原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

価値ある言葉

価値ある言葉 サムエル記第機3章1節 

今日はサムエルが神様に言葉を頂く様になった最初の箇所です。早速直訳です。

旧約聖書 ヘブル語原典 サムエル記第機3章1節 直訳 
 
01 ・ そして その少年 シエムエル 徹底的に奉仕しているは を ヤハウエ に顔(面)らの エリ そして言葉の ヤハウエ 彼が存在した 稀(or価値ある) 中で その日ら その彼 無いの 見たもの 破れ出されているは 

旧約聖書 70人訳ギリシャ語原典 サムエル記第機3章1節 直訳 

01 ・ そして その 子供は サムエル 彼が存在している 公民奉仕するは その 主の 面前を エリ その 祭司。そして 話された言葉は 主の 彼が存在している 価格 中で その 日ら あの、無い 彼が存在している 見える(幻) 通し遣わされている(女)は(ヘブル語=破れ出る)

旧約聖書 ヘブル語原典 サムエル記第機3章1節 意訳

01・少年サムエルは祭司エリの前で神様の奉仕を手伝った。その頃はヤハウエの言葉が非常に価値があった。しかし、だれも神様の言葉を見たものは居なかった。

  変わった言い回しが有ります。神様の言葉が「価値ある」と言う事と、「神様の言葉が破れ出るのを見たものは誰も無い。」と言う 表現なのです。

  価値があると言う言い方は、一つの前提が有ります。探している人がいたが持っている人が居なかったと言う事です。 もう一つの「破れ出る」と言う言い方は「神様が人から言葉を隠してため(or集め) ておられる」と言う事なのです。

  何方にしても分かる事は、「神様の言葉は隠されている。」と言う事なのです。 そして隠す目的は「人々がその言葉に興味を持ち、捜し求める様になる事が期待されている。」と言う事なのです。 

  そして、この事は21世紀の今日においても普遍であると思います。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事