原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

 日本人ねえ。賢いようで真正の馬鹿ですよねえ。だってねえ30年前まで世界の通信業界を
 
席巻しコンピューターもデジタル通信やデジタル情報通信に加えて電子立国として世界に
 
冠たるものが有りました。 しかし、あれからわずか30年にして転落し通信業界や電子産業に
 
IT関連の企業に照っていた太陽はすっかり地の底に沈み諸外国、とりわけ米国やイントを始め
 
台湾や韓国に中国などに追いつくことも出来ないですっかり水を開けられてしまいました。
 
 何が行けなかったのかは明白です。
 
    最大の問題は新技術に対する国家ぐるみの無理解です。最大の物はやはり
 
現代の通信やコンピューターや電子機器の心臓部であるCPUに対する無知蒙昧振りです。
 
   世界初のCPUを開発したのは日本の電卓メーカーのビジコン社で開発を委託しょうとした
 
当時の日本の巨大電子産業は全てその評価をせず、その結果米国のガレージベンチャー企業
 
に委託を余儀なくされ、しかも、その資金的支援は護送船団方式に存在基盤を持っていた日本の
 
金融機関は拒否し、あっさり倒産し開発者の島氏はその特許権を米国のガレージ産業のインテルと
 
零細企業に譲渡せざるを得なかったという国家繁栄を失う世紀の大失態を演じてしまいました。
 
  さらに酷い失策は数多連鎖し続けますが、その中で最悪の大失態はインターネットの開発
 
に対するNTTや全通信産業に加えて無能で知られたNHKを筆頭とする報道機関よる反インターネット
 
否定キャンペーンです。 NTTという無能集団は既得権益である中央集中処理システムによる
 
従量課金という金の成る木に固執し、分散型ネットワークであるTCP-IPプロトコルを批判し、
 
距離別従量課金の可能なOSIプロトコルに固執して、それに迎合した傘下のNECや富士通に
 
日立三菱などという抜作企業や霞が関の馬鹿官僚が結託し、その太鼓持ちの旧帝大の地位に
 
あぐらをかいている阿呆学者連中と放送業界や新聞業界がコラボしてインターネットの開発に
 
関わることを禁止し、また危険性ばかりを広報し1994年に揃って転覆して、最底辺に転落した
 
親亀のNTTが突然インターネットの軍門に下り一プロバイダーにすぎないOCNという恥知らずの
 
ネット乞食に再就職して全通信電子産業を関係官僚丸ごとインターネットの物貰いにしてしまった
 
という大失政をやらかしてしまいました。 その後の日本の通信産業や電子産業や金融界の
 
凋落振りは哀れの一言に尽きるという次第です。
 
  以下は破竹の勢いで日本の大失態を教訓に一躍通信の覇者お躍り出た新興産業の暗躍
 
を報じるネットニュースです。
 
 そうそう日本の電子産業の親亀さんの失態に関する実態はこちらをご覧くださいね。
 
遠藤正介 ( 遠藤周作の兄、元近畿電気通信局長) →
 
www.nikkei.com/.../DGXNASFK0102R_R00C14A700... - キャッシュ
日本電子産業の衰退に歯止めがかからない。自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった電子 産業は、2013年に貿易収支がとうとう赤字になった。同じ2013年の国内生産金額は、 約11兆円にまで縮小した。2000年に.
oshiete.goo.ne.jp/qa/9698524.html - キャッシュ
日本電子産業の衰退の原因はなんですか? 締切済. 気になる; 0; 件. 質問者: AisinGioro; 質問日時: 2017/04/02 01:57; 回答数:4件. かつては、自動車と並んで外貨の稼ぎ頭であった半導体事業は90年代以降は凋落し続け今では、中韓の傘下や下請け ...

