〜せん里の道も一歩から〜

いつも、ご訪問&コメントありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

チーム・バチスタシリーズの、ちょっと昔の話。


ブラックペアン1988



  一九八八年、世はバブル景気の頂点。

  「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、
  帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。

  スナイプを使ったオペは、目覚ましい戦績をあげた。

  佐伯教授は、高階が切った啖呵の是非を問うために、
  無謀にも若手の外科医のみでのオペを命じる。

  波乱含みの空気のなか、ついに執刀?



チーム・バチスタの高階病院長が、まだ講師だったころのお話。


おなじみの、田口、藤原、花房、猫田、速水、島津なんかも出てきて、予想以上にたのしめました。


デートで観る映画が『トトロ』なんですよ・・・時代を感じるわ。




閉じる コメント(4)

初めまして☆

院長と田口先生以外にもバチスタの登場人物がこの小説に出ていたんですね!
私もこの小説は予想以上に楽しめました^ω^

2010/1/21(木) 午前 7:48 [ koyuru ]

へぇ〜^^
面白そうだね(^−^)
バブル期は僕はあまり知らないけど。。
何せチーム・バチスタも名前しか知らないんよ( ..)φメモメモ

2010/1/21(木) 午前 8:24 すーさん

☆koyuruさん☆
コメントありがとうございます。
『ナイチンゲールの沈黙』とか、『ジェネラル・ルージュの凱旋』に
出てくる人たちも、さりげなく(?)登場してるんです。

2010/1/21(木) 午前 8:29 せん。

☆sugawaraさん☆
機会があったら読んでみてください♪

2010/1/21(木) 午前 8:31 せん。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事