原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

ケルブ×2=ケルビム

イメージ 1

ケルブ×2=ケルビム

 今日は何の不思議も無い、当たり前のお話をご紹介しましょう。早速直訳です。 

旧約聖書 ヘブル語原典 列王記第一 6章25節 直訳

25・そして10 中でその アマア(キュビト) その ケルブ そのに 寸法 一 そして 切り出し(形状) 一 に2 その ケルブら

旧約聖書 70人訳ギリシャ語原典 列王記第一 6章25節 直訳 

25・この様に その ケルブ(単数) その 第二に、 中で 計りに 一 共に完成 一 両者らに。

  今日は簡単な事を記します。翻訳も無用です。ケルブとは移動式神殿の幕屋に登場する有翼天使像です。このヘブル語の25節に登場する最初の「ケルブ」は単数です。 そして「ケルブら」と訳したのは原文では「ケルビム」でケルブの複数形なのです。

  実に簡単なお話です。しかし、こんな簡単な事が出版されている図書の幕屋やソロモン神殿の想像図や模型には一切考慮されていないのです。そう、ケルブ(単数名詞)は一体の有翼天使像で、ケルビム(複数or双数名詞)は当然二体の有翼天使像でなければならないのです。

 と言う事は例えば契約の箱の両端にケルビムを作ったと言うなら当然契約の箱の上には四体の有翼天使像が無ければならないのです。

★ケルブ×2×2=ケルビム×2=4ケルブと言う事なのです。
(但し、ケルビム=2ケルブ)

  当たり前の事なのですが私が30ウン年前に幕屋の構造の論文を記した時には調べられる限り手を広げましたが、世界中で誰一人4体のケルブを契約の箱の上に配置した研究者はありませんでした。もちろん論文やイラストを見ただけでは有りますが、現在も状況は全く同じです。教会やキリスト教界でもせめて聖書にはっきりと書かれている「当たり前のことが与り前に認識出来る様になる」と本当に良いですね。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

おしまいって、ブログやめるのですか?私は尊敬しています。

2007/10/13(土) 午前 1:11 [ hea**n_s_*eed ] 返信する

顔アイコン

いえいえ、神殿や幕屋のことが昔から好きなので程々にしてソロモン神殿の悪口は止めて御本尊に当たる契約の箱だけでおしまいにすると言う意味です。

2007/10/13(土) 午前 7:36 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

契約の箱の蓋にはケルブが4体ですか!!
ということは 黙示録に出てくる四つの生き物とはケルビムですね!!! あーーー一つこれで一つすっきりしました
感謝です

2010/9/30(木) 午後 11:36 [ め・め ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事