ファーウェイ問題から考える通信の「歴史認識」

ビジネス2019年1月7日掲載
 中国の通信大手ファーウェイ(華為技術)の副会長、孟晩舟がアメリカの要請を受けたカナダ当局に逮捕されてから、ひと月が過ぎた。容疑は「イランとの違法金融取引」。すでに保釈されたとはいえ、孟晩舟はいまだカナダに留め置かれる身であり、これに応じてか、中国当局は中国本土でカナダ外交官や実業家の拘束を断続的に続けている。
 ことの帰趨については、捜査の行方を見守るしかないが、ビジネスシーンにおいてはそんな悠長なことは言ってはいられない。何しろ2020年には本格利用が始まる高速通信、すなわち「5G時代」を迎えるにあたっては、もはや待ったなしの状況である。
 現在、通信技術については、近年急速に成長している中国のファーウェイが5G時代の盟主となるともいわれている。気が付けば質、量ともに中国が世界を席巻していたのである。これに対し“王者”アメリカが「強権」を発動して、ファーウェイの抑え込みに動いたというのが一般的に解説される“事件”の構図である。直接の容疑ではないものの、ファーウェイを負の側面でクローズアップすることで、世界的なファーウェイ締め出しを図ったアメリカ。この背景には米国内の対立、すなわちトランプと習近平の急接近をこころよく思わないネオコングループの策動があったと指摘する情報もあるが、この議論に立ち入らずとも、通信を巡る米中の覇権争いが、いままさに展開していることは、誰もが感じるところであろう。

通信を支配するということ

 アメリカが恐れる中国の覇権。その中心にあるのが中国製の通信機器、設備利用の問題である。通信機器、設備を中国に委ねるということはどういうことなのだろうか。よく指摘されることでいえば、ファーウェイ(=中国)が通信設備に情報略取のための“仕掛け”を施す恐れである。少々乱暴な説明であるが、様々な情報やデータベースをファーウェイ製品経由で窃取されてしまうという危険性である。
 このことは、安全保障はもちろんのこと、ビジネスでも対立するアメリカにとっては、脅威以外の何ものでもない。さらにいえば2013年のスノーデン事件で明らかになったように、中国の機器を用いることはアメリカが仕掛けてきた諜報網に綻びが生じることでもある。アメリカは、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと協力し、「ファイブ・アイズ」と呼ばれる強力な通信傍受体制を築いてきた。伝送路などの通信技術にしても戦後70年、インテルサット衛星システムやインターネットなどで常に世界の通信を支配してきたアメリカにとって、中国の台頭はもはや放置しておけない事態なのである。
 また、情報の略取という視点を外したとしても、通信市場を席巻してきたアメリカにとって支配の喪失は経済損失とともに、屈辱以外の何ものでもないだろう。
 とはいえ、このような事態を米中以外の第三国、こと、われわれ日本はどう捉えればよいのだろうか。
 もちろん、安全保障上アメリカの同盟国である日本はアメリカに肩入れせざるを得ないのは致し方のないことだろう。また中国によるサイバー攻撃のうわさも絶えず、証拠こそないが通信機器に仕掛けが仕込まれている可能性は全く排除できるものではない。しかし、単にアメリカに従っていればいいのだろうか。
 通信は、19世紀に登場したときから安全保障上の問題をかかえていた。伝送路を支配できれば、その中を流れる内容を傍受可能となり、どこの国が伝送路を支配するかは各国の重大な関心事であった。19世紀後半から第1次世界大戦までは、英国が覇権を握っていた。そして第2次世界大戦後は、英国などとの協力のもと主要ケーブルを敷設し、インテルサット衛星を主導したアメリカが覇者となった。アメリカはファイブ・アイズを駆使し、東側諸国の情報を収集し、冷戦後は、同盟国を含めた経済情報を傍受していたと言われている。今世紀初頭、欧州議会が、アメリカ、イギリスなど5カ国によるエシェロンにより、産業スパイ活動を行っている可能性があると警告を発したことを覚えている人も多いだろう。
 したがって、いくら日米が安全保障上の同盟関係にあるとはいえ、それぞれは「主権国家」であり、すべて手の内を晒すものではないし、ましてやビジネスシーンにおいては同盟など存在しない。競合するアメリカ企業に情報を抜かれてしまうと、それこそ規模によっては国益にもかかわってくるのである。通信である以上、最終的には相手に伝わるのだから、どこかの段階でオープンになる。だからといって最初から漏れることを前提にしていては、用をなさないのである。
 今でこそ海底光ファイバーケーブルはグーグルやアマゾンなど、巨大IT企業が敷設するようになっているが、それ以前は、明らかに国家の戦略的な設備であった。日本のKDD(現在のKDDI)が事実上、国家の指揮下にあったように、アメリカならAT&T、イギリスならC&W(ケーブル・アンド・ワイヤレス)などの“フラッグキャリア”がルート選定にしのぎを削ってきたし、戦前に至っては国家そのものが、それこそ戦争という舞台を背景に「分捕り合い」を行っていたのである。

