伊達アカ実行委員会 ブログ

仙台で行われる「アカペラの祭典」伊達アカのブログ
伊達アカブログを楽しみにして頂いている皆様!
実行委員長の後藤でございます。
伊達アカの歴史を振り返る第2弾は、2012年から2014年を振り返って参ります。


☆2012年、第4回伊達アカ開催。
仙台市中心部商店街活性化戦略研究会様との共催により全4ステージでの伊達アカ開催となりました。
出演バンド数も前年度のおよそ2倍となる109バンドとなり、ゲストバンドもJARNZΩ、SMELLMAN、SOLZICKと3バンドをお迎えして、規模を大幅に拡大することになりました。

また、アカペラを始めたばかりの一年生にも歌う機会を作ってはどうか、という声の下に第1回目となるビギナーズバトルが8バンドで開催されました。
最高得点が2バンドという中、激戦を制し、初代王者に輝いたのはTRYAS(仙台大学)皆さんでした。

SNS最優秀賞、Best of DATEAKAの表彰もこの年から行うようになりました。
初代SNS最優秀賞はMELODIER☆(福島大学)、初代BODはひだまり職人(福島大学)の皆さんでした。

現在の伊達アカでお馴染みとなった企画もこの年に生まれたものが多数あるという一年となりましたね。


☆2013年、第5回伊達アカ開催。
5周年を迎えたこの年も昨年より引き続き、仙台市中心部商店街活性化戦略研究会様との共催により、全4ステージ123バンドでの開催となりました。
年々出演バンド数も増えていっておりますが、何よりも東北以外からのエントリー数も増え始めたのが、この頃からでした。

ゲストバンドは4年目となるJARNZΩの皆さんをお迎えし、5周年企画としてバンドクリニックも開催しました。

2回目の開催となるビギナーズバトルはフレッシュな16バンドでの開催。Goonies(駒澤大学)がその栄冠を手にしました。

また、SNS最優秀賞は昨年度に引き続きMELODIER☆(福島大学)、BODはなめっこなめっこ(中央大学)の皆さんでした。

CLIMAXステージでは、2011年よりブラッシュアップされた伊達アカメドレーを演奏。
福島大学の皆さんの全面協力の下、24分にもなるメドレーを感動と共に歌い終えることが出来ました。


☆2014年、第6回伊達アカ開催。
再び場所を四丁目商店街に戻し、商店街内に4ステージを作る現在の形になったのが、この伊達アカ2014の年でした。
JARNZΩ、Permanent Fishの2バンドをゲストに迎え、全157バンドでの開催となりました。

ビギナーズバトルも20バンドと4バンド増やし、多くの1年生バンドが伊達アカで演奏することになりました。
そんな20バンドの激戦を制したのは、Scramble Selection(早稲田大学)の皆さんでした。

また、SNS最優秀賞はOffBeat(東北大学)、BODはHarry Ponta(東北学院大学)の皆さんがそれぞれ受賞しました。

なんといってもこの年は、現在も伊達アカの最後を締めくくる全体合唱曲である「ひかり繋ぐ街」が実行委員会とPermanent Fishの皆さんとの共同制作にて誕生しました。
四丁目商店街を舞台に開催される伊達アカのテーマソングとして、現在も多くの人々と共に歌い継がれています。
是非、ブログをご覧の皆さんも今年の伊達アカのラストでは一緒に歌いましょう。


今回のブログでは2012年から2014年の3年間を振り返ってみました。
現在の伊達アカの形を作ったこの3年間は学生producer達の努力が垣間見える時期でした。
「挑戦する」というテーマに直向きに取り組み、多くの方々と共に伊達アカをより良い音楽祭に導いてくれましたね。

次回は2015から2018年の3年を振り返って参ります。
次回もお楽しみに!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

伊達アカブログを楽しみにして頂いている皆様!
実行委員長の後藤でございます。
本日から伊達アカの歴史として、過去の伊達アカを第1回目から振り返っていきたいと思います。
それでは、早速行ってみましょう!



☆2009年10月、第1回目の伊達な街四丁目アカペラストリートが開催。
GUESTにハモネプ第11回大会優勝した大阪大学のAS★KNOWを迎え、全38バンドでスタートしました。

開催当時は、仙台三越本館前と現IQOSショップ前の2ステージだけでした。
開催初年度ということもあり、バンド募集も各大学への告知を行いながら集めていたことも伊達アカの歴史の1ページとして今や良い思い出です。

伊達アカに出演しているバンドメンバーが全員、ボランティアスタッフとなり、タイムキーパーやビデオの撮影、人員整理などを行なっていたことも特徴の一つ。
コンセプトでもある「歌うだけでなく、みんなで造る」を象徴する運営でした。

