HONDA XR250 Powered By TWR

Thousand Wave Racing のノーマルを基本としたXR250(MD30・ME08)のチープなチューンをしています!

フロントスプロケットカバーセット

[ リスト | 詳細 ]

XR250/モタード/BAJA (MD30専用)XR250Rレーサーフロントスプロケットカバーセットの紹介

記事検索
検索

全1ページ

[1]

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます!


『XRカスタム』 にて只今チープチューンを連載しておりますが、この時に判明したことをご報告いたしますので、該当するパーツを装着されていらっしゃるXRオーナー様は特にご注意を!


と申しますのも、左クランクケースを外す際に当然フロントスプロケットカバーが邪魔になるので外しますが、こういう機会がないと一度装着すれば大抵はそうめったに取り外すこともないパーツであり、外的影響を非常に受けやすく常に過酷な状況にあるパーツ群です。


しかし、あなどってはいけません!


このXRに装着されてしていたのは某有名アフターパーツなのですが、アッパー・ロアーとも2ピース構造(カバー本体の下にそれぞれカラーを通してフランジボルトで締め付ける)でありまして、通常であれば簡単にボルトを外すことができすはずなのに、何故かとてもキツイのです。


試しに、アッパーのフランジボルトを緩めようとすると、「ガキガキ」と手ごたえがして様子が『変』


軽くプラハンで打撃を与えてからようやく回りました。


外したボルトのねじ部を見ると、半固着状態で金属面が白く変色しているのです。


アッパーボルトを完全に外したと思ったら、何とロアーボルトの先端から最初の雄ねじ部が『ポロッ』と取れてカバーが脱落してしましました。
イメージ 1




つまり、ロアーボルトは完全に固着していて金属疲労ですでに切断していたのです。




イメージ 2

これが、そのフロントスプロケットカバーのパーツASSYです。
カラーの部分と各フランジボルトを見ていただければお解りと思いますが、カラー内部は完全に水分による白錆が発生しており、それに伴いフランジボルトにも影響を及ぼしています。


この手の構造物は、カバー形状が微振動に絶え難い構造で実際エンジンを始動するとカバーの先端から共鳴音が発生するほど不安定。


また、しっかりと接続しているようでもフランジボルトの外径に対してカラーに遊びがあるので隙間が発生し、知らない間に水分が浸透しこのような状況を起してしまいます。



結局、ロアーボルトの折れ残りはクランクケースの雌ねじに完全固着していたのでドリルで抜き飛ばしてからリコイル処理をして再生しました。
イメージ 3

イメージ 4





生き残ったアッパーの雌ねじはタップでねじ山を起し直して無事取り付けが完了した次第です。
イメージ 5



この手のカバーはデザインを重視しているだけで機能性や耐久性は、私から言わせると『全く無視』したものです。


いくら有名アフターパーツで高価でも、機能性や耐久性を十分考慮した製作品を作っていただかないと『ブランド』に傷がつきますし、信頼性の問題です。



構造物というのは複雑な形状を持たさずにダイレクトに、かつ確実に取付ができるものが一番です。



XRオーナー様方も、時々は確認してみてはいかがでしょうか?


https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/06/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/05/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/04/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/11/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/10/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/09/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/08/silver/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/07/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/06/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/05/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/04/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/03/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/02/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/01/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/12/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/11/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/10/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/09/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/08/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/07/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/06/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/05/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/04/02.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/03/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/02/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/01/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/12/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/ppe6i/01.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/b2bxm/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/b2bxm/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/5id3k/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/dp39w/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/g96hk/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/h4dne/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/phpgd/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/i9a9i/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/8zw4z/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/eg3b6/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/egha9/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/9fsiu/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/y5677/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/x5m8c/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/zidwk/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/c3d6d/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/jfa6c/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/5nihd/03.jpg
https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/scd9k/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/august_banner_250x70.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/september_banner_250x70.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/october_banner_250x70.jpg






この記事に

開く コメント(0)

いつもアクセスしていただきまして、誠にありがとうございます。

只今ヤフオクにて出品中のオリジナルパーツ『オイルライン強化ボルトセット』につきましては、本当に沢山のXRユーザーの皆様にご興味や実用品としてのご理解をいただきまして、誠にありがとうございます!


