原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

名詞の変化その1、男性名詞

 今日からギリシャ語で最も良く登場する名詞の変化形を学びます。以前お話ししましたが30種類の変化があります。

1)ギリシャ語でも日本語と同じように人や物を表すのに名詞があります。(記号n)

2)ギリシャ語の名詞には男性名詞と女性名詞と中性名詞と代名詞の4種類があります。 

3)日本語では名詞に「てにをは」等の助詞をつけます、ギリシャ語では名詞の語尾が変化して助詞になります

。これをギリシャ語では格変化と言います。

(男性女性中性で変化が違います。)この課では男性名詞の格変化を学びます。
日本語    助詞      格名 ギリシャ語尾  読み方    
単数     ↓       ↓    ↓  ↓   ↓  
主語  ・・・が、は     主格  ・・・οs ・・・オス
所有  ・・・の       属格  ・・・ου ・・・ウウ 
手段  ・・・へ、に     与格  ・・・ω  ・・・オー 
目的  ・・・を       対格  ・・・ον ・・・オン
呼びかけ・・・よ、ら     呼格  ・・・ε  ・・・エ)
複数
主語  ・・・たち が、は  主格  ・・・οι ・・・オイ
所有  ・・・たち の    属格  ・・・ων ・・・オーン
手段  ・・・たち へ、に  与格  ・・・οιs・・・オイス
目的  ・・・たち を、   対格  ・・・ουs・・・ウウス
呼びかけ・・・たち よ、ら  呼格  ・・・οι ・・・オイ) 

4)ギリシャ語の男性名詞θεοs(神)の変化は次の通りです。格変化のうち呼格はコイネーグリークでは使用頻度が少ないので省略します。
(神は新約聖書に1343回)
数  格  ギリシャ語  発 音   意味       記 号         
単数 主格  θεοs  セオス   神は、神が    nom  s
   属格  θεου  セウウ   神の       gen  s     
   与格  θεω   セオー   神に       dat s     
   対格  θεον  セオン   神を        acc  s    
複数 主格  θεοι  セオイ   神々は、神々が  nom  pl    
   属格  θεων  セオーン  神々の      gen  pl     
   与格  θεοιs セオイス  神々に      dat  pl    
   対格  θεουs セウウス  神々を      acc pl       

 5)同じように変化する名詞の仲間は以下の通りです。できればこれらの名詞の格変化を毎日1回以上書き出し、発音して自然に言えるようにしてください。名詞の変化は大変重要です。その事は明日お話しする事にします。    
 意味  ギリシャ語  発  音   新約聖書使用回数
 人   ανθρωποs アンソローポス  559回
 主人  κυριοs   キュリオス    749回
義(人)δικαιοs  デイカイオス   230回 
 世界  κοσμοs  コスモス      137回 
 言葉  λογοs   ロゴス      330回 
息子  υιοs    ヒュイオス    381回 
 天   υορανοs  ウウラノス     284回

6)次の文を日本語に翻訳してみましょう。 後日回答を記します。

1.υιοs λεγει λογον 

2.κυριοs λυει ανθρωπουs

3.δικαιοs λαμβανει υορανον


☆分からない事が有ればコメントにお書きください。

☆参考の為に。

新約聖書の出現数 

 神   θεοs     セオス     1343回           ギリシャ神話の神々を指し示す言葉。新約聖書では天地の創造神を指す。英語のtheobroma ( カカオ豆) はギリシャ語θεοs+βουμα( 神の+食べ物) の意味。利尿剤テオブロミン等各種薬品の最初の「テオ」の言葉はこの語に由来する。Theismus (有神論)Theology(神学) 等はこの語の音写。

人   ανθρωποs アンソローポス ανα+θορευωの合成語→上を+見るの意といわれる。英語のAnthropoid (類人学) Anthropologic (人類学) 等の10数語の語源

主人  κυριοs   キュリオス    749回    
    権力(κυροs)を持つものの意味。奴隷や財産の所有者を意味する。    一般には君主や皇帝を指す。新約聖書の中ではイエス・キリストを指す。

義(人)δικαιοs  デイカイオス   230回  
    広義に「正しい」の意味。一般に標準や法律、規則に適合することを言う。新約聖書の中では神様の要求される基準に完全に適合することを意味する。

世界  κοσμοs   コスモス     137回 
    秩序の意味。婦人のアクセサリー(身だしなみ)や自然秩序の意味で「宇宙」秩序有る人間「世界」    を意味する。花のコスモスやコスモポリタン等の語源。

言葉  λογοs    ロゴス      330回      
    概念(思想、意思)等の表現したものとしての「言葉」、計算や会計報告、勘定をも意味する。理性や問題、比較等の概念を表す。 英語のlogic(論理) を始め、計数、対数、神経症、等の学術用語に多くの合成語がある。前述の Anthropologic (人類学) はその典型。

息子  υιοs     ヒュイオス    381回 
     息子、嫡出子を言うが後継者としての性質や精神の体現者や代表者をも意味する。新約聖の中でイエスキリストが神の子と言われるのはこの両方の意味を示している。

天   υορανοs  ウウラノス    284回
空( 大気圏) を意味し世界を包む見えない空気の層を表現する。     この言葉が新約聖書で神の領域を表現するため用いられるのは上空を意味するためではなく、不可視的神の支配の領域が空気のように私たちの周囲に充満していることを表現する。英語で天王星を意味するUranusはその物ズバリ。放射性元素ウランやUranoplegie(口蓋麻痺) 等の医学用語の語源。

今日は名詞の男性変化形のご紹介でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事