原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

蠅の所有者(バアルゼブル)

 今日から列王記第二で北王国イスラエルの滅亡と南王国ユダのバビロン捕囚に向かう所を見ていきます。今日はアハブ王の後を継いだアハズヤ王の病死を語った預言者エリヤの言葉のご紹介です。

旧約聖書 ヘブル語原典 列王記第二 1章16節 直訳 

16 ・ そして彼は徹底的に言葉した に彼 この様に 彼が言った ヤハウエ の為に 所は あなたが送った 使者ら に捜す事の 中でバアル(所有者)の ゼブル(蠅) 神らの エクロン 何故 から抜きに 無い 神ら 中でイスラエル に捜す事の 中で言葉彼 にそう その床 所は あなたが上った そこ 無い あなたが下る から出て来る彼女 として 死ぬこと あなたは死ぬ

旧約聖書 70人訳ギリシャ語原典 列王記第二 1章16節 直訳
 
16 ・ そして 彼は喋った 方に 彼 そして 彼は言った エリウウ こう 彼が言い続けている その 主は 何故 それは あなたは離れ送った 使者らを 捜す事 中で その バアル 蠅 神を アクカロオーン? 無い この様なか その 床、上に するところ あなたが上に来た そこに、 無い あなたが確かに下に来る から 彼女、それは 死に あなたは確かに死ぬ。

旧約聖書 ヘブル語原典 列王記第二 1章16節 意訳

16・エリヤはアハズヤ王に面と向かって宣告した。こうヤハウエは言われた。「あなたが何故に私を差し置いて、エクロンの神バアルゼブル(蠅の所有者)に伺いをたてたのだ。どうして私の言葉を求めなかったのか。(そうすれば直してやったのに)お前は上った病床から生きておりず、必ず死ぬ。」 

 ★ここで大切なことが分かります。神さまは「ご自身に人々が信頼する」為に人間に様々な苦難や病気を与えておられると言うことです。そして、そんなことに感心の無かったアハズヤ王も重い病気にされたのです。しかし、彼はイスラエルの神ヤハウエでは無くバアルゼブルと言う神さまに使者を通じ献金を届け治癒を願ったのです。そこで神さまは、預言者エリヤをアハズヤ王に遣わし彼の不信仰を糾弾し、その刑罰として死が宣告されたのです。

  そして今日ご注目いただきたいのは、アハズヤ王が伺いを立てたパレスチナ西岸地区の低地にあるペリシテ人が住むエクロンの町にあったバアルエクロン=蠅の所有者と言う一風変わった名前なのです。

  「蠅の所有者」と言うことできっと御神体は蠅と言うことです。何を血迷ったか、蠅の神さまに事も有ろうにイスラエルのアハズヤ王が伺いを立てることに神さまが怒られたと言うことがこの顛末のポイントなのです。

  バアルゼブルと言うのは確かにある宗教を表す固有名詞ですが、その言葉が表す意味を訳出した方が読者の理解を助ける様に思われます。 興味深いのは70人訳はバアル(所有者)の方はそのまま音写し、ゼブルの方はその言葉の意味である「蠅」とヘブル語の言葉の意味をギリシャ語に訳出している点です。そして、70人訳聖書では多くの場合、固有名詞を音写するのでは無く、その言葉が持っている意味をギリシャ語に翻訳する傾向が顕著であると言うことなのです。

  聖書を理解しないでありがたく拝読すると言うのも確かに意味のあることとは思います。しかし、古代の70人訳があえて固有名詞や地名などの発音にこだわる事をやめて、その言葉の持つ意味を明示し、聖書の語るメッセージを読者に伝えようとしている姿勢に、現代の翻訳も学ぶ必要が有る様に思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

バアルゼブルというのが蠅の意味とは面白いですね。音写によるのでなく意味を訳して貰うと読む人はよく理解できますよね。
それにしても蠅の神様というのも妙ですね。
蠅にどんな御利益があったのか、繁殖性に優れているから?
そう言えばSF映画でも人間のように巨大化した蠅
の物語りがあったような気もします。

2007/10/30(火) 午前 11:58 [ n77ichiro ] 返信する

顔アイコン

私も昔何かで巨大なハエを見ましたが何か記憶が定かでありません。そうそうハエ丈ではなくダゴン(士師16章23節、1サム5章2節など)は魚と言う意味ですが70人訳はダゴオーンと音写しています。

2007/10/30(火) 午後 9:59 [ 油食林間 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事