イメージ 5

さて、今回はすでに定番出品でお世話になっています【XR250/BAJA用XR250Rレーサーフロントスプロケットカバー】を紹介いたします。

イメージ 6
ブログ立ち上げ後に一応簡単に紹介しておりますが、今回は製作部材の画像をご覧くださいませ。

まず、本体となるXR250Rの純正カバーを受納後一つ一つ検品していきます。
同じ金型でプレス成形しているはずなのですが、意外といい加減なモノ(プレスの甘いものや塗装のムラなどなど…)もあったりで修正作業が必要だったりと、ちょっと困ってしまうこともございます。

イメージ 3

で、このカバーの最大の特徴でありますアンダーアームの部材がこれです。(粗成形後です)
クランクケースに直で取付けするパーツであり、またドライブスプロケットから身体を防御するための耐久性と耐震動性、そして末永く使用してもらうため耐防錆性を考慮しまして、3mm厚のアルミ材(A1系)を必ず使用しています。


イメージ 4

この部材は、鍛造アルミ合金で粘りがあり、引き裂き強度も十分ありまして、航空機や各種ボルト、また工学機器などに多く使用されているものです。身近なバイクパーツだと、レーサーやアフターパーツなどクラッチ・ブレーキの各レバー類(折れないで曲がるタイプ)なんぞがいわゆる鍛造パーツですね。


この部材で、今までにアンダーガードの製作や各種の構造用材として多数使用してきました。


これと、カバー本体をケレン処理いたしまして脱脂処理後、代替溶接法にて溶接いたします。
この代替溶接は、「企業秘密」ということでご了承下さい。あ、ただし巷によく出回っている「デブコン」ではございませんので。というより、デブコンなんか足元にも及ばない強度と耐ヒートサイクル性(冷熱の繰り返しによる剥離)ですので、よっぽどのことがない限りは、まず一生モノです。

溶接作業が終了しましたら、一旦養生して落ち着くのを待ってから脱脂処理後、複数回に分けて塗装処理して完全乾燥したら作業終了となります。

いきなりですが、純正品(リビルト前)と完成品(リビルト後)の比較画像でございます。

イメージ 1

表側の比較画像です。


イメージ 2

裏側の比較画像です。


こう見ると、意外と簡単そうに作れそうなのですが、実はアームの延長だけでは装着はできません。
パッと見は解りませんが、これも一応「企業秘密(解る方は、結構なマニアックだと思います)」ということで…

自分なりの経験ではありますが、構造や部材をよく吟味してプロトを作製、また十分なテストをしてから出品しておりますのでどうぞご安心下さい。(でないと安易に出品はできないと思います…)


ヤフオクで、随時出品しておりますのでご興味がありましたら、是非ご覧下さいませ。


オイルライン強化ボルトの紹介ページはこちらからhttp://blogs.yahoo.co.jp/senbaxr250/31683075.html









この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

・XR250 BAJA MD30 用XR250Rフロントスプロケカバーセット!

※ 愛車MD30をXR250R(ME08)化するため、純正部品を取り寄せてたもののクランクケースが全くの別物と気付き、一旦は断念したのですがやっぱりレーサーのスプロケガードを着けたいっ!と思い色々物色ていたところ、ある業務用金属加工部材と出会い、異種金属の接合や面倒なアークやアルゴン溶接が不要で しかも強度は代替溶接並みで、冷温高温の耐久性が抜群(−20〜280)などなど、『デブコン』なんて足元にも及ばない高性能!

  これで製作が実現でき、装着と耐久性の確認をして出品する運びとなりました。ベースが純正部品なのと延長アームは耐振動性や強度を踏まえ、3mm厚アルミ部材を採用しました。
  取り付けも確実でカスタムパーツメーカーの商品によくある製品のバラつきは全くございません。

  おかげさまで、XRユーザーから毎回沢山のアクセス、ウォッチと落札をしていただきに好評をいただいております。


*オークションリンク  http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r62502631
            http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/132753209

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事