原典聖書研究

ギリシャ語に興味ある方は「ギリシャ語」の書庫、 聖書関連記事は「無題」の書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

聖書朗読

聖書朗読  ルカ1章4節 

毎朝の原典通読が今日からルカによる福音書になりました。出だしの箇所に大切な事が記されていましたのでご紹介します。

新約聖書ルカの福音書1章4節直訳 

・為に 特定の知識 関して ところの あなたが下に音にされた 言葉らの その倒れない。

  きっとこれではサッパリ意味が通じないので翻訳にします。

翻訳・私(パウロの従医ルカ)が(福音書を記したのは、キリストに関する)確立されているところをあなたが聞ける為です。

  大切な事は「下に音にされた」と訳出したギリシャ語の「カテエクセース」と言う言葉です。原形は「カテヘコー」で二つの語の合成動詞です。最初の「カタ」は「下する」と言う前置詞です。後ろの「ヘコー」は音がする」と言う動詞です。この言葉が意味していることは「音声に変換する。」といういみです。

  大切なことが含まれている事がわかりますか。そう、聖書に関する基本点が明記されているのです。

★ 聖書は音声にして耳から効く為に記されている。★ 

  と言う事なのです。何が大切かお判りでしょうか? 聖書は文章になっていますがその文書は自分で文章として読む為の物ではなく、誰かに朗読してもらって耳から音で聞く為に存在している。と言ういまから2千年い前の常識なのです。

  目で文字を読むのと、耳から音声で聞くのと何が違うのかお判りですか。そう、文章は一般に抽象概念を伝達し理解する為のものです。しかし、当時の人々は殆どの人が文字を解することがありませんでした。多くの人は耳から聞いた言葉を直接情景に変換して事実として認識するのです。

  聖書は旧約聖書も新約聖書も「文章として記るされた物ではなく、耳から音声で聞く普通の話しことばである」と言う事なのです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事