ここから本文です
Living Together
とにかく寒い!冬眠したいけどこれからが忙しい!

書庫ハンティングな日々

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1犬、2足、3鉄砲

 獲物の写真があります。苦手な方はご遠慮ください。

 我が家の周りは池がたくさんあります。どの池に、何時頃の時期に、どんな鴨がいるか、などはフィールドを絶え間なく歩いて蓄積したデータが物を言います。
 私の場合は山菜採りやきのこ観察にも山を歩いているのでこの辺の池にはかなり詳しくなっています。

 そんな恵まれた環境なので、夕方のお散歩ついでに鴨撃ちに出掛けることもしばしば…。

 今日は2年前偶々見つけた地図にも載ってないような小さな池に行ってみました。

 そぉ〜っと忍び寄るも鴨の気配は無く池に小石を投げたり「わっ!」と叫んでみたりしたのですがシーンとしたまま。
 こりゃダメだ、とワンコに「鴨ちゃんいなかったねぇ。今日はお終い。走っておいで!」と送り出すと、2頭揃って池の外周をひとっ走り。

  と、その時!「母さん達、ここにいるよ!」と向こう岸からファルが追い出してくれたのは、なんと!立派な青首!
 脱砲していたので間に合わず、慌てて弾を込めると次に出たのが真鴨の雌!
 これはセンチョーが見事撃ち落とし、近くにいたテラが潜る隙を与えず飛び込んでゲット!これで終わりかと思うとまたまた遅れて青首をファルが追い出す。
 しかし犬を小馬鹿にしたのか水面に現れ飛び立ちません。でも犬は犬でもそんじょそこらの犬ではないのだよ、鴨クン。ダイブしたファルにびっくりして飛び立ったところを仕留めました。そしてファルくん、余裕のレトリーブ🎶

 1犬、2足 、3鉄砲 とはよく言ったもので、犬がいなければ私たちはこの池を諦め退散するところでした。何時もながら彼らがもたらしてくれた自然の恵みに感謝です。今日もありがとう!

イメージ 1



 
 

開くトラックバック(0)

今期の猟期終了

 獲物の写真があります。苦手な方は回避してください。
 
 
 昨日3月15日で今期の猟期が終了しました。私は昼から仕事だったので実質14日が最終日となりました。
 
 今年の鹿猟は我が家の歴史に残る鹿猟になりました。
 
 今まで鹿と言えば、ハンター仲間たちとビーグルかハウンドを使った巻狩り、センチョーの単独猟、私と二人での忍び猟、の3パターンだけでした。
 私は巻狩りも忍びも別に嫌いではありませんが、うちのワンコがお留守番というのがかなり不満でもありました。
 
 私が猟を始めた大きな大きな理由は、犬と一緒のアクティビティを楽しみたいということからです。
 
 それも、人間だけが楽しんで犬にはストレスをかけるようなものは嫌でした。かつて訓練競技会に全国を走り回っていた頃、少なからず犬達に負担をかけていたように思います。
 
 犬も人も楽しめる、そしてお互いが協力し合える究極の遊びが私にとっては「猟」だったのです。
 犬がいなければ鉄砲の免許も取っていなかったと思います。
 
 よって犬達に留守番させることになる大物猟は私もそう積極的に参加する気になれなかったのです。
 
 でも今期の最後一週間で試験的に行った鹿狩りで、ファルがそれを楽しんで協力してくれるという大発見がありました。
 ファルは決して足が速くはありません。体も大きいから急峻な坂を上ることも出来ません。
 でも彼は彼の出来る範囲で私たちの手伝いをしてくれたのです。「何か人の役に立つことがしたい」というラブラドールの気質なのでしょう。
 
