原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

罪人を用いる神

罪人を用いる神

 今日は北王国イスラエルの悪王ヤロブアム二世の治世を読みました。早速直訳です。直訳に興味の無い方は★印にお進みください。

旧約聖書 ヘブル語原典 列王記第二 14章26節27節 直訳 

26・その時 彼は見た ヤハウエ を 悩みの イスラエル 喧嘩腰するは 非常に そして止めた 抑制するは そして止めた 置き去りにされたは そして無い 助けるは にイスラエル
27・そして 無い 彼が徹底的に言葉した ヤハウエ に拭い去る事の を 無いの イスラエル から 下部 その 空ら そして彼が救わさした彼ら 中で手の ヤロベアム(争い民) 息子の ヨアシ(ヤハウエは強い)

旧約聖書 70人訳ギリシャ語原典 列王記第二 14章26節27節 直訳 

26・それは 彼は見た 主は  その 低いを イスラエル 苦いを 非常に そして 最も小さいらを 共に持っているらを そして 乏しくされていたらを そして 中で下に残されていたらを、そして 無い 彼が存在している その 叫ぶ(or救う)は その イスラエルに。
27・そして 無い 彼が喋った 主は 外に拭った事(ヘブル語=に拭い去る事) その 子孫を イスラエル 下に下方 その 不可視の そして 彼が救った 彼らを 通して 手 イエロボアム 息子の イオアス。 

旧約聖書 ヘブル語原典 列王記第二 14章26節27節 意訳

26・その時ヤハウエは イスラエルの国の窮状をみられた。国家存亡の危機に陥り、制御不能となっていた。

周辺諸国からの全ての援助を打ち切られ、まして助ける国とて皆無であった。
27・そして、ヤハウエは沈黙され、天の下からイスラエルが滅び無い様にして下さった。そしてヨアシの息子のヤロベアム王の手によってイスラエルを救われた。

  ★北王国で最長の治世となったヤロベアム二世は、神の目に最悪の王とされています。しかし、不思議なことは、こんな王さまをさえ神様が用いられて、北王国を国難から救い出されたと言うのです。

  一体どんな国難が有ったのかは記されていませんが、この直前の25節に預言者ヨナ(鳩)が登場します。

   ご存じの通りイスラエルの宿敵アッシリヤの首都ニネベに神の祝福をもたらした有名な預言者です。おそらくこのアッシリヤとの戦争で北王国が迎えていた国難と思われます。
  
  その時に、国を救う為に用いられたのがイスラエルの歴史で最悪の王の一人のヤラベアム二世であったと言うのです。

  分かることは神さまはどんな人でも、神さまの働きの為に用いることがおできになると言うことではないでしょうか?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事