原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

全体表示

[ リスト ]

教会の分類

 教会にも分類法があるのか?と疑問をもたれる向きも多い事と思います。何しろ牧師に対しても「神父」さんとローマンカソリックの教職者の呼称で呼ばれる方が大半の日本の事です。当然のことでしょう。また昨日の「聖霊派」等という言葉をみて「身内で他教派批判をするキリスト教は日本の宗派と同じで見苦しい!」とお叱りを頂きそうです。今日は、キリスト教の教派についてお話したいと思います。

  まず教派とは何かを基本的にお話ししなければなりません。「仏教もキリスト教も宗教紛争に何の変わりがあるか!」と言われる向きには「基本的に違います」とお答えしなけれはなりません。
  日本の仏教は日本の国内で同じ宗派の財産や地位を巡っての争いが多いかと思います。仏教教派は開祖とそのお弟子間の権力闘争の結果ではないでしょうか。

この点キリスト教教派は仏教の内部紛争の結果生じた「宗派」とは次元もスケールも違います。キリスト教の教派(宗派)とは基本的に国家(民族=原語)単位です。因みに古い順にキリスト教の主要教派を記しましょう。

これはキリスト教の歴史による分類で同時に、地域=国家=民族=原語によるキリスト教会の分類になります。

★・教会の分類・★ 教派の分類には3種類の指標があります。

★・分類第一・歴史的民族国家による分類
●注意して下さい、いずれの教派教会も自分達がキリストと初代教会の正当な継承者と言っています。問題はそれが歴史的にどういう変遷を辿ったかという客観性とその認識です。

括弧内は現代の中心活動国家名(植民地は除く)、 右の数字は概略活動世紀です。
 1・ 初代ギリシャ教会・公認前地中海世界       1-4世紀 
 2・ ギリシャ正教会・東方教会(公認後、ギリシャ)  4-21世紀 
 3・ 西方教会16世紀に民族毎に独立=宗教改革    2-16世紀 
 4・ 古ローマ教会  497年滅亡              4-5世紀
 5・ コプト教会・カルケドン会議で分離・アフリカ     5-21世紀 
 6・ ロシア正教会980キエフ公の改宗 (ロシア)    10-21世紀
 7・ ルター派(ドイツ国教会)(ドイツ北欧)        16-21世紀 
 8・ カルバン(長老)派(スイス仏北部)         16-21世紀
 9・ バプテスト(会衆)派(オランダ)            16-21世紀
10・ ローマカソリック (イタリア、スペイン)       16-21世紀
11・ 聖公会(英国国教会)(英国南部)          16-21世紀
12・ メソジスト派1737ウエスレー改心(英国)      18-21世紀 
13・ 聖霊派、ペンテコステ、カリスマ派(米国)      20-21世紀  

おわかりでしょうか? キリスト教の主要教派は教会が分裂して出来たのではないのです。宣教が進むにつれて宣教先の民族国家毎に集団が形成されそれぞれが教派となったのです。そして、それぞれの国毎の公用語に聖書が翻訳されています。もちろん無理をして言葉の異なった国家が共通語を定めて一つであった時代が在りました。2世紀から16世紀まで続いたラテン語を公用語とする西方教会です。しかし、所詮ラテン語が母国語であるイタリアや同言語系列のスペイン、仏蘭西南部以外は負担が大きく結局ルッターの宗教改革によって経済的にも組織的にもそれぞれの民族毎に分離する結果と成りました。

  さて、その様な時代の流れの中のキリスト教に一大異変が起きます。それは米国のキリスト教なのです。
  お判りでしょう。米国=合衆国にはこれら全ての国家から移民が押し寄せたのです。特に自国の信仰的に堕落して為政者と結託した国教会からの自由を求めて米国に宗教移民した人々は、最初はそれぞれの国の言葉で礼拝をしていましたが移民2世から3世の時代(100年後)になると移民達の教会も英語が公用語になります。そしてこの英語を話す多様な背景を持つ合衆国の教会から送り出された宣教師が明治維新と第二次世界大戦後に大挙して日本にやって来たのです。彼らは米国の英語を話す教会からサポートを受け、同時に彼らの祖国の教会からもサポートを受け、更に複雑な事に祖国から直接日本に遣わされた少数の宣教師と宣教協力をして日本のキリスト教化を進めたのです。

