原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

動詞と文章

動詞と文章

 ギリシャ語の動詞の基本変化はしっかり慣れておいて下さいね。覚える必要はありませんがギリシャ語動詞の厖大な変化の大抵はこの6つの変化のどれかと符合します。

 何故、これが重要なのかを今日は少しお話したいと思います。

 実はギリシャ語の大抵の「一つの文」には動詞が複数登場するのです。また動詞の全く無い文章も結構あります。

  ギリシャ語はそれでも十分意味が通じてしまうのがギリシャ語の大変楽しい所です。

★ここでお分かりのように、ギリシャ語は英語を話す人には、基本的に理解できない構造になっているのです。何故なら英語に文型があり、その文型に動詞は一つしかない事が基本となっているからです。

  だから英語の堪能な翻訳者が「英訳を参考にしながらギリシャ語を日本語に訳すと、必然的に誤訳になるか、意味不明瞭な翻訳にならざるを得ない」と言う構造的問題が存在しているのです。

 お分かりの様に、人称が6種類あると言う事は一つの文中に主語と成るものが6つまで登場しても、6つの主語に対応する動詞は同一文中に6個も登場可能です。当然同一文中に主語と述語が6つ登場していても聞き手も混乱することなく理解する事が出来るのです。
  
 実際に主語や述語が6つも登場する文章は聖書では見かけた記憶はありませんが、★3つ程度の★主語(名詞)やそれを受ける★述語(動詞)が★一つの文章に★しかも★順序が入り乱れて★出て来るのは★コイネーギリシャ語では★普通です。

 分かりやすく(よけいに難しくなるかも)例文を日本語で記してみます。

  ■「彼が話した、わたしが昨日、 彼らが食べた その時、 兄達が。私が寝ていた。美味しいステーキを。これお母さんが。」

  ●最初に登場する「彼」の主語となり得る3人称単数は最後の「母」のみです。

  ●次に登場する「私の」述語になり得るのは「私が寝ていた」のみです。

  ●次に登場する「彼らが食べた」の主語になり得るのは「兄達」のみです。

 これを正しく日本語に訳してみると(これ日本語ですが!!)

  ★「お母さんの話では、私が夕べ寝ていた間に、兄達がステーキを食べてしまった。」というのがこの文章の意味の様です。

  お分かりですか。そう、最初の文章の■はギリシャ語の直訳とそっくりです。そして★が直訳(■)を翻訳したものと成るのです。

  そして、重ねていいますが、重大なのは「この■で示した文章のありさまが聖書のコイネーギリシャ語の原典の記述と本当に良く似ている」と言う事なのです。

  ★お分かりでしょう、私たちは普段良くこんな■の様な形でだれかと普通に会話をしています。

  会話なら、これ「■」で意味が通じないわけではありません。

 この■の会話の中には、「私が」お母さんから聞いたショックがダイナミックに表明されているのです。順序が乱れる事によってより「私」の狼狽ぶりが上手く聞き手に伝わる様にされているのです。

 そして「兄達」の卑劣な行為が前に来て「これ倒置法の強調形なんて言うのでしょうね?」そして、その時に寝ていた私の悔しさが続き、それと美味しいステーキを食べている「兄達」への「食い物の恨み」が結論になっているのです。

  そして、それを黙ってみていたお母さんの事を誰かに(おそらくお父さん)告げ口して、もっともっと良い物を「私」がおねだりしているのです。

 ★そう、聖書のギリシャ語は、会話を記した物であったのです。決して文章にする為の物ではなかったのです。

★実際新約聖書や70人訳ギリシャ語聖書が記されているコイネーグリークというのは当時の庶民の会話をそのまま文字にした物で、決して文章を記録した物ではないのです。

 ★だから、「★コイネーグリークで記されている物(=★会話)を★文章にしてしまう事」は基本的に★無理が在るのです。

  聖書を注意深く読むとすぐに分かる事ですが、使徒達の手紙などは、手紙と一緒に必ず使者が送られています。 使者は、「行った先の教会で、使徒自らが書記によって口述筆記した手紙を皆に見せながら、」人々の面前で使徒達の口調をまねてその手紙を朗読して耳から手紙=使徒達の言葉を聞かせたのです。だから聖書の手紙は相手に直接文字で読ませる物ではなく話にして耳から聞かせる物だったのです。

  原典では「読む」と訳出されている語は本当は「読む」なんて言う風に訳してはならない言葉なのです。「会衆の面前で朗読する」と言う意味なのです。

  ★「読む=個人が黙読する」と「会衆の前で朗読する」の問題。

 ★たとえば第二コリントの2章の3章2節「全ての人に読まれている」は「アナギノースコウ=再び知る=朗読する」と言う意味でこれを「読む」と訳出するのはギリシャ語の基本を知らないもののする翻訳で、まさしく無知による誤訳なのです。 ★同様の誤訳は旧約も含めた、聖書全体に手の施しようがないほどに蔓延しています。★

