原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

666

666 獣の彫り込み印 黙示録13章18節 

今日は、黙示録で有名な666の数字に関してお話したいと思います。
これは冒頭の新約聖書の黙示録13章18節に出てくる有名な数字です。まず直訳を記しましょう。

直訳・ ここへ その 知恵が 彼が存在し続けている。 その 持っているは 理解を 計算しろ その 数を その獣の、 数は そして 人間の 彼が存在し続けている。そして その数は 彼の 600 60 6。  

数字 666 ですが前後関係からわかる事は「人間の数」だと言う事です。古代において数字は単なる数というよりも特定の意味を表す為に使われました。特にヘブル語では顕著で、3、7、10は完全数として神とその属性を表す為に用いられました。 そして 此の666と言う数字もその視点から見ると明確にです。聖書で「6」と言う数じは、神を表す完全数「7」に一つ足りない数ですから、不完全数で「神に似せ(偽)て作られた人間」を人間を表します。そして問題はその不完全数を3回重ねますので人間を完全数=神にすると言う意味です。 

  これは、現在に生きる私たちには何の意味か理解に苦しむのですが、この黙示録が記された当時の人々には自明のことでした。

  黙示録を記したのは老齢の使徒ヨハネですが、彼は当時小アジア半島のエペソと言う大都市に存在した巨大な教会の牧師をしていました。そして、彼はパトモスと言う流刑の島(黙示1章9節)に遠島にされていたのです。その理由は良く知られていますが当時の世界を支配していたローマ帝国の皇帝ドミティアヌス(在位81〜96年)が現人神とされ、皇帝礼拝の神殿がこのエペソに建立されたのです。その皇帝礼拝を拒否する事を教えた為、老齢の使徒ヨハネは迫害されて島流しにされていたのでした。

  この人間を神とするドミテイアヌス帝を奉った神殿に行かない様に、教会の信徒にお話ししたいのですが、そうすると更に迫害が厳しくなります。そこでその事を聖書をよく知っているキリスト者にだけその意味がわかる様に黙示して記したのが此の黙示録なのです。

この記事に


.


みんなの更新記事