お菓子に出逢いの剣士郎のブログ

立冬を過ぎました 寒いのは苦手です 早く春が・・・・きて♪(^ ^)♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

マカロンというと、30年前菓子の修行時代に師匠の弓田亨シェフが
「やっと出来た!」そう云って食べさしてくれたお菓子がマカロン・・・

弓田さんは自分が満足いくまで何度でも作り直す、粘りの人、デリケートで
それでいて粘り強く顔はお世辞にも繊細さは微塵も無いくらいな感じがしますが
有り余るほど持ち合わせている稀有の人です。

私にとってお菓子とは、何であるのかを考えさしてくれた、とても大切な人です。
この人に出逢わなかったら、自分の菓子はどの様な方向に行っていたのか
想像も出来ません・・・特に20代30代は常に弓田さんの教えが念頭にありました
事細かな物ではなく・・まるで禅問答みたいな教えですが・・考えての仕事でしたね・・


アマンドの柔らかく温かい食感をマカロンという菓子を使って表現する事の難しさ・・・
表面のガリッとした食感に中の柔らかいアマンドの味わい・・
材料が単純なだけ余計に難しさを感じます。
形は似たものは幾らでも出来るんだが・・・中身が良い感じになるのはちょと難しい

先日 お菓子教室での1コマです。
 オーブンの調子が良かったのか?上手に出来ました(^O^)//*

マカロン14個分
タンプルタン(TPT)   130g
粉糖(よく乾燥させる)    30g

グラニュー糖         18g
乾燥卵白            3g
卵   白          45g
色素              〜

表面を乾燥さしてから210度のオーブンで140秒
次に150度のオーブンに入れ替えて約8分で焼きます。

下の写真は一緒に作ったダックワーズです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事