★書かれた書面は、その言葉が間違いなく使徒の物である事の単なる証拠物で有ったのです。これらの手紙や福音書は字の読める読者がそれを黙読して頭で理解される事は始めから想定されていないのです。

基本的に当時文字の読める人は特殊な訓練を受けた一部の人達だけの特権階級であったのです。

  ★聖書は初めから会話の記録だから、これを文語として文章にし、それをさらに翻訳した聖書をいくら読んでも聖書に込められている元著者の伝えたかった感情はつたわらず、翻訳も大変で、それを無理に翻訳してしかも立派な文体にしてしまうから、意味する事が分かりにくくなってしまうのです。

  ★だから、正しく分かりやすい文章にすればするほど却って、文脈(正確には話脈)は破壊され意味も通じなくなり、辻褄合わせに誤訳の連鎖が生じてしまっているのです。 

  はっきり言って、今から2000年も前の庶民の会話がそのまま録音の様に記されている、聖書は翻訳困難ナノです。

  しかし、聖書は原典で読めばその意味する事は簡単に理解できると言う事なのです。

 ★この点の無理解、あるいは誤解「=聖書は教典でキリスト教の真理が記されている。だからこれを正確な文章に訳出しなければならない。」と言う事が間違っているのです。

 聖書は使徒たちが自分の目で見た真実を、そのまま私たちに証言=会話として明白に伝える為に記されているのです。 

 だから、これを文字にして、目で追って、頭で理解する事その物に問題があるのです。

  使徒達や預言者達が実際に見たものを、私たちはそのまま聞いて、それを彼らが見た同じ出来事「=映像に脳裏で変換して初めて聖書が言っている事が分かる=私たちに伝わる」と言う次第なのです。

  だから、やはり、ギリシャ語の学びは聖書研究の唯一の方法、少なくともそれ無しには聖書を理解する事は不可能に近いと言う事なのです。

 今日は、ギリシャ語の動詞の変化形が意味している事のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

「彼が話した、わたしが昨日、 彼らが食べた その時、 兄達が。私が寝ていた。美味しいステーキを。これお母さんが。」

あの人言ってたけどね、わたしきのうね、あの人たち食べちゃったの、あのとき、お兄さんたちが、わたし寝てたんだけどね、おいしいステーキを、母さんがね。

妹や母さんと話してるときはふつうによくこういう話し方になります。
父さんはこういう話し方を嫌がります。「話があちこち飛んで、意味わかんねえよ。」と怒ります。 削除

2009/1/31(土) 午後 2:00 [ だくせる ] 返信する

顔アイコン

単純な推理で申し訳ありませんが、
語順めちゃくちゃは女性的で、
きっちりした語順は男性的なのでしょうか? 削除

2009/1/31(土) 午後 2:10 [ だくせる ] 返信する

顔アイコン

だくせる様

私は男女の問題ではないように思います。

会話と言うのは頭に浮かんだ光景や感情を順に言葉に変換しているだけかと思います。幼児の具体思考と言われるゆえんです。

女性でも理性(左脳)的といわれる方は論旨の明確な文章の様な言葉を話されますし。男でも感情的になると支離滅裂な言葉を話す物ではないでしょうか。

どちらも正しい日本語だと私は思うのですが如何でしょうか?

「書かれた文字による文章は意志を明確にし、音声の羅列である会話は感情を明確にする傾向が強い」という丈の事で、民衆が文書を目にする事の無い古代では全て会話体で記されているのはしごく当然の事と言うことでいいのではないでしょうか。

会話を文章に変換するのは中々大変でその後外国語に翻訳しなければ元の会話体の正しい意味を文章で人に伝えるのは難しいのだと思います。

その意味で聖書翻訳は一段階(会話を文章に変換する)を飛ばしてしまっているので、一般の聖書の翻訳の文章はいずれも「おかしな訳」になっている様に思います。

2009/1/31(土) 午後 2:41 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

古代ギリシャ哲学の理解のために、古典ギリシャ語を学びたくて探していて辿り着きました。読ませていただくと、自身でも古典ギリシャ語が

2017/3/26(日) 午後 10:07 [ sar*s*nda ] 返信する

顔アイコン

分かって行けるのでは、と思えて来ました。よろしくお願いいたします。

2017/3/26(日) 午後 10:08 [ sar*s*nda ] 返信する

顔アイコン

> sar*s*ndaさん
ギリシャ語やられているのですね。継続在るのみですよ。分からないことは飛ばして解ることを楽しんで下さいね。

2017/3/27(月) 午前 11:45 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。これまで、難しいと思っていたものが、自分だけの責任ではないと、少し気が楽になりましたm(__)m

2017/3/27(月) 午後 4:49 [ toy***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事