アメリカからケーブルを死守した幣原喜重郎

 例えば第1次世界大戦後の日本を見てみよう。しばしば歴史の教科書には第1次世界大戦の日本の“戦利品”として中国の山東半島と南洋群島が挙げられる。いずれもドイツが支配していたところであり、その委任統治権を日本が獲得したことになっている。しかし、単に土地を接収しただけではないというのが、通信における重要な視点である。というのも南洋群島の中のひとつヤップ島(現ミクロネシア連邦)には、大戦前までドイツによって上海と繋がる海底ケーブルが敷かれており、これを日本は大戦中に接収し、上海に接続していた部分を沖縄に付け替え、日本のものとしていたのである。実は同様のことはイギリスも行っており、これを武器弾薬と同様に“戦利品”として、その所有を主張したのが、パリ講和会議後の重要な外交案件であった。
 アメリカは、「アメリカにも権利がある」、「公海上のものなので公有物」などと、さまざまな理由をつけて日本にその所有を認めようとしなかった。イギリスにはそのようなことは口にしなかったのだから。いわば明確な“日本叩き”ではあった。が、当時駐米大使だった幣原喜重郎(後に首相)は、アメリカの国務次官を向こうに回し、徹底的に論破したのである。その一部を拙著『通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史』から抜き出してみよう。
〈一九二〇年一〇月八日、(国際電気通信会議の)予備会議開催前に米国のノーマン・デイヴィス国務次官が、ヤップ島問題に関し、幣原大使に会談を申し入れた。デイヴィスは、「戦前はヤップ―上海間で通信ができたのに、戦後になってできなくなっているは正義の念に反しないか」と訴えた。幣原は、「ヤップ―沖縄線を延長して上海に繋ぐつもりだ」と応じた。デイヴィスは、「打ち明けて言えば米国は外国のコントロール無しにグアムと上海の通信を行いたいのだ」と続けた。もちろんこれに対し幣原は次のように真向から反論した。「ドイツのコントロール下で使っていたのは問題なかったが、日本のコントロール下では不可とはいかがな意味か、それなら米国で直通線を新設すればいいのではないか」。すると形勢不利をみてとったか、デイヴィスは、「米国は(連合国の)勝利に大貢献したので、ドイツの海底ケーブルにも権利を持つ」と話題を変えた。幣原は、「米国の貢献は誰もが認めるが、パリ講和会議では何の要求もせず今になって新たに要求を提出するのか」と質問。するとデイヴィスは、「米国は輿論を無視できない」と返答した。幣原は、「日本は一旦権利を手にしたのだから、なおさら輿論を無視できない」と応じた。会談は平行線をたどった。〉
 幣原と国務次官のやり取りは、さらに日を改めて続けられたが、結局のところ、若干の妥協は許したものの、最終的に幣原が勝利を勝ち取っている。少なくともこの時点における通信は、まさに国同士が威信をかけて真正面からぶつかる重要案件であったのである。もちろん、この失敗に学んだアメリカが、第2次世界大戦後、通信戦略を根本から立て直してきたことは、その後の通信の在り方を知る上で重要なことだが、幣原とデイヴィスのその後のやり取り、さらには米国の新たな通信戦略についての詳細は拙著に譲ろう。
 ともあれ、アメリカ相手にも一歩も譲らなかった日本の通信戦略が、今はどうなっているか、という話である。もちろん、いたずらに主張、対立すればいいと言うものでもなければ、そもそものところ、通信の在り方も今とは別モノである。特にインターネットの時代においては伝送路を確保していれば十分ということではなくなっている。現在では通信設備を巡る問題は、以前より深刻化している面があるといえるだろう。
 

