瀬音の写真集

ご訪問ありがとうございます。旅の覚書など記してみます。 過去記事へのコメントもお気軽に。検索窓もご利用下さい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全232ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]



久し振りに記事UPさせて頂きます。

イメージ 1
神倉神社駐車場

ごとびき岩・神倉神社は画面奥の岩山に鎮座します。(駐車場に隣接する建物は別の神社のようでした。)

国道42号線から駐車場までは2〜3分ですが、地元の皆様の生活道を通ることになりますので事故のないようにお願い致します。


イメージ 2

『神倉神社かみくらじんじゃ』(新宮市)(現地案内板より)

日本書紀で熊野神邑の天の磐盾と記された千穂ヶ峰西端のゴトビキ岩を御神体として祀る神倉神社。高台から望む朝日は熊野川河口一帯を金色に染め神々しいくらい雄大。

駐車場の向かい側に神倉神社参拝者用のトイレを建設しているようでした。(2016年8月撮影)


イメージ 3

『神倉山かみくらさんと、お燈祭り(おとうまつり)』 (現地案内板より) (新宮ライオンズクラブ)

日本書紀に記された『天の磐盾』と伝えられる岩上に鎮座する神倉神社。

原始時代の巨岩信仰から始まるが、神武東征の折、窮地に立たされた神武軍を救出したと神話が伝える高倉下命タカクラジノミコトを祭る。

明治の神社合祀で、一時、速玉神社に合祀されたこともあるが、まもなく摂社に。

神仏習合が一般的であった頃、山上に張り出した「籠り堂」としてのお堂があった。

明治期の台風禍と廃仏毀釈運動によって、壊されたままうち捨てられ、今日、わずかに礎石のみを残す。

例祭のお燈祭りは、旧暦1月の行事であったのが、今では2月6日に執り行われ、俳句の季語としても定着、中上健次が『火まつり』と呼んだことから『火まつり』の呼称も広くゆきわたるようになった。

案内板写真の絵解き … 「山は火の海 下り龍」と歌われたお燈祭り






イメージ 5
神橋を渡り振り返って

背後が神倉神社、画面奥が国道42号線方面。(熊野速玉大社の西側に鎮座)

先程の駐車場は中央の建物の脇にあります。


イメージ 6
石段下の手水鉢


イメージ 8

『神倉神社』 (案内板より)

御祭神 
 高倉下命 タカクラジノミコト
 天照大神 アマテラスオオミカミ

例祭
 2月6日 夜

御燈祭りという、古儀の特殊神事として名高い。

白装束に身を固めた祈願者が神火を松明にうけて急坂(源頼朝公ご寄進の鎌倉式石段)を駆下る壮観な火祭りである。

ご由緒


熊野権現として有名な熊野速玉大社の摂社である。

熊野三山(速玉、那智、本宮)の主神降臨の霊地。

熊野信仰の根本とも申すべき霊所である。

ご祭神、高倉下命は建国の功臣。熊野三党(宇井・鈴木・榎本)の祖として知られ、農業、漁業の守護神としてご神徳が高い。


イメージ 9

『天磐盾あまのいわたて』 (案内板)

手前の木のせいで看板を撮しきれていませんでした。


イメージ 7
猿田彦神社

猿田彦神社の右手に小さな滝があるようでした。

『猿田彦神社』
『神倉三宝荒神社』
 (案内板より)

御由緒

神倉山麓には、天孫降臨に『導きの神』のご神徳が高く、『天狗さま』として親しまれた猿田彦命の神社が、明治の御代まで鎮座していました。

また、三宝荒神社(火産霊神・誉田別命)は立里(高野山)にあり、願望成就・商売繁盛のご神徳が高い。

昭和56年、氏子有志のご協力で、社殿・鳥居・境内整備・参道などの諸工事を施工して、両神社をご奉斎した次第です。

中略

猿田彦神社 三宝荒神社 敬仰会
熊野速玉大社


イメージ 10

かなり急な石段。

ゴトビキ岩への参拝は小学生の時以来です…。(大丈夫か運動不足の私?)

※傾斜の緩い女坂の案内板もありましたが、未舗装の細い山道のようでした。


イメージ 11

※足元の他に、夏から秋は蜂にも要注意だと思います。


イメージ 12

サイドの石組みはこのような感じ。


イメージ 13


イメージ 14

途中の手水鉢。

寄進の文字が読み取れます。


イメージ 15

左 火神社  右 中ノ地蔵堂(?)  

