原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

原典通読の勧め

原典通読の勧め 旧約聖書 ヨシュア記14章6節

★聖書を読んでいて思うことですが、原典が普通に読めるネイテイブのユダヤ人には聖書は面白いだろうと思うことが良くあります。私が今朝読んだ聖書箇所にもその様な所を見かけましたのでご紹介します。


ヘブル語原典直訳 
・ そして彼らが近寄った 息子らの イエフダー に イエホシュアッハ 中で その ギルガル そして 彼は言った に彼 カレブ(犬)息子の イエフネ(顔する?)  そのケニ あなたは あなたは知っている を その 言葉 所は 彼が徹底的に言葉した ヤハウエ にモシエ 男の その 神ら 上  故にら私 そして 上 故にらあなた 中で カデシ バルネア 


  これを固有名詞も訳して記してみます。 

・「転がした」で「主を褒め称えよう」の息子達が「主は救い」に近づきました。そして「顔」の跡取りの「鍛冶屋」人の「犬」は言いました。あなたは知っているでしょう、「有って在る」が「聖所バルネア=牧場or神名 」で「引き出し」に言った言葉を。

  固有名詞を元の音に戻します。

・「ギルガル」で「イエフダー」の息子達が「イエス」に近づきました。そして「イエフネ」の跡取りの「ケニ」人の「カレブ」は言いました。あなたは「知っているでしょう、「ヤハウエ」が「カデシ・バルネア 」で「モシエ」に言った言葉を。


  まあ、上記の箇所には少し意味に問題の在る所もありますが、聖書を原文で理解して読むとこんな風な意味なのです。すごく具体的で子供でも理解できような、まるで絵本を読んでいるような感覚なのです。その他の箇所も原文で読むともっと分かりやすいのですが、ここにそれをくどくどと記すのは無意味かと思います。

それだけではありません、原典を音読するともっと意味が伝わってくるのです。あまり音は正確ではありませんが大体の感じを知って頂く為に以下をご覧ください。 

 ・バイグシュー ベニー イエフダー エル イエホシュアッハ バギルガル バヨメル エロー カレブ ベン イエフネ ハッケニズ アター ヤダタ エト ハダバール アシエル デイベル ヤハウエ エル モシエ イーシ ハエロヒーム  アル ホドター ベアル オドテカ バカデシュ バルネアー 

 口に出して読んでみると誰でもわかることですが、大変見事に韻が踏まれていて本当に素晴らしい文章です。そんなわけで聖書は、今から3400年も昔の大変な古典です。これを正確に翻訳する事など絶望的な事であると認識頂ければ幸いです。

 今日は、原典で聖書を読むことの面白さの一面をご紹介しました。   

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事