ナイトステージは両日、現在と同様に各曜日に出演したバンドの中からもう一度見たいバンドを選出しての「アンコールステージ」を開催。
また、実行委員と有志による全体合唱を行いました。


☆2010年、第2回伊達アカ開催。
プロアカペラバンドのJARNZΩをGUESTに迎えて、2会場全44バンドでの開催でした。

前年の開催を経て、東北大学の学生だけでなく、宮城教育大学、東北学院大学、東北福祉大学、福島大学からも実行委員として協力を得ることが出来、様々なアイデアが生まれ、挑戦するきっかけになった年です。

ナイトステージでは、様々な曲をメドレー形式に繋げて歌う「伊達アカメドレー」に挑戦。
曲ごとに歌うバンドも入れ替わり、沢山のバンドの協力の下、伊達アカメドレーを歌うことが出来ました。


☆2011年、第3回伊達アカ開催。
前年に引き続き、GUESTにJARNZΩを迎え、2ステージ全58バンドでの開催でした。

震災もあり、開催も危ぶまれましたが、関係各所のご協力もあり、無事開催にこぎ着けた年でした。

昨年の伊達アカメドレーをブラッシュアップして、再チャレンジしました。

また、震災からの復興への祈りも兼ねて、ナイトステージでは、実行委員を中心に会場全体で花は咲く」を合唱し、最後を締めくくりました。


伊達アカ初期の2009年から2011年を振り返ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
この10年の関わりの中で、この3年は本当に手探りで、難しさもありましたが、アカペラの可能性に挑戦するきっかけを与えてくれた時期のように思っております。

次回は2012から2014年の3年を振り返って参ります。
次回もお楽しみに!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10th ANNIVERSARY 伊達2018

伊達な街四丁目アカペラストリート実行委員長の後藤でございます。
いよいよ「伊達アカ」まで1ヶ月となりました。
ホームページのリニューアルと共に伊達アカブログも私のメッセージからお届け出来ればと考え、筆を取りました。

皆さまに応援頂いている伊達アカも今年でめでたく「10th ANNIVERSARY」を迎えることとなりました。
これもひとえに日頃から多大なるご協力を頂いております一番町四丁目商店街振興組合の皆様を始め、関係各所、そして全国のアカペラサークルの皆さんのご協力あっての事と感じております。
この場を借りて、改めて感謝の言葉を申し上げたいです。
誠にありがとうございます。

さて、学生アカペラーが多く参加する音楽祭ということもあり、代替わりと共に過去の伊達アカを知ってる方も限られてきております。
10周年という節目を迎えまして、過去の伊達アカを振り返りながら、多くの方々と伊達アカの10th ANNIVERSARYを共に祝い、そして、9年間研鑽してきた音楽祭をより良い物にしていく為にこのブログにて私と一緒に過去を振り返っていきたいと思います。

現役学生の皆様には、伊達アカの歴史を胸に刻んでいただき、古くから伊達アカに関わって頂いた皆様には、何処か懐かしい思い出に浸って頂ければ幸いです。

次回からの伊達アカブログもお楽しみ下さい。


伊達な街四丁目アカペラストリート
実行委員長
後藤久郎

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆さんこんにちは!
今回は、先日10月7日()、8日()に行われた
伊達な街四丁目アカペラストリート2017の模様をお伝えしたいと思います!
 
今年も東北内外からたくさんの応募を頂きました。
応募総数422バンドの中から、今回は158バンドの皆さんにご出演いただきました。
1日目はあいにくの雨でしたが、ゲストをお迎えした2日目は雨も上がり
お陰様で大盛況に終わりました。
出演していただいた皆さん本当にありがとうございました!
また、今年もたくさんの方にお越しいただき、
観客数の延べ人数は30,405人に上りました。
 
ここで、皆さんお待ちかねのビギナーズバトル、Saturday Night Stage、
Climax Stageの結果をお伝えしたいと思います!
 
ビギナーズバトル
土曜日に行われたビギナーズバトルは16バンドの皆さんに出場していただきました!4ブロック4バンドで予選を行い、各ブロック1バンドずつ決勝に進出しました。
 
そして栄えある優勝を飾ったのは
Take Five(秋田・秋田大学)
の皆さんでした!おめでとうございます!
パワフルで素敵なハーモニーが勝利に導きました。
イメージ 4
 
Saturday Night Stage
7日(土)の東西アカペラバトルに出演した71バンドの中から、
実行委員会が選んだ10バンド。その中から審査員の投票で選ばれた
最優秀バンド、優秀バンドを発表します。
 
■SNS SILVER PRIZE
Gozo Rock(宮城・社会人混合)
ヤロバンらしい力強い演奏を聞かせてくれました。
イメージ 5



■SNS最優秀賞■
鴨川フレキシブル(東京・社会人混合)

