マイホームレシピ

まいったなぁ〜。1年って早いなぁ〜〜。

全体表示

[ リスト ]

取引形態って・・?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

瀬音です。訪問有難う御座います。
『不動産業者について知ろう2』です。今回は「取引形態」についてです。
不動産屋さんのガラス面にベタベタと貼っているB4やB5の広告があります。
取引形態の欄に『専任、一般、売主(貸主)』など記載されてあります(通常右下の欄に小さく記載されています)。

上記イラストを参照下さい(見難くてすみません)。
【(1)専任・(2)一般の場合】
例:3000万円(売買価格)×3%=90万円(仲介手数料)
例:8万円(賃貸料)×1ケ月分=8万円(仲介手数料)
         *最近は賃貸物件に「手数料掛かりませんとか家賃の半月分」なんて多いですね。

【(3)売主(貸主)=不動産業者の場合】

仲介手数料の支払いが発生しません。

これは買主(借主)にとってメリットです(私も売主=不動産業者)から物件を購入しました。
ご参考にして下さい。

不動産情報だけでなく数々の失敗談も載せてます。
『失敗談・・・!』も、ぜひご覧下さい(信じられない失敗の数々・・・^^;)。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事