ここから本文です
先妣のらくがき帖より
明治・大正・昭和の思い出などが雑然と・・・

書庫全体表示

羅宇ってご存知?

<4-159-7>
イメージ 1

羅宇(*1)を知っている人は少ないだろう

きせるの竹の部分だといったら
 ああ あれかと理解するだろうが………

羅宇とは何故云うのだろうか

銀の雁首(*2)や吸口(*3)を盗まれないようと
 羅宇屋につききりの番をさせられた昔もなつかしい

(*1)羅宇:(ラウ)キセルの雁首(がんくび)と吸い口とをつなぐ竹の管。
   ラオ。
(*2)雁首:火皿の付け根から羅宇と接合する部分まで。
(*3)吸口:口にくわえる部分の「吸い口」。


《巷の凡人の雑感》

なるほど
キセルを構成する部品の一つですね。

調べてみたところ
『羅宇』の名前の由来は「諸説あり」だそうです。

竹の羅宇は時々交換する必要があったので
羅宇屋なるものがあったことも初めて知りました。

それにしても、雁首や吸口を取り換えられないよう羅宇屋に子供に番をさせるとは…
昔の大人も あれあれ
ですね。

ちなみに
祖父が北九州に来る前、大阪でキセルの製造・販売をしていたようですが
 亡母から直接聞いた話ではないので、何ともわかりません

でも、まったく無縁ではなかったようなので
 こんな話を思い出したのでしょうか。

イメージ 2

  • 顔アイコン

    羅宇屋、ほとんど毎日来た。戦前は。

    [ - ]

    2016/6/22(水) 午前 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    羅宇屋、毎日来た。戦前は。番させられた、納得だが初めて知った、我が家に該当者いなかったから。

    [ - ]

    2016/6/22(水) 午前 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > peterpanさん
    戦前は羅宇屋さんっていたんですね。私が煙草を吸い始めたころには巻きたばこばかりで、煙管で吸う人はほとんど見かけませんでした。私も今では政府の方針に従い、禁煙しています。

    [ 巷の凡人 ]

    2016/6/22(水) 午後 9:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事