原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

愛は女性名詞

愛は女性名詞

 女性名詞の変化活用の習得具合は如何ですか? 

今日は女性名詞についてすこしお話ししてみたいと思います。

  以前にもお話ししましたが男性名詞は「能動的」な物で、女性名詞は「受動的」な物だとお話ししました。昨日ご紹介した女性名詞の筆頭は 

愛    αγαπη    アガペー    116回(名詞単体)

命    ζωη   ゾオエー      134回(名詞単体) 

です。

 興味深いのは何方も女性名詞と言う事で受動的なものである事が分かります。命は自分から得る事もまた自分の思い通りに操作する事が出来ません。神さまからもらったもので基本的に命は神さまのものと言う事なのです。

 そして、愛も全く同じです。これは自分で努力したり得ようとしても得られる物ではないと言う事なのです。 また努力したからと言って人間が人を愛する事が出来るとは聖書は教えていないと言う事になります。 

 ギリシャ語には必ず同意語(シノニムス)があると以前お話ししましたが、もちろん愛にも同意語はが沢山有ります。 
 
  代表的な愛の同意語には、同じ愛でも友愛を意味する φιλοs (友人)は男性名詞です。だから人を友愛する事は人間の能力によって可能なのです。 
  しかし、その友人間に働く友愛もφιλια(フイリア)で女性名詞なのです。と言う事は友愛も自分から友愛する事が出来る物では無く、多くの友人達から友人達へと受け継がれていくものである事を教えています。

  そして、聖書が神の愛としている αγαπη(アガペー)の愛も「人間が神から受ける物」なのです。そしてこれは友愛とは本質的に異なり見返りを受ける事が期待できない場合にのみ使われます。

  逆に言うならば神さまの様に人間から一切の見返りを期待し得ない場合にのみ使用可能な言葉だと言う事なのです。

  そして、人間がこの愛を発する事は自らは不可能です。ただ、月が太陽の光を反射して光る様に人間も神さまの愛を受けて、それを少しだけ反射する事が出来る丈です。

  しかし、それとて神さまの愛を受けている瞬間だけに可能な事であって、それが無くなれば人間にはこの αγαπη(アガペー)の愛を一瞬たりとも実行に写す事は不可能なのです。

 そしてもう一つの愛である στοργη (ストルゲー)もやはり女性名詞です。人間の親と子の間に生じる母性または父性愛等の自然発生的な愛を指します。これとて、「親から愛された物だけが自分の子に親から受けた愛をもってその子を愛する事が出来る事」を教えているのです。

 と言う事で、聖書は「人間が神や人や親子の間の愛はすべて、自分から作り出し実行できる物ではなく、神から人、親から子、友から友へとキャッチボールの様にして大切に受取りそれを回りの人々に伝えていく事」を教えているのです。

 と言う事はある人にもし愛が無いとすれば、その愛が欠如する原因はその愛の無い当人の責任ではなくその回りの人々に責任があったと言う事を知らなければならないのです。

  今日は女性名詞の特質、受動性が意味する事の紹介でした。 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんにちは。いつも記事のupを楽しみにして、こちらに来させていただいています。今回の記事、いつもながら更に良いですねー。名詞のお話から神様と人の真実(本質的)な愛への展開が簡潔に書かれていました。『反射』と独自で独創的表現、読みました。関連して反射できなくなった、または少ししか反射できなくなった理由がいつか書かれる事を期待しています。

2007/12/23(日) 午前 4:16 Yhoshuah 返信する

顔アイコン

いつもご訪問とおほめの言葉を有り難うございます。所で、難しいご期待ですね! 有り難うございました。宿題として考えておきます。

2007/12/24(月) 午前 0:23 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

いえいえ、わたくしは宿題を出せるほどの者ではありませんので、もし良ければお時間に余裕のあるときがお有りになったなら、、で結構です。ただこの記事の流れなら反射できない理由、、つまり、、罪について書かれるのでは無いかと思ったまでです。

2007/12/25(火) 午前 1:59 Yhoshuah 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事