原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

植民地用キリスト教

植民地用キリスト教 と本国用キリスト教 キリストと剣 
マタイ10章34節 

・無い あなた方が見なした それは 私が来た 投げた事 平和を 上に その地。無い 私が来た 投げた事 平和を 反対に 剣を。

翻訳・あなた方は私が地上に平和を投じる為に来たと見なすな。私が来たの剣を投じる為だ。 

  なにか、一般のキリスト教のイメージを破壊するラデイカルな翻訳に成りました。しかし、紛いも無い、聖書が記しているキリストの言葉です。

 私は、以前から不思議に思っている事が在るのです。それは「どうして日本に来た宣教師はいずれも無抵抗、平和主義を唱えているのに、彼らを送り出している本国の教会やその国家は戦争ばかりやっているのだろか?」と言う事なのです。

  世界のキリスト教の国を見てください。いずこも、戦争が得意です。一番代表的な国家はアメリカ合衆国と英国ではないでしょうか? 特にアメリカのブッシュ政権がご存じのネオコン(ネオコンサバテイブで新保守派=キリスト教右派)に支持基盤がある事は衆知の事実です。 実は、私の所属する教派は米国のネオコンその物でその代表的教派なのです。 

  ご存じの通りブッシュ大統領は有名なネオコンの典型的伝道者であるビリークラハムの説教を聞いて入信した熱心なキリスト者と言う事です。私の修士論文は「ビリーグラハムの伝道説教の宣教学的分析」でした。実は私が卒業した神学校(大学もある)はビリーグラハムと神学校(ホイートン大学)の同信の親友で同級生でもあるドナルド・イーホークが創立した学園だったのです。
  どういう経緯なのか知りませんが驚いた事があります。例の9・11テロの直後日本の警察の本署から私の牧師をしている今の教会が「アメリカの関連施設としてマーク」されていたのには正直驚きました。その電話で、「お宅は異常が無いか」という確認の連絡が入ったのです。
  この教会を開拓した、宣教師もホイーソン大学の、ビリーグラハムの後輩にあたる宣教師でした。

  ですから私は日本における数少ない正真正銘の筋金入りのネオコン教会の牧師なのです。その特徴はというと簡単です。キリスト教原理主義です。それは、口先ではない聖書を本当に原典で研究し、聖書から説教し、聖書に従う事を目的とする教会を目指しているのです。 

  その立場からキリスト教会を見る、どうもおかしいのです。本国ではネオコンは戦争遂行者です。しかし、あたかも日本の教会には植民地用のキリスト教であるかのように、戦争放棄、愛、平和主義が要請されているのです。いやそのように日本語の聖書は翻訳されているのです。ヨシュア記の11章14節など原文で見るとほんとうに凄まじい記録です。
  一例として以下に原文をそのまま日本語にした直訳を記します。「・ そして 全ての 略奪品の その城塞ら そのこれら そして その 家畜 彼らは強奪した に彼ら 息子らの イスラエル 薄い を 全ての その男 彼らは撃ち殺さした に口の 剣 迄 彼が根絶さした彼ら 無い 彼らが残さした 全ての息する」となっていますが、翻訳聖書ではかなり、ソフトに訳出されています。 

  私の様に聖書をヘブル語やギリシャ語の原文で読んでいると、どうしても翻訳を読んでいる人の様に平和主義者には成りません。聖書は何処を見ても戦争の記録ばかりだからです。旧約聖書は殆ど全て戦争の実録です。その証拠にイスラエルと言う国家がいかに戦争が上手であるかを見ると、自明の真理です。 
  新約聖書も大きな戦争と戦争の狭間に記されています。聖書に出てくる地名の殆どはアントニウスとオクタビアヌスの権力闘争の舞台です。そして、聖書が記されている70年代はユダヤのローマからの独立戦争の真っ只中でした。その様な事を踏まえて今日の聖書箇所をご覧ください。やはり「キリストは地上に剣を投げ込む為に来た」と記されているではありませんか。

  その様なわけで、私はどうも、欧米から派遣されてきた宣教師は日本やアジアの各地に植民地様のおとなしいキリスト教を布教したが、本国はいずれも本格的な戦闘的なキリスト教(聖書の教え)があって、二重構造になっていると思わされているのです。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

>私は、以前から不思議に思っている事が在るのです。それは「どうして日本に来た宣教師はいずれも無抵抗、平和主義を唱えているのに、彼らを送り出している本国の教会やその国家は戦争ばかりやっているのだろか?」と言う事なのです。

なるほど、「原典を読まねばわからぬ世界宗教・キリスト教の二重構造」ですか。
「植民地用キリスト教」は、言い得て妙ですね。
傑作!

