HONDA XR250 Powered By TWR

Thousand Wave Racing のノーマルを基本としたXR250(MD30・ME08)のチープなチューンをしています!

全体表示

[ リスト ]

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、点火系統のカスタムについて自分なりのテストにより現在の点火系カスタムがベストに至った経緯をお話します。

XRを購入した当初(キャブ及び排気系は純正、エアクリとエア取口はレーサー)は、馴らしまではノーマルプラグを使用して点火具合を点検していました。

やはり、馴らしということもあり若干くすぶり気味で電極部分はきつね色、碍子周辺は黒く煤が付いている状態です。

CRM250Rに乗っていたときの経験で、まずプラグコードをハイテンションタイプに交換しプラグの焼け具合を確認してみたところ、燻っている部分に若干の改善が認められました。

次に、プラグ自体の交換をするために選んだものは、「スプリットファイヤ(放電受けがV字になっているタイプ)」と当時ガルルの実験レポートに載っていた「マルチスパークプラグ(放電の受けが無くて、碍子の周辺に火花が全域に飛ぶというタイプ)」を用意し早速テスト。

スプリットファイヤは、体感的にも殆どノーマルと変わりなくてむしろ中速区域ではもたつく感じがあり、2STには相性は良かったが4STには良くないことが判明。一方、マルチスパークプラグというと、発進から中速区域までトルクが体感的によく解り、排気音も若干ですがずぶとくなり、まるで排気系統を抜けの良いものにした感覚を得ることができました。当時のガルルには「ベンチテストで、このプラグで出力が2PSアップした」と書いてあったが、まさしくそのとおりであった。
ただ、1本4,500円 の価格だったので結構勇気のいる買い物ではありましたが…

のちに、エキパイはXR−Rレーサー、マフラーはホワイトブロスEシリーズのメガホンタイプを装着して、キャブはノーマルのジェッティング変更をおこない、かなり吹け上がりと抜けの相性が合ったベストな状態となりました。

やがて、プラグコードを「ノロジー」に変えたものの、アフターファイヤーがひどくてすぐに戻してエアクリを「K&N」に交換。これがまたいい具合で空気を取り込んでくれまして、トルク感がアップ。

そのうち、もっと効率の良い点火方法はないかと色々調べた結果、たどり着いたのが「ダイレクトイグニション」でした。点火コイルがプラグに近いほど効率よく電流が流れるので、これだとプラグキャップ自体にコイルがあるので、まさに「ダイレクト」。

自動車では当たり前の装置ですが、バイクではモトレーサーに装備されてるのを知り、部品を調達して改造取り付けしたところプラグと相まってさらに加速よくスロットルの開度にリニアに反応してくれるようになりました。

走行距離が3万キロを過ぎたので、腰上のOHをすることに決定。色々なホームページやブログで見た燃焼室とピストンヘッドにびっしりこびり付いたカーボンを見ていた都合、自分のXRのそうだろうなぁと思いつつヘッドとシリンダーを開けた瞬間

ビックリというか驚いた。

イメージ 1


イメージ 2

最初、ガスが薄すぎたのかと思ったがよくよく考えてみると、ジェッティングはおのずと濃い目にしていたのでそんなはずもなく、自分で試行錯誤した成果なのだろうがこんなに綺麗に燃焼していたとは夢にも思わなかった。


イメージ 3

おかげで、燃焼室やピストンヘッドのカーボン落としは真鍮ブラシで擦りパーツクリーナーだけで済んでしまった。

今はキャブもXR−RレーサーのPDキャブに換えて様子を見ている状態ですが、すこぶる調子もよく毎日楽しく乗っています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事