ここから本文です
Living Together
とにかく寒い!冬眠したいけどこれからが忙しい!

書庫全体表示

 毎日雨が続いて鬱陶しい。
 
 たまの晴れ間はうだるように暑いし〜
 
 必然的に運動は水泳が主体になります。
 
 ジャンプシーンがなかなか上手に写せないので、動画撮影して切り取ってみました。
 
 
 GO!!
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
「解説は、オールドッグ飛び込み競技連盟理事のステラさんにお願いします。ステラさんこの姿勢いかがでしょうか?」
「はい、目標物をしっかり目で捉えていますね。いい感じですよ。」
 
 
イメージ 5
 
「頭の位置がぶれていませんね。」
「ええ、体もしっかり収縮しています。」
 
 
 
イメージ 6
 
 
「踏切も良さそうですね。」
「はい、後肢のバネを最大限に生かした踏切です。」
 
 
イメージ 7
 
「ここでも頭の位置はぶれていません。これは重要なことですよ。」
 
 
イメージ 8
 
「着地に向けて水の抵抗が少ないように体を縮めていますね。」
 
 
 
イメージ 9
 
「惜しいですね。ここで前足が揃えばもっと得点が伸びたところでしょうね。」
「これは練習によって改善されていくと思いますよ。」
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
「沈み込みも最小限にとどめています。」
「そうですね。体重が34kgもあるのにも関わらず、これはいいですよー。」
 
 
イメージ 12
 
「浮上も早いです。体制の立て直しも早いですねー。」
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 「この秋期待できそうですね。」
 「そうですね。夏場にトレーニングを積んで、もっと飛距離を伸ばしたらうんと良くなると思います。」
 「今日はお忙しいところありがとうございました。あれ?え?ステラさん?・・・・・・・・・・あーもう飛び込んでるしーーー。」
 
 

  • 顔アイコン

    ハハハ上の解説笑えます。ファル君も気持ちよさそうだし。この時期人間ですら飛び込みたくなります。

    [ ナイトハンター ]

    2010/6/29(火) 午後 1:51

    返信する
  • 顔アイコン

    4枚目の写真は耳が立って和犬に見えた〜(笑) 削除

    [ じゃん ]

    2010/6/29(火) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    水遊びが楽しいですよね〜〜♪
    でもつき合っているこちらは飛び込む訳にもいかず アツアツですが・・・
    ファル君、本当にきれいなジャンプ! パチパチ(拍手)
    次回は ステラ先生のお手本ジャンプも見せて下さい!!

    ティンクは 子どもの時何もわからないままローリーの後に続いて増水した川に飛び込み・・・それ以来飛び込みはいつも辞退して もっぱらお風呂のように浸かっております(笑)

    [ ティンク ]

    2010/6/30(水) 午前 8:27

    返信する
  • ナイトハンターさん、帰ってからの手入れを考えるとうんざりしちゃうのですが、ワン達の嬉しそうな顔には変えられませんわ〜。

    セラヴィ

    2010/6/30(水) 午前 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    じゃんさん、ラブラドールはこの耳で風を受けて飛翔力を伸ばします(ウソです)。

    セラヴィ

    2010/6/30(水) 午前 8:50

    返信する
  • ティンクさん、軽いだけあってステラの方が飛距離は伸びます。
    増水した川は怖いですね〜。うちも先代のラブが流されそうになり必死で戻ってきたことがあります。でもそいつは全く懲りなかったですが。ちなみにそのラブはマリンの父ティールです(笑)。

    セラヴィ

    2010/6/30(水) 午前 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    思い切りのいい見事なジャンプです!
    欲を言えば、水中に飛び込んだ後は潜水して獲物の真下から浮上しジョーズのごとくガブリとやれば半矢で潜水され逃げられることもないでしょう。今後の進歩を期待して今回の演技は10点満点の9.9点ですな(笑) 削除

    [ 川ガニ ]