「通信の主権」を知っていた寺島宗則

 ここで再び歴史の話題に触れたいが、時代は幣原よりもさらに半世紀ほど遡って1870年、明治3年のことである。前島密が「郵便の父」と呼ばれるように、日本には「電信の父」という人物がいた。外務大輔を務めた寺島宗則である。
 日本に初めて電信が通ったのは、1870年1月に東京―横浜間だが、もちろんこれは国内線、しかも目と鼻の距離である。世界を見回せば、1858年の時点でイギリスとアメリカを繋ぐ大西洋ケーブルは開通しており(2カ月で途絶。本格利用は1866年〜)、電信はすでに世界を瞬時に繋ぐツールとしてその地位を確立していた。そのためにも日本もいち早く国際電信ケーブルを引きこむ必要があったのだが、当然のことながら日本にはその技術も資金もない。そこで日本にケーブル敷設の話を持ち込んできたのが当時、外交巧者として欧州内を立ち回っていたデンマークであった。デンマークの通信企業、グレートノーザン電信会社が日本に海底ケーブルの敷設を提案してきたのである。最終的には長崎―上海線、長崎―ウラジオストック線の2本を敷設することになったが、デンマークの当初の要求はこんなものではなかった。拙著から一部引用しよう。
〈一八七〇(明治三)年六月、デンマーク国王の専使との位置づけでグレートノーザン電信会社の理事、ジュリアス・シッキが来日し、寺島(宗則)外務大輔と交渉に入った。シッキは長崎、大阪、兵庫、横浜、函館の全ての開港地への(海底ケーブル)陸揚げ、および開港地間を結ぶケーブル建設に加え、沿岸の測量権を要求した。しかもグレートノーザン電信会社は、開港地間を結ぶケーブルを瀬戸内海に通したいとしていた。日本政府は、国際電信を自国のために必要と考えていた一方、過度に外国企業に利権を与え、将来に禍根を残すことを懸念していた。〉
 この交渉の結果としての長崎―上海、ウラジオストック線なのだが、まだ明治初頭において、この判断を下した寺島の外交センスには見るべきものがある。すなわち「今、何が欲しいか」ではなく、「この先どうなるか」である。寺島は国内線についてはあくまでも自国開発にこだわったし、将来の国際通信についても選択肢を十分に確保していた。しかし1882(明治15)年、寺島が駐米公使として日本不在の折、日本政府は長崎―朝鮮半島(釜山)間のケーブル敷設と引き換えに、グレートノーザン電信会社に「国際通信独占権」を認めてしまった。この「国際通信独占権」の付与は、この後、日本が列強の仲間入りをするに際し、さまざまな足かせとなってゆくのである。
 

通信の「歴史認識」と「現状認識」

 100年前と150年前の2人の外交官に、われわれは何を見なければならないのだろうか。アメリカ相手に一歩も譲らなかった幣原喜重郎、資金も技術もないにもかかわらず、独自開発を目指して「通信主権」を守った寺島宗則。いずれもが今のように通信が発達していなかった時代の出来事である。この後の太平洋戦争で、日本が通信面でも大敗北したことは、先の記事〈危機意識の欠落が生んだ日米情報戦の敗北――「情報と通信」で読み解く太平洋戦争〉に示した通りだが、こうした通信の「成功」と「失敗」の経験から、われわれが学ぶべきことが「取った/取られた」の単なる陣取り合戦でないことは明らかであろう。
 国家として守るべきはなにか――通信は、いまや戦前までのように、一部の外交官やビジネスマンだけのものではなく、あらゆる人々が通信を利用する時代である。アメリカと中国の覇権争いを、ただ傍観者として流れに身を任せていいとはいえない。
 通信摩擦といえば、10年前までは日米間のものであった。半導体も日本がリードしていた。1990年代、外国の通信会社が日本市場進出を図ったが、思うような成果をあげられず撤退したことも記憶に新しい。現在日本の通信の国内市場は、日本企業3社、NTT、KDDI、ソフトバンクの寡占状態にあり、国内だけを見れば日本の通信会社と外国の通信会社の勝負は日本の完勝に終わったようにみえる。だが、今日本で多く使われている携帯端末はアップルやグーグルであり、パソコンの基本ソフトはマイクロソフトとアップルである。さらに言えば、用いるアプリケーションはAmazonやFacebook、Twitter。インターネット全盛の時代にあっては、伝送路を支配していれば通信の秘密を守れるということはないのである。利用する端末やソフトウェア全てに気を配る必要がある。
 米中通信摩擦は、安全保障上の問題に加え、技術競争でもある。アメリカは安全保障上の問題を指摘して、中国企業の排除を目指しているが、実際中国発と思われるサイバー攻撃を受けていることもあり、それなりの説得力を持っていることは確かだ。ただ、残念なことに両国の技術競争間に日本企業は埋もれてしまっているようにみえる。果たして日本の技術力はこの局面を打開できるのだろうか? “ガラパゴス”と自嘲しているような事態ではない。それは安全保障の問題にもかかわっているのである。今回の件は、日本の通信産業が空洞化しつつあることを示していると捉えるべきだろう。そして「この先どうなるか」――その結果もまた歴史が示唆していることだ。
デイリー新潮編集部
 