2008/11/29(土) 午後 4:37 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

たつや様
嬉しいコメントをありがとうございました。「植民地用キリスト教」で注意しなければならないのは本国の社会構造です。
英国を例に上げますが、ハイチャーチとローチャーチに別れています。要するに為政者階級の教会と奴隷や貧民達の為の教会です。そして両者共植民地に宣教にいきますが、指導者階級の宣教師は指導者達に合うことも、布教することも出来ません。だから挫折して宣教が進みません。
一方、奴隷階級のキリスト教は同じ貧民達に共感を得て幾ばくかの信者を獲得し、植民地向けの本国の貧民層の教会の教え丈が宣教地に出来るのです。 これが、意図せざる物であるのか、あるいは巧妙に仕組まれた陰謀であるのかは難しい物が在るかと思います。しかし、意図したかしないかは重要な問題ではなく、その様な結果が植民地であった米大陸に起きて、更にその米国の植民地仕様のキリスト教が更に布教熱心になってアジヤに布教活動しているのが現在のキリスト教の宣教の実態です。
ポチ感謝!!

2008/11/29(土) 午後 5:17 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

キリスト教は、昔竹山道雄氏が『剣と十字架』で書いていたように聖書を産んだ気候風土から生まれた精神風土なるものが、天と地・神と悪魔という二元論です。『敵を愛せよ』も敵を想定し、それを愛せよという二元論的発想がありますね。旧約は、ある意味で戦いの本とも云えます。おっしゃる通りです。また、油食林間さんが冒頭に載せましたマタイ伝の箇所もそうですね。しかし、マタイ伝のこの言葉は、原始キリスト教の頃を理解する必要があるかと思います。福音書がそれぞれニュアンスが異なっているように、当時の原始キリスト教が幾つも分かれ、また当時のユダヤ教とユダヤ教の分派(キリスト教)との対立をイエスの言葉として置き換えていると思われます。原典を読まれている人が言わば平和主義者にはいないということですが、旧約聖書学者関根正雄や新約聖書学者前田五郎・蛭沼寿雄・田川建三・八木誠一・高橋三郎・政池仁・塚本虎二その他・・。私の知っている範囲には多数居られます。

2013/1/6(日) 午前 8:35 [ kabanotakara ] 返信する

顔アイコン

立派な大先生方を沢山ごぞんじですね。きっと良く勉強されているのですね。

立派な先生方はきっと戦争中にさぞや反戦活動をされて投獄されたり、公職追放されたり、殉教されたのでしょうね。

でもそんなお話一度も読んだ事も聞いた事もありませんね!!

どうしてそうなのでしょうね?

何も知らない純朴な牧師たちの一部や真面目な信徒が投獄

殉教されたのは随分と知っていますけれどね!! 爆!!

2013/1/6(日) 午後 10:11 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

ここに載せた政池仁は投獄、ここに載せませんでしたが同じ系列の東大の元総長だった矢内原忠雄は、東大をおわれました。関根正雄は、戦中はドイツに留学。他はしりませんか゜国の体制に非を唱えていたようです。戦中日本のキリスト教界が軍部に大半が右にならえしていましたね。ここに乗せた多くは無教会の人々です。内村鑑三はいったん参戦に賛意をしましたが、すぐそれを取消し、聖書の真意は非戦にあるとして生涯非戦をとなえました。

2013/1/6(日) 午後 11:47 [ kabanotakara ] 返信する

顔アイコン

投獄されて帰って来なかった人や帰ってきた人を何人か知っています。

私は責めるつもりはありませんが帰らずに死んだ牧師の子弟たちの教会に対する失意と帰ってきた人々に対する憤りと悲しみを直接お聞きして涙しました。

平和な時に平和を賛美し平和主義を吹聴する人は、

戦争の時にやはり戦争を賛美し戦争を肯定するものだと思っています。

平和と思われている今こそキリスト者は聖書に記されている終の時の戦争に付いて是非を語り、敵に殺される前に自分と家族の生命と財産と国家を守るために立ち上がる事が神様の御心だと思いますよ。

聖書が言っている様に過去に戦争が起きた様に、戦争はこれからも起きるのです。平和な時に戦争に備える事は確かな聖書の教えではないのでしょうかね?

2013/1/7(月) 午後 2:57 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

大陸の牧畜狩猟民族は、自然を破壊し、動植物を好き放題に殺して、富を蓄え、豪華で贅沢な生活におぼれていた。

島国日本の農耕漁労民族は、自然を守り、動植物に無駄な負担をかけず、華美を避け、慎ましやかで貧弱な生活をいそしんでいた。

キリスト教徒は、白人的価値観で日本を高度な植民地として支する為に、祖先神や職業神や自然神を崇める偶像崇拝の民族宗教を撲滅する活動を、日本各地で行っていた。

絶対神の一神教であるキリスト教は、教祖を持たず布教をしない、わかりやすい聖典や道理にかなった教義や理屈に合った教理もなく、妥協を許さない厳格な戒律や律法らも持たない、八百万の神々をシャマン的に崇める多神教・神道を日本から完全排除しようとした。

日本人は、3万年もの永きに渡って守り受け継いできた民族中心の自然宗教を否定するキリスト教を敵視した。

2013/7/20(土) 午後 1:27 [ ユダヤのアジア太平洋謀略 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事