 それゆえに現代の日本には120を越える様々なキリスト教会の教派が活動しています。北米からの宣教師の活動がどのような物であったかを推測するには現代ある多くの著名なミンション立の有名諸大学をみればおおよその見当がつくかと思います。それらの詳細をこのブログにアップしょうとしましたが全て「使用が禁止される文字列」に該当しましたので残念ながら削除しました。

  さて、その様なキリスト教の教派の存在を認識頂いてその上でこれらの教派の分類をしたいのです。

★・第二は教会政治による分類です。政治とは端的にいうと、教会における権力の所在です。教会の財政、教職員の人事、信徒や牧師の信仰生活に関しての決定権です。
●注意してください、いずれの教派教会も自分達は神様に全ての権限を帰していると言っている事です。問題は実際に誰がその権威を制定し具体的にどの様にしてその権威が継承されているかと言う事なのです。
古いものが監督政治、その対局が会衆政治、その折衷が長老政治と思ってください。
(括弧内は典型的な教派と思われるもの)

1・監督政治は・監督・教職者丈が権力を行使します。その理由は、教職者丈が教育があり聖書知識を持っているので配下の事に対して神聖冒されざる権限を持つのです。
(ローマンカソリック、英国国教会(聖公会)メソジスト、ホーリネス)
2・会衆政治は・信徒(総会)が権限を行使します。その理由は教職者が信徒の無知を良い事に私利私欲を肥やすし不道徳極まりないので任せられないと言うものです。
(バプテスト、メノナイト、)
3・長老政治は・教職者の代表と信徒の代表で構成した(長老会)が権力を行使します。
(改革派、長老教会)

★・第三は神学による分類です。上記は組織としての見える形での権力の所在ですが、こちらは見えない理性や心の中に存在する本質的な権力の所在です。 (括弧内は典型的な教派と思われるもの)
●注意してください。いずれの教派教会も神に霊感された聖書に最高の権威を置いていると主張しています。問題は言っている事と実際がどの程度整合しているかと言う客観性なのです。


1・聖書主義・聖書の原文を歴史的文法的に解釈しそこに唯一絶対の権威を起きます。
(福音長老、改革派、保守バプテスト、同盟基督教団、インマヌエル、ホーリネス)
2・自由主義・人間理性に絶対権限を起き、理性で理解できな物を信仰から排除します。
(聖公会、日本基督教団、バプテスト連盟)
3・神秘主義・人間の理性を停止し、聖書の記述からも遊離し超自然現象や恍惚状態を追求します。
(アッセンブリー、ペンテコステ、カリスマ派 )

以上の3つが非常に大まかなキリスト教会の分類方法です。もちろんこれらの一つ一つは子細に枝分かれし複雑に絡み合い単純に認識理解するのは不可能に近いほど複雑多岐に渡る枝葉が存在します。

  しかし、現実の諸教会はこれらの3つの基本的な分類項目(1・歴史国家、2・教会政治=権力構造 、3・神学傾向)によって大まかその特徴を理解することができます。

さて、その様な教会の分類法ですが、もう一つ大切な事を最後に記さなければ成りません。キリスト教会の教派教団で最も大切なのは言われている教会当事者達の自己認識とその客観性の整合です。簡単に言えば「教会の自己イメージの理想と現実」と言う事です。そこには必ず大きなギャップが存在します。そこでそのギャップの程度も見なければ教会を正しく分類したことには成りません。以下にその実際を記します。

●注意してください。書面や口頭では何とでも主張できます。

・そうなので。教会や教派教団の分類で最も難しいのはこの点なのです。

  教会の分類で、一番の問題は現実の実際が果たしてそれらの文書や口頭の主張と合致しているかなのです。それらの欺瞞を見抜くのは実は簡単です。「言う事、書いた事」をしっかり記憶し、「やっている事」と比較するのです。そうすればその教会や教派がどの様な存在であるかが判明します。たとえば、伝道する事を熱心に解き、熱心に伝道している教会があります。問題はそれが本当に人々を神様の救い導く為なのか、それともぼろぼろと脱落する入信者を補い莫大な教会の運営経費を捻出する為だけの偽善であるのか?しっかりと目を開いてやっている事を見てください。

