原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

いちゃもん

いちゃもん 士師記12章1節

今日は昨日のエフタの戦後処理です。早速直訳です。 

旧約聖書士師記12章1節ヘブル語原典直訳 

01 ・ そして 彼が悲鳴した  男の エフライム そして彼らは越えた ザフオンへ(北) そして彼らは言った に イフタ(彼は開く) 何故 あなたは越えた に 格闘させられる事 中で息子らの アモン そしてに私たち 無い あなたが呼(公表)んだ  に歩く事の 共にあなた 家のあなた  私たちは焼く 上あなた 中で大火災

旧約聖書士師記12章1節70人訳ギリシャ語原典アレキサンドリヤ写本原典直訳 
01 ・ そして 彼らは共に導いた その 息子らの エフライム そして 彼らは来た 中へ セフイナ(へブル語 ツァフオン=北) そして 彼らは言った 方に イエフタエ 何故 その時 あなたが行かされた 戦うこと 中で その 息子らの アムモオーン そして 私たちを 無い あなたが呼んでいた 行かされる事 共に あなた? その 家を あなたの 私たちは確かに中で焼く 中で 火。

旧約聖書士師記12章1節70人訳ギリシャ語原典バチカン写本原典直訳 

01 ・ そして 彼らは悲鳴した 男は エフライム そして 彼らは側に来た 中へ ボルラン(=北) そして 彼らは言った 方に イエフタエ 通して 何故 あなた来た 側で命じさせられた事 中で 息子らの アムモオーン そして 私たちを 無い あなたが呼んでいた 行かされる事 共に あなた? その 家を あなたの 私たちは確かに中で焼く 上に あなた 中で 火。

旧約聖書士師記12章1節ヘブル語原典意訳 

01・アフタの大勝利を妬んだ隣のエフライム部族は騒ぎ立てて言った。「エフタよ何故お前は俺たちに断りもなくヨルダンを越えてアモン人に戦争を仕掛けたんだ。無視した仕返しにお前の家を町ごと焼いて皆殺しにしてやる。」

  ずいぶんと穏やかではありません。真実はエフタは最初エフライム部族に参戦を要請しましたが、彼らは無視したのです。まさかエフタが勝てるとは信じられなかったからです。しかし、勝ってその莫大な戦利品を目の当たりにして心はあせりと妬みに燃え上がったのです。

 「貧乏人の集団など俺たちエフライムの大部族には屁でも無い。」と思い上がったエフライム人は大挙してギルアデに攻め込んできたのです。お目当ては勿論自分たちが与らなかった戦利品の山です。

 興味深いのはエフタの前のギデオンの対ミデヤン戦の折りにも全く同様のイチャモンをエフライム部族は付けてきたのでした。(8章1節から3節)前回はギデオンがエフライムにも分捕り物が手に入る様に仕向けたので事なきを得ましたが今回のエフタはそんな配慮はしないでふざけたエフライムの要求を批判的言動でたしなめたのです。

  本当に、人間(集団)の中には、恥を忘れて厚かましい権利だけを平気で要求する連中が何処にでもいるものです。特にプライドの高い人にその傾向が強い様です。

  そしてエフライム部族のイチャモンはエフタの対エフライム戦で見事に押さえ込まれ彼らは敗北を帰して自分たちのエフライムの山地に逃げ帰るのです。 

  と言う事で今日はイスラエルの大部族エフライム族が見下していた貧乏人集団ギルアデ人エフタに敗北した箇所のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事