洗濯屋親父の「シミヌキ日記」

シミヌキとクリーニングのあれこれの ブログ始めました! バレエ衣装、ステージ衣装のクリーニング現場も掲載して参ります!!

全体表示

[ リスト ]

ダウンジャケットをオゾン水で手洗いしました。洗剤は、高級オーガニック洗剤です、これで洗いますと(柔軟剤は要りません)、さわり心地が全く違って来ます。

イメージ 1
☆シンクにオゾン水を貯めて行きます。私共工場の水道栓は全てオゾン水タンクと繋がって居ます。

イメージ 2
☆貯まったオゾン水に、オーガニック高級洗剤を投入します。水50リットルに対し、5CCです。それでも十分効果を発揮します。投入したら、よく撹拌します。

イメージ 3
☆オゾン水洗いをする、ダウンジャケットです。表面はポリウレタン加工が施されて居ます。一見綺麗に見えますが、かなり汚れて居ます。これを洗剤を撹拌したオゾン水に入れて行きます。

イメージ 4
☆ダウンジャケットを入れて、良く揉みこみながら洗って行きます。オゾン水は汚れで真っ黒に成ります。この揉みこみを10分くらい続けます。その後、オゾン水だけで濯いで行きます。そして軽く、脱水を掛けて行きます。脱水時間は20秒くらいです。

イメージ 5

洗いあがり、濯いで、脱水を掛け、干し始めた状態です。光が変わりました、乾いた時点での表面のスベスベを触って欲しいのですが、残念です。

ダウンジャケットはご家庭でも、以上のように、やさしく洗って上げれば、大丈夫です。少々手間は掛かりますがまた、市販の洗剤ではスベスベとは成りませんが、さっぱりはしますhので、どうか挑戦下さい。

一番守らねばならないのは、手で揉みこみながら洗うこと、そして脱水はほんの20秒です。

20秒ではだらだらと水が垂れますが、それくらいで丁度良いです。やや乾いたら(約一日くらい)、ドラム乾燥機に入れて乾かして下さい。乾燥の時回転することで、中の羽毛がふわふわになって行きますよ。

ドラム乾燥機がない場合は、コインランドリーを利用しましょう。自然乾燥だけでは、中の羽毛は乾き切りませんし、フワフワには成りづらいです。




☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
 
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1
TEL  044−753−0078

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事