全体表示

[ リスト ]

奥州市の広報と一緒に配布されたものに「側溝汚泥等共同仮置場設置に伴う地元説明会の開催について(ご案内)」というものがあった。
 
福島第一原発の事故により飛散した放射性物質の影響で、事故前まで実施していた側溝等の清掃作業は、汚泥等の搬出先がないため滞っており、衛生面での影響が危惧されている。
そこで、側溝汚泥等を一時保管する「共同仮置場」を計画している。
前沢区に2ヵ所設置しようとする「共同仮置場」は、他の自治区からの汚泥等は搬入せず、前沢区内に分散する側溝汚泥等を集中管理することで、より安心を確保しようとするもの。
ついては、2月19日(火)午後6時30分から8時まで、前沢地区センター白鳥分館で「共同仮置場」設置についての説明会を開催するというような内容。
 
何処に仮置場を設置するのかなどの詳しい内容は一切書かれていない。
これは、説明会を聞きに行った方がよさそう。
 
ということで、2月19日(火)は日勤だったが、早めにあがらせてもらって説明会場へ。
18時10分頃に到着したら、既に会場内にはお偉方?が着座していた。
で、住民の方はというとまだ誰も来ていない様子で、一番乗り。
 
住民側のイスの上には説明資料が乗っており、一番後ろの席に座って資料をながめる。
それによると、
1.共同仮置場の設置場所は、「前沢下水処理場敷地内」と「胆江地区最終処分場敷地内」の2ヵ所。
2.仮置場の構造は、汚泥等を防水三層構造のフレコンパッグに入れ、防水シート被せて屋外保管。
ということらしい。
仮置場は、2ヶ所とも前沢区の南側で、区内に分散という感じはしない。
 
18時30分になり、説明会の開始。
説明側は奥州市の小沢市長を初め、市民環境部成果環境課・機器管理課原発放射線対策室、都市整備部土木課、前沢総合支所長、前沢総合支所市民環境課・総務企画課の10人。
それと岩手県環境生活部、県土木部、県南広域振興局から6人。
 
住民側は、明らかに地元住民と見られる人たちが自分を含めて14人。
後は、報道関係者と思われる人たちが5,6人。
地元住民は、ほぼ年配者でたぶん行政区長などやその経験者だと思われる。
 
開会の挨拶を市民環境部千葉部長が行い、次に小沢市長の挨拶。
イメージ 1
 
 
そして、市と県の出席者の紹介。
その後に原発放射線対策室橋本室長が、仮置場について説明。
イメージ 2
 
 
資料に沿っての説明で内容的には、
前沢区内の空間線量の推移と公共施設(学校や公園・地区センターなど)の除染状況。
「前沢下水処理場」については、過去の台風で冠水したことがあるので、盛土して保管する。
仮置期間は設置後3年間で、その期間内に具体的な処理方針を示し、対応策を実行する。
等など。
 
 
共同仮置場のイメージ図
イメージ 4
 
 
下水処理場の盛土構造図
イメージ 5
 
 
汚泥等を入れる防水三層構造のフレコンパッグの現物が用意されていた。
イメージ 3
 
 
市側が強調したいのは、
仮置場候補地の選定は、それぞれの自治区の住民で構成する共同仮置場検討会を組織し、検討してきた(暗に市が勝手に決めたんじゃないよということ言いたい?)
分散して置いておくより仮置場で集中管理した方が可視化による監視が可能で、空間線量などを定期的に測定することで安全・安心を確保できる。
放射線量的には安全なレベルのものだ。
ということに感じた。
 
35分程度の説明後に質疑応答。
質問「最終処分場に(ゴミ焼却場の)飛灰と主灰しか持ち込まないということになっていたはず。約束が違う」
回答「最終処分ではなく、3年の仮置きということであり、3年後には撤去される」
飛灰と主灰を最終処分場に持ち込むときの説明会での約束だったらしいが、市の回答は「ものは言いよう」だ。
仮置きとは言え、持ち込むことには変わりない。と思う。
 
他に、
「白鳥地区に2ヵ所も仮置場ができるのは、(最終処分場や飛灰主灰も含め)なぜ白鳥地区だけなのかという想いがある。特に、下水処理場は過去に冠水したこともあり、絶対に反対」(下水処理場が白鳥地区なのかは不明だがそう言っていた)
「側溝の汚泥上げをしなくなって、自宅脇の側溝が詰まり水が道路にあふれるので汚泥上げをした。
前沢総合支所の市民環境課に汚泥の処理をどうしたらいいか問い合わせたが、何の回答も無かった」
「以前の会議で3通り?の仮置場の構造の説明があって、その中の好きな構造を住民で選んでもらうと言っていたのが、なぜいきなりフレコンパッグでの保管になったのか?納得できない」
「最終処分場付近の県道や市道の傷みが激しくて、すぐに穴が空いた状態になる。3回くらい電話しないと見に来てくれない。もっと迅速に対応してほしい」
「本当に、3年で撤去するのか。そのまま、最終処分ということにならないのか」
「最終処分場の後は、飛灰と主灰で次はこれか、という思いが住民にはある。安全と言われても風評被害などで精神的負担が重い。広域分散という意味でも、他に設置すべきではないか」
等などの質問や要望。
いずれの質問者も憤りを感じるためか、何度も同じことを繰り返して話している。
気持ちは分かるが、もっと簡潔に質問した方が時間の無駄にならないと思ったりした。
 