 
イメージ 1
 
 3月7日に初めて鹿の動きを止めてくれたファルは、11日、13日、14日、と活躍してくれました。
 
 11日は小さいサイズ2頭で、すぐ倒れた方は無視して走り出した方を捕まえてくれました。
 
イメージ 2
 
 
 まだあまり事態を把握していないテラも少しずつ経験を積んでいろいろと覚えてくれるでしょう。今は私の傍をあまり離れない足元犬になっています(笑)。
 
 
イメージ 3
 
 
 13日はサボットで即倒だったのでファルくん、確認に行っただけ(笑)。
 
 14日は連日の出猟でセンチョー、ファル、ともかなりお疲れモード。何故なら彼らは勢子でかなりハードな道を歩くからです。おまけに捉えた鹿の引き出しも相当ハードな道のり。まあこんなところだから巻狩りや罠が入ってないのでしょうね。
 私とテラは引き出しをほとんど手伝わないのでかなり元気(笑)。
 
 そこでこの日は私とファルが山道歩きの簡単なルートでの勢子を担当。
 開始5分で鹿発見!
 パン!と一応撃ってみたのですがそのまま逃走。ファルが最後の力を振り絞って追いかけてくれましたが当たってないのかかすっただけなのかそのまま消えて行きました(涙)。
 
 夕方終猟を告げるかのように雪が降り出しました。
 
 
イメージ 4
 
 その後とても当たりはしないはるか遠くの尾根を悠々と5頭の鹿が行き過ぎるのを唖然と眺めて私の今期は終了しました。
 
 今期は軽い怪我はありましたが、大きな事故も無く終えられたことに感謝します。
 
 偉大なる大分の自然に、今期一緒に猟をしてくれた仲間たちとその愛犬たち、そして何よりも私達の素晴らしい犬達に、
 
 ありがとう!!
 
 

開くトラックバック(0)

Lessons from a freethinking

 *獲物の写真があります。苦手な方は回避してください。
 
 3月になって暖かい日が数日続いたかと思うとまた寒波が押し寄せてきた日本列島。それでも大分地方は高気圧圏内に入ったのでかなり良いお天気になった昨日、センチョーと私、そしてワンコ達2頭で鹿を狙いに行きました。
 
 もうあちこち梅が真っ盛りです。
 
 
イメージ 1
 
 
 予てから私には夢がありました。
 
 それは我が家の犬達と互いに協力して四足を獲る事。
 犬と人が互いの役割を理解してそれぞれが自分で考え自分が出来る範囲での仕事をこなすこと。
 
 それは以前に読んだ「マールのドア」という本にかなり影響されています。
 
ーーーーーーーーーーーー以下、この本のプロローグより引用ーーーーーーーーー
 
 この本は、ぼくとともに暮らした、マールという名前の一頭の犬の物語だ。そして、都市化が進む現代の社会で生きなければならない犬たちの物語でもあり、さらには、犬の生活を枠にはめるのではなく人間のほうが生活を少し変えれば、犬がどんなに幸福に暮らせるかを語る本でもある。
マールは幸運にも田舎で生涯を過ごした。文明と野生の世界との境界が今でもまだ曖昧な、ワイオミング州北西部で暮らしたのだ。彼は犬用ドアを出入りして、広大な大自然に遊び、自由を満喫した。とはいえ、ぼくがマールとの生活から学んだことの数々は、どんな場所でも実践できるはずだ。犬用ドアをつけるという物理的な対策の効用もたしかに大きかったけれど、マールがぼくに教えてくれたのは、むしろ心や感情の領域にそうしたドアを設けることの大切さであり、それこそが犬の可能性を育てるという真実だった。訓練ではなく、仲間としての結びつきの大切さ。理論ではなく、実践だった。
そして、なによりも重要なのは、日々のどんな場面でも犬のリードをゆるめようという心であり、犬をできるかぎり頻繁に完全に自由にして、鼻の向くままに走らせ、自力で学ばせることなのだ。
 
ーーーーーーーーーーーーー 引用終了 −−−−−−−−−−−−−−−−−−  
 この本については犬飼いの間でかなり話題に上っているので興味のある方は是非読んでみてください。
 