※石段下から、ここまでの所要時間6〜7分。

※女坂の出口付近。


イメージ 16

石塔


イメージ 17

白玉石が供えられているようです。


イメージ 19
ゴトビキ岩近くの手水鉢

石段の終点。

※階段下から、ここまでの所要時間16〜17分。(途中で少し休憩)


イメージ 18

『神倉神社の手水鉢ちょうずばち』 新宮市指定文化財(指定年月日 平成元年 1989年 3月 25日)

新宮城主第2代の水野重良(1596年〜1668年)が、下野国(栃木県)那須城主の大関高増の母の延命と繁栄を祈願して寄進したものです。

「大関高増の母」は、重良の姉 【()の中の文字は妹と記されているのかもしれません】 にあたります。

黒雲母花崗岩の巨大な石を加工して作られており、正面には、寛永8年(1631年)2月、重良が寄進したことが刻まれています。

阿須賀神社にも同様のものが奉納されています。

(案内板の設置に感謝致します。)


イメージ 20

ようやくフラットな石畳みの参道へ。ゴトビキ岩はもうすぐ。


イメージ 26
ゴトビキ岩と神倉神社

磐座いわくら ですね。



イメージ 21



イメージ 22

ゴトビキ岩からの眺望。眼下に拡がる新宮市(和歌山県)の街並みと太平洋(熊野灘)。

花の窟はもっと左(東)。

※階段下から、ここまでの所要時間17〜18分。(途中で写真撮影や少し休憩したので、健脚の方なら10分強/12〜13分程度ではと思われます。)


イメージ 23

熊野川河口とお椀を伏せたような姿の蓬莱山(和歌山県)。丹鶴城跡(新宮城)は画面左端方面。中央付近の緑は、浮島の森(おいの伝説)。

工場の煙が見えているのは、対岸、三重県の鵜殿方面。

※自分の為のメモ (日本の古代遺跡 46 和歌山県 森浩一企画  大野嶺夫 藤井保夫共著 保育社 より)
  蓬莱山ほうらいさん 徐福伝説 阿須賀神社境内に徐福の宮
  阿須賀神社遺跡(3世紀後半〜4世紀後半)竪穴式住居跡10棟、掘立建物4棟、溝状遺構、100個余りのピット。(炉跡のある住居 竃跡のある住居)
  神倉山銅鐸出土地 市田川(熊野川の旧流路)左岸/神倉神社境内、1956年(昭和36年)5月、ゴトビキ岩の下、経塚最下層から銅鐸片大小22個の出土。
  熊野速玉大社遺跡 縄文前期末〜晩期にかけての縄文土器&土器片(大歳山式土器 諏訪方面の踊場式に近似する土器 鷹式土器 瀬戸内地方の船元Ⅰ式・黒木Ⅲ式 関東地方の五領ガ台式・加曽利E式 瀬戸内の中津式に近似する深鉢型土器 北白川上層式 元住吉山式)


イメージ 25
ゴトビキ岩の山側の部分


イメージ 24

ゴトビキ岩の背後付近にも小さな社殿が見えていたのですが、「もういいでしょ…」という家族の言葉に抗えず、参拝はこの場所からさせて頂きました。


※石段は上りより下りの方が緊張しました。足元は履き慣れたスニーカーなどが宜しいかと思われます。
皆様もお怪我のないように。


イメージ 4
路地と水路

最後までご覧頂きありがとうございました。


神倉神社については、いつもお世話になっている、み熊野ねっと様のサイトに詳しく紹介されています。
http://www.mikumano.net/index.html


*****************************************

 近況
  新海誠監督の映画 「君の名は。」を観ました。
  感想→「君の名は」でも「君の名は?」でもなく、「君の名は。」である訳が解ったような気がします。
  前作『言の葉の庭』も良かったですが、今回の作品も丁寧に作られた物語で気に入りました。

*****************************************

Yahoo!ブログ瀬音の写真集 神倉神社の関連記事
『国東半島をゆく 熊野磨崖仏と熊野神社、真玉海岸の夕景(大分県)』 (鬼の石段)
http://blogs.yahoo.co.jp/seoto_kisyuu/63464755.html

『熊野武士団の伝承 香山園かごやまえん(神倉龍蔵宗家) (東京都)』
 ※香山園は、ネット情報によりますと、2016年9月現在、閉鎖されているそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/seoto_kisyuu/61849488.html


開く トラックバック(2)



甲府城跡の石垣の記事にて版築という言葉が出てきましたので、水城跡の記事もUPさせていただきます。

※ 2015年撮影です。

イメージ 1
水城の断面(JR水城駅側からの撮影)

土塁のような盛り土。


イメージ 5
水城跡の現地案内板

『水城はどうしてできたか』(案内板より) (撮影した写真がピンボケのため一部判読困難な箇所があります)
Yahoo!ブログ瀬音の写真集管理人が入力させて頂きました。
水城跡、『日本書紀』の記述から、天智3年(664年)に造られたことがわかる古代の防御施設で、大野城市と太宰府しにまたがって残存しています。