これらの質問に対する市側の回答は「あくまでも地元住民の合意が得られなければ計画は進めない。
今回の説明会も話し合いの場ということであり、住民の声を聞くためのもの。
資料の中にも設置後3年以内に具体的な処理方針を示して、次の対応策を実行します。となっているので、とにかく3年後には撤去するということ」
などと回答。
 
質問が無くなり、最後に小沢市長があいさつ。
小沢市長は、放射線や放射性物質について良く勉強しているようで、かなり詳しい話ぶり。
 
20時10分ごろに終了と思ったら、
「素人が安全だと説明しても説得力がない。なぜ、専門家なりを呼んで説明させない。
それから、もっと放射能について住民に教育すべきだ。そうすれば安全か安全で無いかを判断できるようになる」というようなことを、これまたループで言い出した人がいてちょっとうんざり。
言うんだったら質問タイムにしてくれー!と思う。
 
結局は、合意が得られたとは言いがたく、「後日また話し合いの場を設ける」ということになった。
 
いずれにせよ、地元にしてみれば安全だと言われても、またかという市に対する不信感があるようだ。
確かに3年以内に撤去するとしているが、結局は何処も新たな受け入れ先が決まらず、最終処分場に埋めますってなるような気がする。
 
自分の立場としては、自宅が下水処理場から直線距離で1kmもないので、あまりいい気持ちはしないが、しっかりと放射線の測定や汚泥の流出防止などの安全が確保され、それがキチンと公開されるのであれば、積極的ではないが仮置場の設置はしょうがないだろうと思う。
 
被災地のガレキ処理の反対もそうだが、これらの負担を受け入れることによって地元住民が何かメリットが得られるということを提示するのも合意形成の手段ではないだろうか。
(いやまてよ、褒美方式だとかえって揉める元になるかも・・・難しい問題だ)
 
それから気になるのが、側溝の汚泥上げを地域住民で行うということ。
市自ら「どれくらいの放射性物質があるのか分からないので、集めて測定するのも目的」と言っているが、そんな危ない?ものを住民に処理(除染)させていいものだろうか?
それとも、キチンと防護方法をレクチャーして保護具などを配布してくれるのだろうか?
今回質問しないでしまったが、次回なり仮置場が確定したときなりに市に聞いてみたいと思う。
 
それと、仮置場設置の費用。
いずれ東電に請求するのだろうか?
したとして回収できるのか?
できなかったら税金でまかなうということだと思うが、そうなると仮置場を設置される地元は税金まで使われて踏んだり蹴ったりだ。
 
 
 
側溝の放射線量が気になったので2月20日、自宅脇の側溝を測定してみた。
イメージ 6
 
側溝のフタとフタの間の隙間部分に直接放射線量計を置いて測定。
 
0.30μSv/h
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ついでに他の場所も測定。
 
イメージ 7
 
庭の高さ50cmの位置。
 
0.21μSv/h
 
 
2011年9月に測定したときは、
0.33μSv/hだった。
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
雨水マスのフタにじか置き。
 
0.40μSv/h
 
 
2011年9月に測定したときは、
0.64μSv/hだった。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
リビング。
 
0.11μSv/h
 
 
2011年9月に測定したときは、
0.20μSv/hだった。
 
 
 
 
 
 
2011年9月から約1年半で、リビングはほぼ半減、庭と雨水マスは2/3程度に低減している。
雨水マスはまだ高い値だが、場所が限定されるので問題なさそう。
 
ただ側溝の汚泥上げなどをする場合は、飛散物が体内に入り内部被曝する可能性があるので、やっぱり市にはしっかりと対応してもらいたいものだ。

閉じる コメント(2)

そうなると、我々の出番かな?
と、水処理設備の仮運転が始まり 半ば徒手空拳の運転しています…
一段階、長い夜に、明け残り
そして明け日勤であります
ヤレヤレ

2013/2/20(水) 午後 6:37 えいとまん 返信する

顔アイコン

えいとまんさん
当方は明日が明け日勤なのですが、次の日から3連休なので楽です。
でもそのツケで、その後は7日連続勤務です。
なんとか回避したと思っているのですが、人手が足りず無理そう(笑)

2013/2/21(木) 午後 0:57 [ とん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事