洗濯屋親父の「シミヌキ日記」

シミヌキとクリーニングのあれこれの ブログ始めました! バレエ衣装、ステージ衣装のクリーニング現場も掲載して参ります!!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

布団の入出荷風景

ネット宅配クリーニング「リアクア」の布団集荷が佳境を迎えています。

イメージ 1

入荷した、布団達の一部です。袋にはこのように番号が書かれていて、これをパソコンに打ち込みます(実際にはクリックすれば出て来ます)、そして袋を開けて、一点一点チェックします、瑕疵を見つけた場合には、この時点でお客様に連絡を入れます。

イメージ 2
☆下がこれから出荷の布団です、上側の段ボールはお洋服です。


布団はその殆どが保管希望です、保管はそのままは保管しません、洗って雑菌を取り除き、そのうえで倉庫に保管します。

上記は、出荷風景です、布団は何やら、紙の袋に入れられています。普通、布団を梱包するのは段ボールなのですが、段ボールはかさ張り、そして、後始末が大変なのです。そして研究の結果、このような紙での包装と成りました。


イメージ 3

布団包装の拡大図です。この紙は非常に丈夫で、内側はコーティングしてあり、それにより水を通しません。この紙の良さは、後始末が簡単なこと、かさ張らないことです。リアクアでは長年の経験から、このような包装に至りました。

どうぞ布団クリーニングは、全国53工場の「リアク」アにお申し付けください。
お客様から電話が入り、シルクブラウスが移染してしまったと嘆きの訴えが来ました。家の洗濯機を洗ったとのこと、それも他の品物と一緒に、勇気ある行動です。

イメージ 1


ごらんのように、ブラウスの上半身に移染が起きて居ました、下の方は大丈夫でした、何故なのか、移染は、絞りの時に起きる現象です。洗っている時にはほとんど起きません、ですから、絞りを注意すれば防げることなのです。

移染処理を行います、やり方は、強い界面活性効果を利用した、色素の分離を促す方法です。


イメージ 2

処理液に、ブラウスを浸けこんだところです、処理液の温度は90度以上となります、これに20分程浸けこみます。

イメージ 3

綺麗に成りました、何故色素が取れるのか、移染が起きてそう時間が過ぎていないので、繊維についた色素が剥がれるのです。時間が経ってしまうと、こうは行かなく成ります。

対応は早め早めに、よろしくお願い致します。


☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1

TEL 044−753−0078

 


私共は、全国クリーニングネット宅配「リアクア」の提携工場です。春のシーズンがスタートし、いよいよ出荷が始まりました。


イメージ 1

このような白い段ボール箱に丁寧に仕上がり品を梱包します。段ボールを良く見て頂くと分かると思いますが、厚さがそれぞれ微妙に違います。これは仕上がり品の量に、ピッタリの厚さとしている為です。

詰め過ぎては行けません、段ボールの中で、仕上がり品が動かないギリギリの厚さで、梱包しているのです。そうすると中で仕上がり品が動かず、余計なシワを作らないのです。

どうか、綺麗なままお洋服が届きますようにと祈りながら・・・・、の出荷です。



☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1
TEL 044−753−0078
弱ったわ、シルクのお気に入りセーターが、こんなになって居たのと、お客様から連絡が入りました。

イメージ 1

こんな状態でした、これは厳しいです、でも何とか復元したいと思いました。

多分、半年くらい前にお召の時に、何かをこぼされたのでしょう、そして布巾で拭いた、その時は取れた感じになり、そのままお仕舞になったのかと思います。

それが変色したのです、変色とは、酸素が汚れに取りつき、化学変化を起こした状態のことを言います。ですから、復元とは、その取りついた酸素を取り去る行為とご理解下さい。

先ずは、全体を水洗い(私共ではオゾン水を使用します)します。

イメージ 2

全体を、水で洗った状態です、変色の部分はあまり動いては居ません。

これに、変色処理を施します、使うのは加炭酸ソーダを中心とした薬剤です。それを50度くらいオゾン水に20分程浸けこみます。浸けこんだ後は、中和をして、濯ぎます。

イメージ 3

いかがでしょう、わずかに変色は残りましたが、これならお召しになれるかなと思いました。完全に取り去るのは、シルクの場合は難しいです。風合いの問題もあり、このくらいで止めました。

お客様、お喜びになりますか?、ちょっと不安では有ります。



☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1
TEL 044−753−0078

水沢ダウンの洗浄風景

水沢ダウン、冬季オリンピックの制服となったダウンで、高級ダウンの一つです。特に今回のダウンは、シームレスダウンと言いまして、ダウン独特の縫い目が見えないタイプのものです。

イメージ 1

このダウンです。見えているのは縫い目ではなく、裏側に接着されているもので、ドライ溶剤に入れますと、その接着が取れてしまうのです。ではどうするのか、この洗浄は、水洗い、それも完全手洗いと成ります。

イメージ 2

洗う前に、ダウンをこのように裏返して、かつ、ファスナーを閉じます。この状態で、私共の場合は、オゾン水を使い洗浄を致します。

イメージ 3

高級、リブレ洗剤を使用します。

イメージ 4

シンクに、洗剤を入れて、オゾン水を溜めている所です。この洗剤、ほんのわずかの投入で、このように泡立ちます。

イメージ 5

オゾン水に、裏返した水沢ダウンをつけ込んだところです。この後、この状態で、5分程手で揉み込みます、揉み込んでダウンの中の羽毛の汚れを落とします。


イメージ 6

隣にあるシンクにオゾン水を溜めて、濯ぎます。

イメージ 7

濯ぎが終わった水沢ダウン、まだ裏返しのままです。これからこれを20秒ほど洗濯機で絞ります。

イメージ 8

洗浄し、絞った水沢ダウンです。どこにもダメージ無く洗いあがりました。あとはこれを二日から三日、自然乾燥致します。ある程度乾いたら、立体乾燥機で仕上げます。出来上がりましたら、また写真を掲載します。



☆創業昭和9年大田区田園調布で創業、クリーニング一筋の洗濯屋親父です。
 
お気に入りのお洋服のクリーニング&ケア、バレエ衣装・舞台衣装・靴、バッグのクリーニング&メンテナンス、お申し付け下さい。下記のURLからもお申込みが出来ます。
どうかお気軽にご相談下さい。テリトリー外の受付けは、宅急便での対応と成ります。尚、日曜・祝日のお申込みのお返事は、翌週又は翌日の平日とさせていただきます。
 
有限会社 三共リブレ
川崎市中原区宮内2−27−1

TEL 044−753−0078

 

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事