原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。2018年5月29日より新投稿不能31日回復しました。

全体表示

[ リスト ]

はじめまして!

21歳の春に聖書を読み始め、面白くってとうとう35年間毎日読み続けてしまいました。いろいろな翻訳も読んでみましたが、やはり原典が一番です。ためしに翻訳との違いを一カ所ご紹介しましょう。

「真理がわれらを自由にする」

これは、国立国会図書館の目録ホール入り口に記されている言葉だそうです。出典は新約聖書ヨハネの福音書 8章32節で、そこにはキリストの言葉として記されています。この言葉は英訳もそのようになっているのですが、ギリシャ語の原文とは随分と様子が違うのです。(原文;Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ ヘー アレーテイア エレウテローセイ ヒュマース)
原文を正確に翻訳すると、「その真実があなた方を奴隷開放する。」となっているのです。読み進めれば分かる事なのですが「真実」とはキリストご自身を指しており、「あなた方」はその時にエルサレムの神殿にいた信仰熱心なユダヤ人たちです。献金箱のある場所(ヨハネ8章20節)で語られていますので、平行記事にあたるルカの福音書(21章1節)の前後を見ると、その時の聴衆の中には、ユダヤ最高議会(当時のイスラエル国会)の議員達もいたことがわかります。するとこの言葉は、30歳そこそこのキリストが、現職の国会議員らを前にして「あなた方は奴隷だから私が奴隷解放してあげる」と言った事になります。ユダヤの信仰深い人々や現職国会議員にしてみれば「大変な侮辱」にあたる発言なのです。当然の事としてこのすぐ後、キリストは彼らによって処刑(十字架刑)される結果となるのです。
 皮肉な事に、この言葉が2000年後の日本国憲法制定時の憲法担当国務大臣であった初代館長金森徳次郎の筆跡で、国立国会図書館の玄関に刻まれているのです。本当に、この聖書の言葉が意味する事が正しく理解されて、その上で国会図書館の玄関に掲示されているならば良いのですが、実際どうなのでしょう? もし、何らかの誤解や無理解があって記されているなら大変お恥ずかしい事になるのでは無いでしょうか?

参考URL http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/shinri.html

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

おもしろかったです

2006/9/26(火) 午後 5:49 [ 山崎 浩 ] 返信する

顔アイコン

確かに33節で言われたほうの人たちは”人の奴隷になったことは一度もない”と反論して、44節では”あなた方は自分の父、すなわち、悪魔から出てきたものであって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。”とイエス様はいってます。さらに55節で”あなたがたはその神を知っていないが、私は知っている。(中略)しかし、私はその方を知り御言葉を守っている。”。。本来この聖句はこの当時のユダヤ教のリーダーたちがユダヤ教の慣習にとらわれて、本来のユダヤ教の目的を忘れていることへの警鐘だったのではないかと思います。だからイエスご自身がユダヤ教の慣習に隷属している人たちを解放しようとすると言う意味だと思います。これ似た運動が16,7世紀の宗教改革運動、カソリックの慣習にまみれた教会から解放運動がはじまります。

2007/10/17(水) 午後 5:27 mas*eik 返信する

顔アイコン

リフオメーションはカトリックからの奴隷解放ですね!! ワクワクします。しかし、米国の奴隷解放宣言とその後の解放奴隷達の苦難の実際と同様に長年奴隷に親しんだキリスト教会が本当に奴隷から解放され自由人になれるのは何時の日でしょうね?

2007/10/17(水) 午後 10:29 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

ここから順番に読ませてもらおうと思っています。
勉強になります。

以前、国立国会図書館から蔵書を取り寄せてもらったことを思い出しました。「十字架のヨハネ」です。1週間で返さなければならずあまりじっくりとは読めませんでしたが。森有正の『バビロンの流れのほとりにて 流れのほとりにて』に引用されていたので、気になって取り寄せてもらいました。

聖書の言葉を、本当の意味もわからずに引用されているとすれば、驚くべき恥ですが、その可能性が大いにあると邪推したくなります。

2008/5/25(日) 午前 0:01 [ hiromi2008 ] 返信する

顔アイコン

何時もご覧下さりありがとうございます。古典の恒として正しく理解され正しく引用される事は「まれ」だと言うのが普通の事のように思います。
私自身果たして本当に正しく聖書を理解出来ているのかは「未知数」だと思っています。
只、「これはどうも違っている」と言う程度の事が見えるように.....漸くなってきたのです。
森有正さんの真新しいお墓も確か多磨墓地にあったのを思い出しました。明治時代に活躍した内村鑑三や植村正久と違い、森有正は幅広い教養と知識の香りがして素敵ですね!!

2008/5/25(日) 午前 5:13 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。<最初の記事にコメントを入れる委員会>大阪支部の低人と申します。^ω^

私は大阪は十三で育ちましたので、ややズレタ大阪弁しか使えんです。ついでにその他の言葉もまったくもってであります。

文章で問われるのは、その人の問題意識であって修辞ではない思います。修辞に秀でた文章を書くは、それはそれで大切なことかも知らんですけど、それ以上に大事なことが、当たり前ですけど中身や思います。
私は翻訳でしか他言語の本を読むことは出来んですけど、ここまでの読書経験で、翻訳家といわれる人には、その中身を原著者に任せたまんま、ひたすら修辞にのみというものがあることはわかります。

私が中途半端な大阪弁で記事を書くのは「愛」やとか「自由」やとか、自分の身体の及ばない言葉を使うのが嫌だからであります。


わけわからん話しになってもうてすんません。
そんなことで、お気に入り登録させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

はい。

2008/9/6(土) 午後 1:42 低人 返信する

顔アイコン

低人様 コメントとお気にいりの登録恐れ入ります。私は大阪の豊中で育ちましたのですこし変なオオサカベンでオマンネンヤ! こちらこそ、よろしくお願い致します。こちらからもお気にいり登録させていただきますね!!

2008/9/6(土) 午後 2:54 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。記事を修正投稿しましたらこちらのブログがリストアップされました。こちらの記事を読んで感じましたのは、使徒行伝2章11節です。どうぞ宜しくです。

2009/12/4(金) 午後 3:08 jimmy 返信する

顔アイコン

jos*u*2j*n200*様

奇遇ですね!! デボーションで原典を3箇所読んでいますが約の箇所が丁度使徒2章でした。

この部分を直訳すると「私たちが聞き続けている喋っているら自身らの そのわたしたに言語らにその壮大な神の。」

となります。と言うことはこの外国語で話す出来事が「話す側が他国の言語で話している」のか「ユダヤの言葉で話したが聞く側には自分達の言語に聞こえた=聞く側の奇跡」なのかはここからは判断出来ないと言うことか思います。

勿論どちらであっても神の奇蹟であると言う結果は同じですが!!

2009/12/4(金) 午後 8:28 [ 油食林間 ] 返信する

はじめまして!
あなた様の原発記事より此処に至りました。

タクシー野郎〜☆ですby島根県

Yahoo!ブログの凄さを改め感じています。


長年を聖書にむかわれました貴方の知性が只今の原発事故を如何様に捉えられ記事となされるかは日本の指針となるのではと思います。

お気に入り登録でございます。

2011/6/23(木) 午後 3:44 [ {^美м楽^} ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事