの観測体制だ。おそらく地震による停電で放射性物質を測るモニタリングポストが殆ど機能しなくなった事だ。以下の記事参照。

http://www.asahi.com/national/update/0716/TKY200707160041.html
「東京電力や柏崎刈羽原子力発電所などによると、同原発の2、3、4、7号機が地震発生とともに、自動停止した。1、5、6号機は点検中で、七つあるすべての原発が停止した。3号機屋外の変圧器で火災が発生し、黒煙が上がったが、消防隊が消火にあたり、正午ごろ鎮火した。放射能漏れは確認されていないが、協力社員4人が軽いけがをしたという。放射性物質を測るモニタリングポストから情報が届かなくなっている。 」

このような実体にも関わらず、報道では「放射能洩れは観測されていない」と言う誤報がマスコミで頻繁に流されている事である。事実は「観測されていない」のではなく「観測装置が地震で機能しなくなっている」のだ。このような重大点が看過されていては、万が一の原発サイト大事故で国土や国民の財産逸失は致し方が無いとしても、最後の砦である「国民の生命を危険な放射能から守る」という究極根本の国家の基本が心もとない。せめてどんな出鱈目の報道や政策を展開するのは勝ってだが、「国民の生命を守る」という最低線の国家や企業のあり方には歯止めが欲しいものだ。それらに、さらに加えてこの報道を最も多く成したNHK(内閣広報協力会の略??)を初めとする一部を除いた多くのジヤーナリズムその物の存在意義に対して疑問を禁じえない。

この記事に

閉じる コメント(6)

今日、心して拝読致しました。

2011/6/23(木) 午後 10:03 [ {^美м楽^} ] 返信する

顔アイコン

{^美†楽^} 様

この記事に初コメントを感謝です。 4年間にご覧下さった方は多く有りましたが誰もコメントしてくださいませんでした!! 千人ぐらいの方がこの記事にコメントしていて下さっていたら福島の原発事故は防げたか、あるいはこんな酷い政府の対応にクギがさせたかも知れませんね!!

2011/6/23(木) 午後 11:07 [ 油食林間 ] 返信する

タクシー野郎〜☆ですby島根

コメントありがとうございますハ~イ

お書き込み記事を仕事の合間にぼちぼち拝読致してます。

しがないその日ひぐらし蜩ヒグラシ日暮らしのTaxi野郎に過ぎませんが、只今の大災害に心痛めています。

あなた様のお書き込み記事をそれなりの方々が見ていらっしゃる!と思われますが?日本の知識人を疑問視でございます。

2011/6/28(火) 午後 3:12 [ {^美м楽^} ] 返信する

顔アイコン

もう一度アップしたら言いと思います。
結局警告どおり事故したのですから。

2011/8/2(火) 午後 5:18 [ ailandlife ] 返信する

顔アイコン

{^美м楽^} 様 再度コメントを頂いていたのですね!!

長い間気が着かず失礼致しましたが....感謝!!

2011/8/2(火) 午後 6:27 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

ailandlife 様

原発の深刻大事故は20年も30年も前から高木仁三郎氏を筆頭とする多くの版原発の立場に立つ科学者達も予告しておられましたよね!!

問題は肝心の東電や電力会社に本来専門家のはずの御用学者様が予想して頂くべきものですからね!! これ転載可にしておきますのでもし有用だと思われたらどなたでもご自由に転載出来る様にしておきますね!! 感謝!!

2011/8/2(火) 午後 6:45 [ 油食林間 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事