  大抵の商品や団体の宣伝文句と同様に教会の能書きも理想と現実には大きな相違がある物なのです。

  その最たる例はローマンカソリック教会に見ることができます。何でも、「キリストから天国の鍵を与ったキリストの使徒の代表者ペテロが初代ローマ教皇でその後絶えることなく世界教会の首位にある」というのです。いちいち全てに反論するのも愚かしいのですが全て嘘です。
  「天国の鍵」の件ですがこの時のキリストがペテロを名指ししたと言う言葉はギリシャ語の原文では女性形なのです。明確な事は女性形のペトラは「岩」と言う意味でペテロ個人を指すのではなく、彼がイエスをキリストと告白したその「告白」その物を指します。そして、聖書のどこにもペテロが弟子の代表とは記していません。口先三寸でいい加減なお調子者として聖書はペテロの欠点を明白に記述し、そのペテロはローマ人の手によって犯罪人として処刑されています。その処刑者の末裔を名乗るローマ教会が自分達の先祖が処刑したペテロを崇めまつり、ローマ教会の首位性の根拠として担ぎ出すのはお粗末の限りです。
 それだけではありません、323年のミラノ勅令(寛容令)によって公認されたキリスト教会ですがその本部はコンスタンチノープル(現在のイスタンブール)に遷都してしまいす。西方ローマは東方ギリシャ教会の一地方に低落し、497年の西ローマ帝国の滅亡と共にガリヤやイスパニヤを除いたローマ市の教会は解散状態になり歴史からその存在が消えてしまいます。
   西ローマに教会が復興するのはコンスタンチノープルが陥落する1453年頃です。そしてこのころに、コンスタンチノープルを回教徒との戦争に援軍を出してやるから「ローマ教会の首位性を認める捏造文書の信憑性を認めろ」と脅迫する悪質な教団と堕落していました。そして、その要求を拒否したコンスタンチノープルに対して援軍を送るとした十字軍は、事も在ろうにコンスタンチノープルに攻め入り、貴重な聖書写本や、巻物、などの諸教会の宝物を略奪し、聖職者を皆殺しにし挙げ句に、美しく教養あるギリシャ貴婦人達を凌辱し、妾や奴隷や売春婦として売り飛ばしたのです。ローマ教会の戦利品となったギリシャの多種多様な文物が後に研究され文芸復興を未開国家イタリヤにもたらしたのです。
   歴史の事実を通して、言われている事と現実の整合性を見なければ本当の教会の真実は見えて来ない物なのです。 

  大変面倒かも知れませんが「記されている事、言われている事」を事実と照合すれば簡単に何が真実で何が嘘なのかは自明となります。

以上が大まかな教会の分類法です。

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

これはとても参考になりました おっしゃるとおりです 感謝します するとまた先ほどの疑問ですが なんでヨイドにいったでしょうか

2006/9/26(火) 午後 4:39 [ 山崎 浩 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして
岩は女性形だからペテロであるはずがない
議論の余地なしですね。納得です
天国の鍵のつなぐδεω と δουλοςは親戚のことばでしょうか? 削除

2009/9/9(水) 午後 9:56 [ keiko ] 返信する

顔アイコン

keiko様

コメントをありがとうございます。気がつかなくて大変失礼致しました!! m(_ _)m

「教会の分類」 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/942292.htmlのところですね!!

δεω と δουλοςですが

δεωは 縛る、表明する、食べると言う同音で全く異なる3つの意味を持つ面白い単語です。

δουλοςとは全く関係ありませんが「縛られたもの」としての奴隷と関係が無いとは言いにくいかも分かりません!!