目の前の大きな土塁以外にも、谷部を塞ぐ形で規模の小さい、いわゆる小水城が造られました。

7世紀中頃の朝鮮半島では、高句麗、百済、新羅の三国が勢力を競い合っていましたが、新羅が中国大陸にあった唐と連?携して他の二国を滅ぼそうとします。

日本(倭:わ)は、百済に援軍を送りますが、白村江で唐の水軍に大敗を喫します(663年)。

唐・新羅からの侵攻を恐れた日本は博多港の近くにあった役所を内陸部の今の太宰府市に移し、その防衛のため、福岡平野の最も狭い部分に土塁と濠からなる水城を造りました(664年)。

さらに亡命百済貴族の指導のもとに大野城を築いて、いざというときの逃げ道としました。

このような歴史的背景のもとに造られた水城跡は、その重要性から大野城跡とともに国の特別史跡に指定されています。


イメージ 2

道路と線路で分断されていますが、線路の向こうにも水城跡が続いています。


イメージ 9
水城復元図(現地案内図より) 奥が大野城(古代山城)

『水城の構造と土木技術』(現地案内図より)
Yahoo!ブログ瀬音の写真集管理人が入力させて頂きました。
水城は大きな土塁(どるい)とその前面の濠(ほり)からなっています。

造られた時の姿とは変わっているでしょうが、発掘調査の結果などから、長さは約1.2km、土塁の高さは地面から8〜9m、幅が最大で80m、濠は幅が60m、深さ4mの規模であったと推定されています。

土塁は崩れないように、砂質土と粘性土を交互にいれて硬く突き締めています。

この工法を版築(はんちく)といい、断面は縞状に見えます。

また、地盤が軟らかい部分には、葉が付いたままの枝を切って敷き詰め、その上に盛土を行っています。

この工法を敷粗朶(しきそだ)工法とか敷葉(しきば)工法といい、現代の土木技術にも通じるものです。

土塁の博多側には濠がありますが、太宰府市側から水を引くため土塁の中に木の板を組んだ導水管(木樋:もくひ)を通しています。

底面は幅70㎝、厚さ26㎝、長さ6m以上の大きな板を2枚並べて鉄の鎹(かすがい)で連結し、両側に板を立て、その上に板で蓋をしています。


イメージ 3
土塁の頂上付近


イメージ 4
水城北側の斜面


イメージ 6
水城跡と周辺の遺跡地図


イメージ 7
大野城市文化財巡り地図


イメージ 8
水城の断面の様子

土を何層にもつき固めて造られています。


イメージ 10
敷粗朶しきそだ

敷粗朶は、九州歴史資料館に展示物があり、ガイドのかたから説明を受けることができます。

(水城の保存や案内板の設置に感謝致します。

九州歴史資料館様公式サイトへのリンク (太宰府の九州国立博物館とは別の施設です)


記事を沢山UPさせて頂きましたので、少しくたびれました。今夜はこれにて失礼致します。
ご覧頂きありがとうございました。



興味深い屋外展示物がありましたのでUPさせていただきます。


イメージ 1
武田信玄公の像(JR甲府駅南口)


イメージ 2
駅ビル セレオ甲府屋上からの眺望

富士山が見えていました。


イメージ 5
甲府駅の北口にて、山裾古の道案内図


イメージ 4
甲府城の石垣の構造 屋外展示(北口を出てすぐ)

(案内板より要約)
甲府駅北口多目的広場の整備に先立ち、平成21年に実施した発掘調査によって発見された甲府城の一部。(清水曲輪の一角)

発掘調査では現在の地表から5M下層まで石垣を確認しているが、江戸時代中期の絵図によれば約9Mの高さがあったことがわかっているので、ここに見えているのは丁度中ほどの部分だと思われる。


イメージ 3
甲府城の略図と現代の市街略図(左)  石垣の構造模式図(右) 


イメージ 6
石組みの様子


イメージ 7
石垣断面

(案内板より要約)
石垣は、普通、表面に見える巨石、その奥にある「栗石(ぐりいし)」といわれる小石群、一番奥にある盛土の三層から成り立つ。

表面の巨石 … 構造物としての堅牢さを保持 & 巨石を運び積むことができる権威を示す目的。

詰石(つめいし) … 巨石と巨石の間に挟む小さな小石 → 一点にかかる荷重を軽減。

栗石 … 充填することにより、雨水を石垣の下方へ排水する。

一番奥の盛土 … 版築技法(種類の異なる粘土を叩き締めながら盛り上げていく高度な技法)を採用している。

※ 本来なら栗石は見えないように復元するが、見学者に石垣の内部構造や築造技術を理解してもらうために、見える形で整備。


(展示物&案内板の設置に感謝いたします)