    2010/6/30(水) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    川ガニさん、そうなんです!今後の課題は潜水です。夏場にF県の師匠のもとに修行に出そうと考えています。

    セラヴィ

    2010/6/30(水) 午前 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    暑いですね。
    京都は蒸し風呂状態で、グッタリしています。
    それにしても・・・
    きゃ〜〜ぁ〜!ファル。
    カワイイ、カシコイ、カッコイイ!(3K)
    とっても素敵やわ。 削除

    [ kyomama ]

    2010/6/30(水) 午後 8:01

    返信する
  • kyomamaさん、ありがとうございます。ファルも実家のお母さんに誉めってもらって大変喜んでいます。普段はの〜んびりだ〜らりなのですが、ヤルときゃヤル!いい子に育ってますよ〜。

    セラヴィ

    2010/6/30(水) 午後 9:51

    返信する
  • はじめまして ナイトハンターさんのブログからお邪魔しました。

    ラブラドールかわいいですね(*^o^*)
    ラブラドールを実猟で使う場合はやはり、やはり実猟の血統の方が良いのでしょうか?

    今現在 セターを2頭飼っています。

    愛妻はウォーキングのお供に、僕は鴨の回収に(≧∇≦)
    どうしても飼いたいんです。

    ラブラドールに雉も教えればやりますか?
    宜しくお願いします。

    [ マーク埼玉 ]

    2010/7/7(水) 午後 4:07

    返信する
  • 顔アイコン

    マーク埼玉さん、日本で実猟の系統というのがどれくらいいるのか全くわかりません。俗に言うフィールド系は、実猟というよりトライアル向きなので、果たして実猟でどれくらいの働きをするのか・・・。

    フィールド系はハイパーな子が多く、私みたいに普段はまったりと過ごしたい人間には向いてません(笑)。
    フィールドは訓練性能が良い、という人もいますが、盲導犬になる犬はショー系の犬ばかりです。
    人によって考え方は違うかもしれませんが、スピードと切れを要求するならばフィールド系、落ち着きと扱いやすさを要求するならばショー系でしょうか(続く)。

    セラヴィ

    2010/7/8(木) 午後 3:51

    返信する
  • (続き)私は贅沢にもデュアルパーパスを望んだので、ショータイプで実猟のお供もできる英国の血統を選びました。

    ラブは爆発物捜査犬にも使われている(見つけたら咥えるのではなく座って合図をする)ので、雉も同じように教えることができるかもしれません。大分は雉がほとんどいないので私は教えていませんが(笑)。
    ただ、人気犬種ゆえにとんでもない犬もいます。ブリーダー選びは慎重にしてください。
    本物のラブは本当に気持ちが優しく、人間っぽいドジさも持っていて、「人に最も近い犬」とまで言われています。良い犬といると心まで豊かになるものです。

    セラヴィ

    2010/7/8(木) 午後 4:01

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、履歴から来ました。
    2年前までラブを飼ってました、狩猟の回収犬から始まり
    警察犬にもしました、爆捜犬もやってみたかったのですが本業が忙しくなり断念しました、災害救助犬も現場出動は一度も無く終了。

    此処の画像と同じようなのを狩猟雑誌に投稿した事があり、非常に懐かしく拝見いたしました。
    社会に役立つ犬を目指して、シェパ−ドで嘱託警察犬をやっております。今後ともよろしく。

    [ はっちゃき ]

    2011/6/14(火) 午前 6:50

    返信する
  • hac*a*i_8・・・JI8AQCさん、いらっしゃいまし。
    私も昔はオーナーハンドリングで、ショーとJKC,PD競技会にずいぶん頑張ったものです(遠い目)。プロが引く犬を尻目に、数々の優勝を飾ってくれたのはひとえに犬達の力だと感謝しています。
    今はもう大分の田舎でのんびりとスローハンティングを楽しんでおります。こちらこそよろしくお願いいたします。

    セラヴィ

    2011/6/18(土) 午前 11:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事