 さてさてそんな私の理想ですがなかなかそう簡単には叶うものではありません。
 
 今は亡き俊足ステラをもってしても鹿を追い詰めることは出来ませんでした。巻狩り形式で狩るわけではないので鹿を追い散らすだけでは一生獲れません(涙)。
 
 ファルはこの5年間の山での数々の経験で自らがいろいろ学びました。それに至った経緯は省略しますが今のファルの頭の中に入っていることを想像すると・・・
 
 小さい猪だったら追いかけたら捕まえられることがあるのでとりあえず行ってみる
 
 大きい猪は怖いから見て見ぬふりをする。
 
 鹿は速過ぎて捕まらないので追いかける気がせん。
 
 ヤマドリは追い出しても私たちが獲ってくれたことは無いのでつまらん。
 
 あまり離れると迷子になるので適当なところでやめよう。
 
 鴨やったら任せておけ!
 
 まあいくらか擬人化はありますが(笑)こういった感じです。
 
 こんなファルと今はごまめのテラと、いつかは一緒に鹿か猪が獲りたい、という私の夢はかなうのでしょうか(笑)。
 
 昨日はセンチョーがいつも単独で行っている山に行きました。私が西側から登りセンチョーが東側から勢子で追いこんでくる作戦です。
 GPSがあるからセンチョーの位置は把握できるので安全面も大丈夫です。
 
 さてここでファル達を連れて行くかどうか、を検討。
 実は今まで何度も半矢で逃げられています。野生動物の生命力は想像以上に凄く、弾が心臓に当たっても何百メートルも走ることは決して珍しくありません。
 生き延びてくれるならば逃げられてもまだ良いのですが、どこかで行く行く死んでいるかと思うとそれはあまりにも可哀想。致命的な半矢は何としても見つけ出してやらなければなりません。
 
 そのためにはファルが活躍してくれるかも知れません。
 
 でも途中出会った鹿を追い散らす恐れもあります
 
 検討の結果、センチョーがファルと一緒に行動し、いろいろ経験させるため私がテラを連れて行くことにしました。
 
 20分ちょっとで待ち場に到着。テラと二人で息をひそめます。センチョーとファルの位置は直線距離で260メートル。
 
 鹿を追いかけてみようという気はほとんど無いのか、ヌタ場で転げるファル>無線より連絡有り。
 
 鹿がピッと泣いたけどその方向に気付いてないのか知らんふりのファル>無線より連絡有り。
 
 
 
 150・・・100・・・50、と二人は近づいてきますが鹿は現れません。周りは鹿が食べつくした笹の枝が生い茂り見通しが良いとは言えませんので、懸命に耳を澄ましますがコトリとも音はしません。
 
 そのうちファルの姿が尾根に現れそのすぐ後ろにセンチョーが。
 
 無線が無くても声の届く距離になったので、鹿が現れ無かったことを告げるとファルの匂いがわかったテラ(テラの背丈では目では確認できてなかったと思います)がセンチョーの元に走ります。
 
 その半分くらい行ったところでブッシュから鹿が!!
 
 センチョーの場所からは死角、私は慌てて銃を構えたのですが鹿は50メートルくらい前をほんの数秒で横切って行きました(涙)。
 
 このブッシュで静かに身を潜めていたのです。全く気付きませんでした。
 あ〜あ、と諦めて合流しようとしたところまた一頭!!
 
 これは逆に私から死角。センチョーが2発撃ちかけたと同時にやっと下半身が見えたのがわずか1秒。私も撃ちかけますが元気に尾根を下って行くように見えました。
 
 手ごたえを感じたセンチョーが全速力で鹿を追います。手ごたえを感じてない私はよっこいしょと歩き出します。
 
 その時!!
 
 鹿の悲鳴が「ピーピーピー!!」と鋭く響きました。そしてもう一度!
 
 その瞬間私の頭に浮かんだのは「ファルが追い詰めているに違いない!」でした。
 
 人間の目では探しきれないブッシュの中、普段の動きからは信じられない俊足でファルが追いつき、鹿の太ももに噛みついてその動きを止めていてくれたのです!
 