2009/9/9(水) 午後 10:34 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

ゞ縮D邸垢竜震
δεωの持つ3つの意味はどこに書かれているのでしょうか?私は大隈直の辞典を使っています。
△舛腓辰班櫃さ震
δεωとλυωをJ−バイブルを使って調べてみました。
あのーーもしかして、マタイ16:19ですが
教会につながっていたら天国
教会のメンバーシップが解かれたら地獄
と思っていますが、
調べるうちに、こんなことが思わされました。

それは全くの思い違いではないか
クリスチャンと言いながら、自らをまた他の人を律法で縛りあげている人は、
自分もその人も結局縛り上げられるものとなっていて、
よみがえっても手と足が縛られたままで、
ほどかれてイエスのところに連れて来られた子ろばのように、
神に用いられることがない。 削除

2009/9/10(木) 午前 10:03 [ keiko ] 返信する

顔アイコン

クリスチャンが、イエスがなさったように、
地上でサタンのしわざを打ち壊し、
隔ての壁を打ち壊す働き、
律法を無効にし、
罪人を解放する働きをしたなら、
永遠に至るまで勝利

ああーーー考えすぎでしょうか????
めちゃくちゃこじつけでしょうね きっと
どうしてこんなことを考えているのか・・・ちょっと怖いです 削除

2009/9/10(木) 午前 10:04 [ keiko ] 返信する

顔アイコン

δεωの意味は日本語の辞書ではわからないかと思います。
Liddel&Scotと言う巨大な古語辞典(レキシコン)に乗ってます。 70人訳では εδωが時々δεωとなって食するとなります。

でも、変化形は全く同形の変化になっています。

ですから3語のどれかの判別は結局文脈からと言う事になります。縛る=欲する=食べる=祈りなどと言う意味に自分で考えながら自己責任で訳文作る以外に聖書を理解する術は無いと思います。

正解はたぶんこの語にはこの3つの言葉の意味を含蓄する「ギリシャ語以外には訳出出来ない単語」と言うのが真実かと思います。

食料=要求する権利在るもの=当然の権利=相手を拘束する

と言う概念でこの語を一語と認識する事が健全だと私は思っています。

同様の単語はヘブル語のレヘム=パン=戦争 と言う言葉が有ります。

続く!!

2009/9/10(木) 午前 10:22 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

さするとベツレヘム=パンの町=戦争の城砦で同語であり、訳出者の意図によって両者(ベツ=町=要塞、レヘム=パン=戦争)は使い分けられている様です。

原典で読むと聖書には翻訳では思いもしない意外な意味が見えてきますよ!!

だから、教会のメンバーシップ云々は後代の教職者が自己の職業上の利益誘導に使っただけで、ここから教会外に救いが在るとか無いとか言う議論を創造するのは邪道だと私は思っています。

2009/9/10(木) 午前 10:26 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

私はプログについて、まったく初心者
今週読んだり、コメントを入れたりを始めたぱかり。
原典を調べるのは、コツコツ4年の初心者。
ヘブル語はサッパリ、旧約聖書の読み方は日本語でさえもよく分からない入門以前の者です。
なんだかすごい世界がプログの中にはあるようで、恐れを感じます
あのーーあつかましいお願いですが、
マタイ16章17節の直訳と解説をお願いしても良いのでしょうか?
シモン・ペテロ、バルヨナ・シモン、ペテロ、呼び名が違うのが不思議です。
一日に一節の解説をいただけるのでしたら、17、18 19 20 とシリーズでお伺いしたいものです。 削除

2009/9/10(木) 午前 11:05 [ keiko ] 返信する

顔アイコン

δεω つなぐ マタイ18:18の脚注に「あるいは「禁じる」」とありました。食料=要求する権利在るもの=当然の権利=相手を拘束する=禁じると発展するのでしょうか
λυω の脚注に、あるいは「赦す」と書かれています。辞書には、ユダヤのラビ的表現で反対語だとあります。
直前の17節の表現も合わせて、なんだか、
えらっそうな感じの響きがするのですが、
言語で読むと、どうなのでしょうか?
油食林間様の解説を楽しみに待っています。
「油食林間」お名前はどう読むのですか? 削除

2009/9/11(金) 午後 8:03 [ keiko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事