原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

からかわれたナオミ

からかわれたナオミ ルツ記1章19節 

今日からルツ記に入りました。早速直訳です。 

旧約聖書ルツ記1章19節ヘブル語原典直訳 

19 ・そして 彼女らは歩いた 2(女)ら まで彼女らが来る事 彼女らの 家 パンの(ベツレヘム)そして そこに在った として 彼女らが来る事 家 パンの(ベツレヘム) そして彼女はからかわれた 全てその城塞 上彼らの そして 女たちは言った それ これの  ナオミ  

旧約聖書ルツ記1章19節70人訳ギリシャ語原典直訳 

19 ・ 彼らは来させられた も 両者らは まで その 側に起きさせられる事 彼女らを 中へ バイセレエム。そして 彼らは音を出した 全てらは その 町 上に 彼女ら そして 彼らは言った 彼女は 彼が存在し続けている ノオエミイン? 

旧約聖書ルツ記1章19節ヘブル語原典直訳 

19・夫に死なれて落ちぶれたナオミとルツは恥を忍んでベツレヘムの城門をくぐった。彼らが町の広場に来ると町の女たちが二人をみてナオミでに気づき「これ本当にナオミ様かしら! 」とからかって言いふらした。

10年あまりまえ飢饉に見舞われたベツレヘムの町を見捨てて、財産を全てお金に換えて夫と二人の息子ともども意気揚々と出かけたのでしか。その捨てた町が勢いを盛り返し、その最も喜びに溢れた麦の収穫の最中に突然見すぼらしいみなりで現れたナオミと嫁ルツは耐え難い屈辱の視線と心ない言葉に迎えられたのです。

モアブの野でナオミから執拗に実家に戻る様に言われたルツは原典ではけなげにも「一緒に路上生活します」と言い放っていました。(16節の住むには野宿を意味する言葉が使われている) 実際に異国の町にきたとたんにうけたこの心ない女たちの嘲りの言葉はさぞ応えたさぞ辛い思いを忍んだ事でしょう。

いつの時代にも落ちぶれた者が味わう屈辱ですが、その事が原典で見ると随所に記されているのはたいへん考えさせられる所です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事