 
画像
www.nikkei.com/.../DGXNASFK0102R_R00C14A700... - キャッシュ
日本電子産業の衰退に歯止めがかからない。自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった電子 産業は、2013年に貿易収支がとうとう赤字になった。同じ2013年の国内生産金額は、 約11兆円にまで縮小した。2000年に.
oshiete.goo.ne.jp/qa/9698524.html - キャッシュ
日本電子産業の衰退の原因はなんですか? 締切済. 気になる; 0; 件. 質問者: AisinGioro; 質問日時: 2017/04/02 01:57; 回答数:4件. かつては、自動車と並んで外貨の稼ぎ頭であった半導体事業は90年代以降は凋落し続け今では、中韓の傘下や下請け ...
ameblo.jp/cvcotu/entry-12234027535.html - キャッシュ
かつて日本電子産業は. 主要産業だった・・・. けれど・・・. 今は・・・. ものすごい衰退 です。 この理由を明確に示すブログ情報. がありました。 主旨は、. 日本に勝てない米国は、. 韓国、中国に技術移転をし、. それをリストラされた. 日本の技術 ...
japanese.china.org.cn > ホーム > 経済 - キャッシュ
祭成平. 「日本電子産業は一体どうしてしまったのか」、「日本の大手電子企業はどうして巨額の赤字を出したのか」、「日本電子産業はこのまま衰退してしまうのか、 それとも復活を果たすのか」……。近年、日本電子産業大手が巨額の ...
toyo.repo.nii.ac.jp/?action...action...
日本のエレクトロニクス産業の現状をみると 90 年代以降、かつての世界に冠たる ... るが、エレクトロニクス産業は全製造業製品出荷額の内 13%(約 45 兆円)を占め、 ..... 元サムソン電子常務の吉川良三氏によれば、「日本メーカーが衰退した要因の一つは、.
ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=ja&type=pdf...
か くして 今や米企業は 民生用電子機器市場で の 競争力を完全に 喪失. し,. 市場の 大半を外国企業,. 特に 日本企業に 委ね て い る の で あ る。 そ こ で ,. 本稿で は,. 米国家電産業が戦後い か な る発展を遂げ,. またそ の 過程. で なぜ 衰退 する に ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 政治、社会問題
電子立国日本と銘打っても日本のベンチャーは育たず、大企業は新しい分野であるCPUに手を出さず、ひたすら力を入れたのはメモリでした。でも、巨大資金を投入し ... 電子産業衰退しているかと言えばもうしています。原因はビジコン社の ...
www.takeda-foundation.jp/.../2017-03-11_seminar_report.pdf
資料:経済産業省機械統計,財務省貿易統計. 日本電子産業. 1985年と2000年に転機. ○ 1970〜1985:輸出主導の高度成長. ○ 1985〜2000:鎖国市場で,内需主導の成長. ○ 2000年以後:市場が開国し,10年半減の衰退. ○ 国内生産 ...
tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/COLUMN/.../337597/ - キャッシュ
電子立国は、なぜ凋落したか」と題した本連載を、今回でひとまず締めくくりたい。本連載はもともと、『電子情報通信と産業』と題する書籍[西村吉雄著、コロナ社、2014年] との関連で企画された。ただしこの本は、日本電子産業の衰退を ...
www.amazon.co.jp/電子立国は、なぜ凋落したか.../48... - キャッシュ
【第1章】大きな産業日本から消えようとしている 【第2章】分かっていたはずの「地デジ特需」終了 【第3章】100年ぶりの通信自由化がもたらしたもの 【第4章】鎖国のときは栄え、開国したら衰退 【第5章】「安すぎる」と非難され、やがて「高すぎて」売れなくなる ...
www.flierinc.com > ... > すべての要約 - キャッシュ
著者は電子産業の歴史を、1970年〜1985年の急速な発達の時期、1985年〜2000年までの内需の伸びに伴う堅調な発展の時期、2000年以降の衰退の時期の3段階に分けている。各段階での統計上の変化は、日本産業を象徴する電子産業の栄枯盛衰を ...

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事