正統派のアカペラで素敵なハーモニー、力強さどこをとっても完璧でした。

イメージ 1

◇Climax Stage
8日(日)の東西アカペラバトルに出演した70バンドの中から、
実行委員会が選んだ10バンド。その中から審査員の投票で選ばれた、
最優秀バンド、優秀バンドを発表します。
 
■DATEAKA SILVER PRIZE■
(青森・社会人)
うっとりする様な、リードとコーラス。素敵な演奏をありがとうございます。
イメージ 2

■BEST OF DATEAKA2017■

黒霧島(栃木・宇都宮大学)

初の宇都宮大学からのBODとなりました。堂々とした演奏ぶり、バランスの取れた演奏が高評価を得ました。
イメージ 3

 
受賞された皆さん本当におめでとうございます!
そして素晴らしい演奏をありがとうございました!
 
今年で9回目の開催となった伊達アカも、皆さんのおかげで無事に2日間の
全日程を終えることができました。たくさんのご協力誠にありがとうございました。
来年の10回目の開催に向けて、伊達アカがさらに良いイベントになるよう
これからも実行委員一同努めてまいりますので、今後とも伊達アカを
どうぞよろしくお願い致します。
 
伊達アカ2017実行委員 小坂莉穂

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年の伊達アカも協賛者様のご協力の下「飲食販売ブース」を用意しております。
飲食ブースは、「本丸ステージ」と「二の丸ステージ」の間に出店しますので
是非是非!お立ち寄りくださいね!

仙台名物「牛タン」を使った牛タンつくねをご用意しました。
牛タン焼きも美味しいですが、是非この「つくね」もご賞味ください。
飲み物もついてこの価格!限定300本だけは、KIRINさんのコーヒー付きですよ。早い者勝ちです。

1本300円(先着300名様KIRIN FIRE 1缶プレゼント付き)
イメージ 1
 
また、あったか〜い「せり鍋」も登場します。
仙台・宮城の冬の定番グルメとして、最近、全国的に知られてきたのが「せり鍋」。せり(芹)は春の七草の一つにも数えられる野菜で、旬は冬から春先にかけて。宮城県はせりの生産量全国第1位を誇り、なかでも名取市のせりは「仙台せり」と呼ばれ、名取市の特産野菜としても知られています。ビタミンCや食物繊維を多く含むこのせりをたっぷりと鍋に入れて根っこの部分まで食すのが仙台せり鍋の特徴です。仙台の味をご堪能ください。

1杯 500円
イメージ 2
 
そして、今年の伊達アカにもパートナースポンサーで参加して頂いている「KIRIN」さんからも出店頂いております。キリンビールの代名詞、一番搾りが新しくなりました。ブースではその新一番搾りが楽しめます。麦のうまみが引き立ち後味がすっきりした上品な美味しさになってます。さらに、一番搾りを購入いただいたお客様に、「新一番搾りミニ缶」もプレゼントしています。
この機会にぜひ飲んでみてください!(※缶はイメージとなり当日は生ビールでの提供)
1杯500円 (新一番搾りミニ缶プレゼント付き)

イメージ 3

そしてもう一つ。コーヒーに火の力。「FIRE」ブランド。103日ファイアはリニューアルをします。香り高く、後味すっきりな味わいの1日に何本も飲みたくなる「微糖コーヒー」「うまさの火」「心の火」頑張っている人の心を温める
「新ファイア」にご期待下さい!
今回は、「牛タンつくね」をお買い上げ頂いたお客様に1本プレゼントさせて頂きます。
イメージ 4
伊達アカ開催まで残り10日。
今年も素敵な歌声が商店街一杯に響きます様、実行委員会も頑張ります。
皆様、是非10月7日(土)8日(日)は一番町四丁目商店街。伊達アカへご来場ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは!
伊達アカ当日まで、とうとう一ヶ月を切りました!全国的に台風の影響で天気が優れていませんが、皆さん十分にお身体にお気をつけください!
 
《観光スポット》
今回は宮城県勢に限らず、遠征組も三日目に遊べる観光スポットを紹介したいと思います!
紹介するのはこちら!!
八木山ベニーランド」です!

イメージ 1

仙台に住んでいる人は誰もが一度は行ったことがあるのではないでしょうか。
子供から大人まで楽しめる、東北を代表する遊園地です。
スリルのあるジェットコースターなどの絶叫系から、観覧車やゴーカートなど、どなたでも楽しめるような乗り物まで、沢山揃っています!
 
実際私も先日訪れたのですが、小さいお子さんを連れた家族づれや、小学生や中学生、大学生など、幅広い年齢の人たちが訪れていました。
比較的空いていることが多いので、待ち時間も少なくスイスイ乗り物に乗ることができます!
 
 
少し疲れた時や、休憩したい時にも大丈夫です!