自分のためのメモ 算木積み 築石部 隅角部 天端(石) 飼石(尻・胴) 詰石 隅脇石 ハサミ石 根石 裏栗巻石 盛土(版築はんちく) 栗石

********************************************

おまけ ヴィ・ド・フランス(セレオ甲府内)のクリームパン


イメージ 8
○府印のクリームパン


イメージ 9

ホイップクリームとカスタードクリームが入っています。


この記事は以上です。

お付き合い頂きありがとうございました。

(前の記事にナイスを頂いた皆様ありがとうございました。)



鹿児島県指宿市で気になるものを見かけましたので、過去に佐賀県にて撮した写真と共にUPさせていただきます。


イメージ 14
鹿児島県指宿市

竹山付近の様子。(2016年⒎月撮影)


イメージ 15

電柱の下、細めの丸太の先をとがらせ、それを上に向けて地面に突き刺し柵のようにしています。(ピンボケですみません。)

側を通ると、結構な威圧感でした。

この杭を見て思い出したのが…。


*******************************************

※ 以下は吉野ヶ里歴史公園(吉野ヶ里遺跡/佐賀県神埼市)は2015年訪問時の写真です。


イメージ 1
吉野ヶ里歴史公園の全体案内図


イメージ 3
園内を流れる川(田手川かと思われます)

画面奥は背振山方面。(山越えすると糸島〜福岡市方面)


イメージ 4
弥生時代の環濠集落跡ゾーン


イメージ 5
木の柵


イメージ 6
木の柵 逆茂木(乱杭)

下の案内板によりますと、一重(一列)ではなく、ある程度まとまった帯のように、とがった木を地面に刺しているようです。


イメージ 8


『逆茂木(乱杭)』 Sakamogi(Stakes) (現地案内板)
Yahoo!ブログ瀬音の写真集管理人が入力させていただきました。
米作りが盛んになるにつれて、水や土地を奪い合う土地争いが起こるようになりました。

人々は自分たちの集落を守るため、集落の入口など特に重要な地区には、とがった木の枝や幹でバリケードを築き、より厳重に守っていました。

これを逆茂木と呼んでいます。


イメージ 7

村の入口?鳥居のような門?

****************************************

以下、柵の話題から逸れますが、UPさせていただきます。(同じく吉野ヶ里歴史公園にて)

イメージ 9

資料展示室(甕棺?)


イメージ 2

構造船かと思いましたが、刳り船なのかと…。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

江上武種とその妻の墓と伝わる石塔とのことです。


イメージ 13

少し離れた場所からの撮影のため、画像が不鮮明ですみません。


「江上武種は東肥前の有力国人で、永禄元年(1558年)11月10日長者林の戦いに少弐方として龍造寺隆信と戦いました。

この戦いでは、川上実相院座主の仲介により和議が結ばれました。

元亀2年(1571年)武種は日吉城に隠居しました。

この墓は武種とその妻のものと言われています。

平成25年3月 吉野ヶ里町教育委員会」 Yahoo!ブログ瀬音の写真管理人が入力させていただきました。

(案内板の設置に感謝致します)


吉野ヶ里歴史公園様公式サイトへのリンク
http://www.yoshinogari.jp/

川上実相院 さがの歴史・文化お宝帳 佐賀市地域文化財データベースサイト
http://www.saga-otakara.jp/search/detail.php?id=2108


自分のためのメモ 川上実相院/行基



錦江台展望公園『スカイパレット』内の植物などをUPさせていただきます。


イメージ 1
売店


イメージ 15
錦江台展望公園の案内図


イメージ 16
赤い吊り橋 椿の森の橋(老朽化が目立つ)

橋の下には小川が流れているようでした。


イメージ 2
土壌の色


イメージ 3
多分、アカメガシワ

ウィキペディアによりますと雌雄異株とのこと。


イメージ 4

ネットで調べますと、雌花の若い実らしいのですが…。


イメージ 5


イメージ 6

人工的な植栽があるようですが、野生の植物に取り込まれています。


イメージ 7
ツワブキ


イメージ 14

判るのは葛の葉くらいです。


イメージ 13
多分、サルトリイバラの仲間


イメージ 12
展望台からの眺望(錦江湾)

画面奥に、うっすらと桜島のシルエット。


イメージ 11



イメージ 10



イメージ 9
椿の実


イメージ 8
多分、椎の実

簡単ですが、本日は以上です。


全232ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事