ここから本文です
Living Together
とにかく寒い!冬眠したいけどこれからが忙しい!

書庫全体表示

神無月のランデブー

 
 昨日は湯布院の櫟屋さんで開催された食事会「神無月のランデブー」に参加してきました。
 
 
イメージ 1
 
 
 沖縄の小島シェフ、福岡のソムリエ加計さんとは今年3月にお会いしてから7か月ぶりの再会です。
 
イメージ 2
 
 
 
 まずは前菜としてスタンディングバー形式で、庄内の梨を使ったオリジナルのアペリティフと沖縄の家鴨のパテをいただきます。この家鴨は沖縄で合鴨農法に使われていたものです。生後8ヶ月を過ぎているので味がしっかりと濃いのですがそれを繊細に仕上げているのはさすがです。
 
イメージ 3
 
 
 
 そして会場を隣の部屋に移して、いよいよコース料理の始まりです。今回のメニューはこれ。
 
 
イメージ 4
 
 
 沖縄の山から   摘草・泥・コンソメ
 
イメージ 5
 
 ツルムラサキの原種とその根、オオタニワタリ、里芋、そして・・・沖縄の土! 飲み物はバスク地方のシードルをいただきます。
 
 
 
 沖縄の海から   テングハギを軽く燻して
 
イメージ 6
 
 ワインはローヌ地方のラ・ジャバ・ザントルフォーヴィオニエ。苦みのある不思議な味わいのワイン。
 このテングハギは沖縄の漁師さんが潜って仕留め、すぐに血抜きをし、減圧の為水深10メートルくらいで休む間を利用して海中で神経抜きしたというアクロバットみたいな漁法で獲られたものです。台風の直後で海は濁っていて命がけだったそうです。海のプロの魂こもったテングハギ、大変ありがたく、そして美味しくいただきました。
 
 
 
 新高梨のショーソン
 
 ワインはここから赤に替えて、ユーアーソービューティフル(なんてかわいいネーミング!)
 
イメージ 7
 
 
 
 大分産トリュフ/温度卵  カブのヴルーテ
 
イメージ 8
 
 大分に産するトリュフを是非味わっていただきたくて先輩の力を借りてシェフにお届けしました。日本人の味覚にはあまり合わないと言われるトリュフですが、和の食器で和のテイストに仕上げてあったのは脱帽
 
 
 大分産天然ウナギのマロート
 
イメージ 9
 
 
ヨーロッパでのウナギ料理と言えば赤ワイン煮込みが多いのですが、これは日本の蒲焼をイメージしたマトロートだそうです。丹波の木の器が不思議と合うのですね。
 
 
 
 野生の鹿と茸 小公子ワインとのランデブー
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
 
もうこの鹿の火の入れ方が抜群! え?鹿ってこんなに美味しい肉だったの!?いくらでも食べられます。
 「小公子」とは山ブドウを交配して作られた品種です。この珍しいワインを安心院ワイン工房が手掛けています。私も初めていただきましたが色はシラーよりも濃く、酸味が強く、香りも個性的。まさに自然に自生する山ブドウの逞しさが感じられるワインです。こちらで買えますよ>安心院ワイン工房
 
 
 
 家鴨が育てた沖縄島米のグラスと由布院の焼米
 
 多良間島 焦がし黒糖のケーク
 
イメージ 12
 
 小島シェフの料理は、そのひとつひとつに素材への感謝の気持ちが込められているように思います。前回もそうでしたが今回もまたそれを痛感しました。
 野に自生する草花、きのこ、山葡萄。野を自由に駆ける鹿。海中深く泳ぐ魚。絶滅が危惧される中逞しく生きる鰻。育種家たちの努力で美味しくなっていった野菜や果物。そしてそれらの食材をいかにして美味しく料理して食べるかずっと試行錯誤してきたであろう先人たちの知恵。
 
 小島シェフ、ソムリエの加計さん、そしてこの出会いの機会を作ってくれたスタッフの皆様に深く感謝して・・・・
 
 ご馳走さまでした!
 

  • 顔アイコン

    いや〜、美味しそう♪
    ちゃんと名前を憶えているところがスゴイなぁ。

    私の場合、美味しいものを食べても、料理もワインも名前を覚えられない所が玉に瑕でしょうか(笑)。

    [ じゃん ]

    2014/10/20(月) 午前 0:51

    返信する
  • じゃんさん、メニューを丸写しですわ〜(笑)

    セラヴィ

    2014/10/20(月) 午後 6:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事