原典聖書研究

ギリシャ語はギリシャ語の書庫や聖書関連記事は「無題」の書庫です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

不可視神

不可視神 出エジプト記33章20節

 今日は出エジフト記の33章を読みました。早速気になる箇所をご紹介しましょう。

出エジプト記33章20節 ヘブル語原典直訳 

20 ・ そして 彼は言った 無い あなたが出来る に 見る事 を 顔(面)ら私 そして 無い 彼が見た私 その男 彼が存在する

出エジプト記33章20節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

20 ・ そして 彼は言った 無い あなたが確かに内在力する 見る事 私の その 顔を。無い そして決して あなたが確かに見る(or彼が見た(為)) 人間が その 顔を 私の そして 彼が確かに自分のために生きる。 

出エジプト記33章20節 ヘブル語原典翻訳

20・そして、神は言われた。あなたには私の顔を見る能力は無い。そして、そんなことが出来る人はいない。

 今日の箇所は実に簡単な箇所です。「人間の目では神様は見えない。」と言うのです。良く「神様を見せろ、そうすれば神様を信じてやる。」と言う人にお目にかかりますが、その人に対する解答は「あなたの目に見える様な神様はいないし、いたらそれは本当の神ではない。」と言う事なのです。

  人間の目で見えない物は、大抵顕微鏡や望遠鏡を使えば見えるのですが、残念なことにその様な装置を駆使しても人間の力では「神様は視界に入りきらない。」ほど大きい過ぎると言うことなのです。 

 まあ、人間の目に地球が見えないのと同じように宇宙をも作られた神様がそんな安物の目で見えるわけが無い。と言うことなのです。

 今日もたいへん簡単で明瞭な聖書の主張でした。

開く コメント(0)

隣人を殺せ

隣人を殺せ 出エジプト記 32章27節 

 今日は普通の理解では理解不可能な聖書の箇所です。早速直訳です。  

出エジプト記 32章27節 ヘブル語原典直訳 

32・ そして彼は言った に彼ら こう 彼が言った ヤハウエ 神の イスラエル あなた方はおけ 男は 刀彼 上にの 腿彼 あなた方は通り過ごせ そして あなた方は戻れ から 門 に門 中で その宿営 そして あなた方は殺害しろ 男 を 兄弟ら彼 そして男 を  共にいる彼 そして男 を 近い彼

出エジプト記 32章27節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

・ そして 彼は言い続けている 彼らに 次の事 彼は言い続けている 主は その 神 イスラエル あなたは置け 各々 その 自分自身に 幅広長剣 上に その 腿 そして あなたは通し来い そして あなたは上に曲げろ から 入り口 上に 入り口 通して その 宿営 そして あなた方は殺せ 各々 その 兄弟を 彼の そして 各々 その近いを 彼の そして 各々 その 隣人を 彼の。

出エジプト記 32章27節 ヘブル語原典翻訳

 32・そして、モーセは同族のレビ部族に言った。イスラエルの神ヤハウエはこう言われる。あなた方は剣を帯びし、民の宿営の家々の門から門へと通り行き同族も、男も仲間も、隣人も、殺せ。

  いやはや神様の言葉を破ったイスラエルの人々に対してモーセは大変な剣幕です。モーセに従ったレビ部族の剣によって実際にこの日だけで「3千人を殺した」と聖書は記しています。

  まあ、こんなことが記された聖書の箇所は、普通の教会関係の書物や、牧師や神父様のお説教ではまともに取り扱わない典型的な聖書の箇所だと思います。

  しかし、聖書の中では良く見られる展開をしている箇所なのです。第一、モーセ自身もこの記事を記す40数年前には剣で無実のエジプト人を切り殺しているからです。(出エジプト記2章12節)

  そして、神様が神様の言葉従わない人々には明白にその人に対する断罪と報復をすると幾度も語られているのです。

  この事を通して私たちが知るべきことは唯一なのです。それは「人が人を殺しても殺さなくとも人は死んでいく」と言う事であり、それを人間が自分の意志で他人を殺害しても大勢に影響がないと言うことなのです。そして、その原因は続く30節に記されています。人間は全て罪人で、その罪を贖う=誰かが代価を払って買い戻さなければ神の前に誰一人立ち得ないと言うことなのです。

  今日は、随分と高飛車なお話でしたが、聖書が言っている基本的な事がはっきりする聖書箇所のご紹介でした。 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事