マイホームレシピ

まいったなぁ〜。1年って早いなぁ〜〜。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

今回は『不動産広告について』です。
多数の不動産会社に行くと同じ物件を紹介されることがあります。

(1)のイラストをご参照下さい。
バックであれ靴であれ大量生産される商品は多数のショップに卸されます。
消費者は同商品を購入することになります。

(2)のイラストをご参照下さい。
不動産は唯一無二の商品です。
A不動産(以下略)はそのたったひとつの商品が早く売れるように(売主は喜ぶし仲介手数料が
手に入るから)同業者に広告を(これがガラス面にベタベタと貼ってある)配布し周知させます。
他不動産に「こんな良い物件ありますよ、お客様を見つけて下さい」とアピールするわけですね。
勿論Aが直接お客様に物件を紹介しても構いません。
物件の存在を知った、他不動産はお客様に紹介します。同じ物件の広告があるのはこういう事です。

ちなみに「取引形態って・・・?」で説明した、売主がB不動産、C不動産(以下略)に
「一般」で任せた場合も同様にB、Cは広告を配布します。

つまり商品を誰が一番先にお客様に紹介し契約に至らせられるか?

がポイントなのです。


同業者はライバルですからね(笑)。

次回に続きます。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

不動産の購入の決め手は何か・・・?と問われたら・・・。わたくしは営業マンの心持とお答えします。物が良ければ商品の力で売れます。営業マンの力は、30%ですみます。本当の力は・・・。次回を楽しみにしております。ちなみにわたくしは不動産屋さんではございません。ごきげんよう。

2006/1/3(火) 午後 7:48 [ cha*i*1014*ream ]

顔アイコン

コメント有難う御座います!!嬉しいです! 営業マンの心得。全くその通りです。あとは勢いでしょうか。 これからも宜しくお願い致します。

2006/1/3(火) 午後 8:37 seo**930

顔アイコン

字を間違えてしまいました「心得」でなく「心持」ですよね。ちゃんと打ったつもりなのに読み返したら心得とある。う〜ん何故だ?

2006/1/4(水) 午前 0:50 seo**930

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事