 私たちが撃ったもの、私たちが狙っているもの、それを的確に判断し、自らの頭で考え走り出してくれたファル。
 
 
イメージ 2
 
 
 もう嬉しくて嬉しくて、世界中に吹聴して回りたいくらいです
 
 ファルが追いついてくれてなかったらこの深い谷をまたまた必死で探して回らなければいけない所でした。正直、今まで半矢を見つけられたのは10パーセントにも満たないのです。
 
イメージ 3
 
 
 普段は糸の切れた風船みたいにぐうたらとしているファル。動きもスローだし、ソフトマウス。それなのにこの時だけはしっかりと鹿を抑えてくれていたのです。
 
 本当に頼もしい男に見えました。それは例えて言うなら、普段は家でテレビばかり見ているぐうたらパパが実は職場ではかっこよく仕事をこなす頼もしい男性だった、という事に気付いた時の驚きに近いかも。
 
 私のささやかな夢が叶った瞬間。私たちの間の絆がまた一段と太く頑丈になったように思います。ありがとう!!
 

開くトラックバック(0)

久しぶりの巻狩り

*獲物の写真があります。苦手な方は回避願います。
 
 昨日は久しぶりに巻狩りに参加してきました。
 竹田市神原はまだ雪が残っています。
 
 
イメージ 1
 
 
 生憎私たちの前には鹿は現れなかったのですが、仲間が合計3頭の2歳の雄鹿を仕留めました。
 
イメージ 2
 
 最若手が運び出し係
 
イメージ 3
 
 「ボクにかかればチョロいものさ♪」
  お前は何もしとらんやろ!
 
イメージ 4
 
 解体作業〜
 
イメージ 5
 
 
 その後は川遊びに突入!長湯にも雪が残っています。
 
イメージ 6
 
 
 でもやっぱりラブラドール、凍るような水もものともしません。
 「にいちゃん!ボクも入ってみたい!」
イメージ 7
 
「ここまでおいで〜」
 
イメージ 8
 
 
 頑張って少しだけ足のつかない所に行ってみた!
 
イメージ 9
 
 今日もたくさんのこと経験して、肉体的にもメンタル面も少しずつ成長しているテラ君でした♪
 

開くトラックバック(0)

  *獲物の写真があります。苦手な方は回避してください。 
 
 今年は11月にルーキーが仲間入りして、その彼の為に多くの時間を割いたのでスロースタートになった鳥猟。
 2月になってからラストスパートをかけたのですが、なんとジムニーの車検があることを忘れてしまっていました。もっと早くに気付いたら先に対処したのにこの悪天候になってから気付くなんておバカさんです・・・・。
 
 ディーラーに出かけたジムニーさんの代車の箱バンが来た途端、雪、雪、雪・・・。
 一応四駆ですが山にはとても行けない(涙)。
 
イメージ 4
 
 というわけで実質13日に近場をちらっと回ったのが私たちの最後の鳥猟になりました。
 
 11〜15日の間にどうしても鴨が欲しかったのは重要な理由があるのですがここでははしょります(笑)。
 
 雨や雪は人間には最悪のコンディションですが、実は鴨や鳩も油断していて晴天より獲り易くはなっているのです。それでもこの寒さの中、センチョーとファルは大健闘です。拍手!
  
 ファルがいなければとても探し出せなかった鴨やキジバト。最近見つけるのが当たり前のようになっていますが改めて考えるととても素晴らしい仕事をしてくれているのです。感謝しなければなりませんね。
 
 そして事故も無く無事に鳥猟を終えられたことにも感謝。写真は2月11日〜13日の猟果です。
 
 
イメージ 1
 
 
 来期はルーキーも登板!?
 
 
イメージ 2
 
 
 今年もありがとう!ファルコン、我が家のエース。そして・・・
 
 5歳の誕生日おめでとう!
 
イメージ 3

開くトラックバック(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事