ここから本文です
吾ばかりかく思ふにや
最近筋トレのような仕事ばっかりで疲れがたまってます。

書庫全体表示

今年の繁殖事情


今年もゆるく気まぐれにブリードにいそしんでいますが、成功するものもあれば失敗するものもありブリード技術の大幅な向上は望むべくもない状況です。

今年一番の痛手は妊娠中のストケスの雌が天に召されたことです。
たぶん妊娠にかかわるトラブルだと思いますが、はっきりした原因はわかりません。
子供を期待していた分悲しみは倍増です。

しかし去る者もいれば生まれてくる子もいます。
かなり前から取り組んでいましたが、雄が死んでから新たな雄の成熟待ちでなかなか子供が得られなかったスピニゲルスイシヤモリがようやく1匹だけ孵りました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
メスがかなり高齢で1個の卵は無精卵だったので今年とれるのはこの1匹だけになりそうです。
しかし長年飼ってきた雌の子供を残せたので満足しています。

マツゲイシヤモリは今年は雄が間に合わない様なので見送りです。
メスはバリバリに仕上がっているので残念です。

トカゲの方は今年もまたあいつが殖えました。
イメージ 4

去年に引き続きホズマーイワトカゲが2年連続の快挙です。
なんと今年は去年の倍。
イメージ 5

イメージ 6
4匹も生まれました。
そんなにお腹は大きくなってない様だったのでちょっと意外でした。
普段から太いので妊娠しててもあんまり目立たないんですよね。
お腹周りでいうと雄のが断然太いのです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
兄弟でも色の濃さが微妙に違いますね。
去年のより若干小さい感じがしますが、それでも10センチ前後あってみんなとても元気です。

今孵っているのはこの2種類のみですが、あとはカナヘビを少し孵卵中です。
ヤモリもあと1種類殖えるかもしれませんが確定ではないので殖えたらご報告します。

イメージ 11

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事