ここから本文です
Living Together
とにかく寒い!冬眠したいけどこれからが忙しい!

書庫全体表示

ドイツの旅 Part1  

 
 11日早朝フィンエアーでヘルシンキからドイツベルリンに飛びます。道中およそ2時間半。
 
 
イメージ 1
 
 
 ここで車を借りておよそ350キロ先のボルタという町を目指します。
 
イメージ 2
 
 
 この町へ向かう目的はテラの父親のジョーカーとそのオーナーさんに会うためです。
 
 私はイギリスではレンタカーを運転してはいたものの流石に右側通行は慣れていないので今回はNさんに運転は任せきりでした。フィンランドでもそうだったのですがドイツでも長距離をずっと運転していただいたNさん、ありがとうございました。でも時速160キロはちょっと怖かったかも・・・(^^;
 
 高速を降りると田園風景が広がります。
 
 
イメージ 3
 
 カーナビのおかげで無事ジョーカーのおうち、Korffさんの御宅に到着。ちょっと行き過ぎたのでUターンしようとしたけど車のバックギアが入らない!押したり引いたりハンドル切ったり焦りまくっている所へにこやかなご婦人が登場。Korffさんです。
 「何をやってるのか、このジャパニーズ達は・・・?」と思われたと思いますが、彼女のアドバイスで難なく窮地を切り抜けました(ボタンを押すだけでした^^;)
 
 早速ジョーカーとご対面!
 
 
イメージ 4
 
 
 素晴らしい!!まさにその一言!
 
 姿かたちがきれいなだけのラブはたくさん見てきたし、性格の良いラブもたくさん見てきましたがジョーカーはまさに「天が二物を与えたもうた」犬でした。
 
 パーフェクト!!
 
 
イメージ 5
 
 
 我々に対する歓迎のあいさつも、そして家の中でのふるまいも、お庭での動きも、その全てに品があり、あまりにも可愛い性格!
 
 見習いなさい、テラ。あんたは我が家でラブラドールテリアと呼ばれているのですよ。
 御父上とお顔はそっくりなんだから!
 
 
イメージ 6
 
 
 「1胎の中でジョーカーだけが他とは違う何か特別な輝きがあったのよ。」
 私の英語聞き取りが間違っていなかったらそのような意味の事をおっしゃられていたように思います。
 
 パピー達も生まれていたので見せていただきました。
 
 
イメージ 7
 
 
 若犬も。
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 それにしてもパピーを初めどの犬も非常に穏やかで落ち着いています。
 
 フィンランドもそうだったのですが犬を飼う環境(その御宅だけでなく社会全体を含めて)がやはり日本とは一枚も二枚も違うということを痛感させられました。こんな素晴らしい環境で犬を育てられるなんて本当にうらやましい限りです。
 
 美味しい手作りケーキを頂いた後、ご夫婦そろって古い城跡に案内してくださいました。
 
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 町が一望に見渡せます。
 
 
イメージ 15
 
 時々この川でジョーカー達は泳ぎを楽しむそうです。
 
イメージ 14
 
 夕食は、Korffさんの選んでくださったレストランで美味しいドイツ料理を頂きました。
 
イメージ 10
 
 選んでくれたB&Bも居心地良く、宿代も、(しつこいようですが)物価が高いフィンランドと比べたら破格の安さでした。
 
 
イメージ 16
 
 
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
 ジョーカーに会えて本当に良かった。Korffさん、いろいろありがとうございました!
 
 
イメージ 19

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事