イメージ 2

このようなフードコートや休憩所も充実しているので、安心して楽しむことができます!
 
伊達アカの打ち上げが二日目にあるため、二日目もホテルでゆったりと過ごし、三日目に八木山ベニーランドで遊園してみてはいかがでしょうか?
 
そして、八木山ベニーランドへのアクセスについてです。
仙台駅からは地下鉄東西線で「八木山動物公園駅」まで約12分、運賃は300円になります。
八木山動物公園駅からは徒歩で約5分で到着することができるため、アクセスも良好です!
みなさん是非訪れてみてはいかがでしょうか。
 
伊達アカについての情報はこちらから
【公式サイト】http://dateaka.com
【公式twitter@dateaka_sendai
 
 
実行委員 小笠原聖人

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは!
 
最終選考会も終わり、ビギナーズバトル出演バンドも発表され、ついに伊達アカまで1カ月を切りました!最近の仙台は寒暖差が激しく体調を崩している人も多いようです・・・。みなさんも体調にはお気を付けください!

<<お店紹介>>
さて、今回は一番町四丁目商店街でのお食事にお勧めのお店を紹介したいと思います!
今回紹介するお店はこちら!
 
「ワイン家 もちぶた亭」さんです!

イメージ 1

こちらのお店は宮城県大河原産の国産銘柄三元豚「和豚もちぶた」を使ったお料理と豊富なワインを愉しめるお店です!
 
「もちぶた」は豚肉のブランド名で、宮城では「仙南もち豚」や「みちのくもちぶた」と知られています。きめ細かく柔らかな肉質。もっちりとした歯ごたえで臭みや雑味が無く、豚肉の本来の深いコクと旨味があるのが特徴だそうです。
(メニューを参考にさせていただきました、パンフレットには餌などの違いなども書いてあるので待ち時間などにはぜひ読んでみてください!)
 
今回私がいただいたのは、この「和豚もちぶた」のロースかつ定食(120g)もちぶた亭サラダです!
イメージ 2

イメージ 3

サラダはやわらかな豚しゃぶと新鮮な野菜、サクサクとしたれんこんなどのチップスのサラダで、ドレッシングは青じそとナッツで選べます。
ロースかつは衣がサクサクなのはもちろん、お肉の脂身がさっぱりとしていて甘みがあって、とても美味しかったです!
 
「ワイン家 もちぶた亭」さんではこのロースかつの他にも、もちぶたを使った一品料理やしゃぶしゃぶなどメニューが多彩です!
また「ワイン家」と言うこともあってワインも豊富にありボトルはもちろん、グラスでもオーダーでき気軽にいろいろな種類のワインを愉しめます。それに伴いコースも、宴会コースや女子会コース豚しゃぶコースなど充実しています!
 
座席は2名用・4名用の個室、禁煙の1階テーブル席、大人数向けの2階席に分かれていて少人数から家族連れ、大人数でのお食事まで対応していただけます。
 
仙台と言えば牛タン!というイメージをお持ちの方も多いでしょうが、伊達アカを見に来た際には「和豚もちぶた」を味わってみてはいかがでしょうか!
 
伊達アカについての情報はこちらから
【公式サイト】http://dateaka.com
【公式Twitter@dateaka_sendai
 
実行委員 高橋ひな子

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

伊達アカの歩み

こんにちは。いよいよ9月に入り、涼しい日が多くなってきましたね。秋の訪れを感じる、ここ最近です。
 
さて、今回は「伊達アカ」のこれまでの歩みをご紹介していきたいと思います。
 
2009年に、東北最大のアカペライベントを目指すべく立ち上げられた伊達アカは、出演バンド38組でスタートしました。そこから年々出演バンドを増やし、第4回大会には出演バンドが100組を超えました。そして回数、年月を積み重ね今年で9回目を迎えた伊達アカは、一般ステージの応募バンドが東西合わせて400組を超え、過去最高のエントリー数を記録しました

イメージ 1

イメージ 2

さらには、アカペラ1年生のルーキーバンドのみで競われる、新人アカペラーの祭典「Beginners Battle」第4回大会(2012年)から、一般ステージで輝きを放った東軍、西軍5バンドずつがナイトステージで火花を散らせる「東西アカペラバトル」が第7回大会(2015年)から始まり、イベントを熱く彩っています。

イメージ 3

イメージ 4

東北の一大アカペライベントとなった伊達アカ。今年、そして未来へ。どのような歴史が紡がれ積み重ねられていくのでしょうか。
今年も皆様と一緒にイベントを作り、盛り上げていけたらと思っております!どうぞよろしくお願いします。
 
 
伊達アカについての情報はこちらから
【公式サイト】http://dateaka.com/
【公式Twitter】@dateaka_sendai
 
実行委員 畠山勇二

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事