洗濯屋親父の「シミヌキ日記」

シミヌキとクリーニングのあれこれの ブログ始めました! バレエ衣装、ステージ衣装のクリーニング現場も掲載して参ります!!

全体表示

[ リスト ]

ウールジャケットをタンスに仕舞っておいたら、あちこちが変色してどうしようも無い状況になることが有りますね。

ひと冬着倒した服、途中飲み物をこぼしたり、食べ物を付けたり、そでは口を拭いてしまったり、紫外線を浴びまくったりと、さんざんお世話になった服を、そのまま仕舞うと、大変なことになることが有ります。

イメージ 1
☆これはジャケットの袖先の部分です、かなり以前に付いたと思われる汚れが、酸化変色して居ます。付いた汚れが空気中の酸素と化合して、錆びた姿です。

ジャケットの全体がこのようになって居るのですが、写真の解像度が良く無く、余り分からないので、特にひどい状況の袖先を写しました。

このジャケットを、復元処理致します。復元という意味は、錆びた部分の酸素を取り除く、という意味です。錆びた鉄を思い出して下さい、あの錆びた部分は、酸化鉄と呼ばれ、鉄の分子に酸素がくっついている状態なのです。

イメージ 2

ジャケット袖の同じ部分です。いかがでしょう、元の色を取り戻しました。

酸化鉄から酸素を取るには、再び酸素を使います。洋服についた酸素を取り去るのも同じです、過酸化水素水という薬剤を使います。

前回の、移染処理には、界面活性剤の力を借りました。復元処理は、酸素の力を借ります。私達の仕事も、やはり神様の力を借りるのです。こうするとああなる、ああするとこうなる、神様はいつも約束を守ってくれるのです。

神様(化学)の力は素晴らしいです、感謝しか有りません。



☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
 
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1
TEL  044−753−0078



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事