原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

振動山

振動山 ヨシュア記24章29節、30節

今日はヨシュア記が死に葬られた箇所でした早速直訳です。

ヨシュア記24章29節30節へブル語原典直訳

29 ・ そして彼が存在した 後ろ その言葉ら そのこれら そして彼は死んだ イエホシュア 息子の ヌン 奴隷の ヤハウエ 息子の 100 そして10 年ら 
30 ・ そして彼らは埋葬した を彼 中で境界の 所有地彼 中でテイムナト(割り当て) セラッハ(過剰) 所は 中で山の エフライム から北 に山の ガアシ(振動する)

ヨシュア記24章30節31節70人訳ギリシャ語原典直訳

  30 ・ そして 彼が起きた 共に あのら そして 彼は死んだ イスラエル 息子は ナウエ 奴隷の主の 百 十 年らの。
31 ・ そして 彼は葬った 彼を 方に その 山らに その 籤の 彼の 中で サムナササカラ 中で その 山 その エフライム から 北 その 山の ガアス。

今日の箇所には翻訳は不要でしょう。余分ですが聖書の章や節は16世紀頃にグーテンベルグの印刷機が出来てから、植字工が校正をする時に便宜上付けられたものです。本来の聖書原典には章や節はありませんでした。しかし、それ以後聖書箇所を引用したりするのに大変便利なのでそれ印刷と共に章節が一般化したものです。ですから写本や訳によって章や節に異動があるのは当然のことです。因みに今日は70人訳の方が一節ずれています。

さて、ヨシュア(ギリシャ語ではイエス)が死んで葬られた場所が「振動山」と言うことなのです。ヘブル語ではハルガラシとなっています。

おそらく群発地震が起きていた山だろうと思われます。何しろこのエフライムの山地辺りを軸にしてアフリカプレートとユーラシヤプレートが鬩ぎ合っているのです。だからこのエフライム山地のある山で群発地震が起きていても全く不思議はありません。

パレスチナは頻繁に地震が起きる地域でその点は大変日本に良く似ています。と言うことで今日はヨシュアが埋葬された場所の名前が振動山(ハルガアシ)という意味のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事