ここから本文です
セロー寄り道日記 2
滋賀北部より>セローで林道・旧道・峠をウロウロしてます。

オイル交換の記録

2017/10/13

セローのオイル交換をしました。
自分の記録なので何もネタはありません(笑)

現在の走行距離29893km
前回の走行距離28259km

イメージ 3

だいたい2000〜3000キロくらいで換えるようにしてます。ちょっと今回は早め。

オイルは在庫です。
コメリで買ったカストロール5W-40
セローには充分でしょう。

イメージ 1



受け皿はいつものように段ボールの空き箱に新聞紙

イメージ 2



イメージ 5

セローのオイル量は1.2lですが、ジョウゴが小さいので600mlずつ2回に分けていれます。

はい。何もネタはなく終了w



ついでに、少し前にちょいと加工しましたの記録。
サイドスタンドセンサーを外しました。

イメージ 4



最近山でスタンドをおろしたらエンストすることが何回かあって、バッテリーかと思ってましたがどうやらコイツが原因だったみたいです。
これで解決しました。

スタンド出したままで走ると危ないけど、まぁそんなことはないでしょ!


以上、備忘録でした。
しかしきったねーバイクですな
オフ車なので許されますが(笑)


今日は今から会社の飲み会…
早く終わるといいな〜(笑)

この記事に

2017/10/11

その1の続き

勝地林道から山に上がり、延々西へ走って四叉路まで来ました。

この四叉路は
(1)北方向が本線
(2)南東方向が鉄塔広場へ向かうピストン
(3)南西方向の下りは幾里林道へ
(4)北西方向は霊仙山方面
この(4)へ向います。
全て最終的には行き止まりでピストンですが、そこそこ長くて眺望もいいです。

ここが四叉路。
向かって右が(1)本線、左が(4)霊仙方向です
イメージ 1


天気がよくてキモチイイ!
イメージ 2


途中にチェーンゲートの分岐が2カ所ありますが並行してるだけです。
無視して進むと最初のT字路(ココ

本線は右折方向
イメージ 4


左方向は地図では行き止まりです
イメージ 3

はい。ここまででした。
イメージ 5

地図ではAの場所です。
イメージ 6

本線に戻って進むと、途中から荒れ出します。
こんなのや
イメージ 7

こんなの
イメージ 8


よくあるこの手の倒木は
イメージ 9

こうしました
イメージ 10


二つ目のT字路に到着(ココ
イメージ 11

イメージ 13

ここへ来るのは2回目です。
1回目はKさんと初めて林道を一緒に走りましょうと連れてきてもらった時(2015年4月)です。
この時は左方向へ行って、右方向へは行ってませんでした。

どっちから行こうかな〜と考えてましたが・・・

とりあえず腹が減ったので昼メシにします。
イメージ 12


昼メシ後、先に未走行の右方向へ行くことにしました。
イメージ 14


ほとんど誰も来てないようですな
イメージ 15


動物よけネットを3枚ばかし過ぎると
イメージ 16


一人分の幅しかない道になって
イメージ 17


ここが終点
先の地図のDです。
まっすぐ250mほど下りると白谷林道ですが、道はありません。
イメージ 18


さて、分岐まで戻って左方向、C地点へ向います。
すぐに分岐があるので、左へ行ってみましょう。
イメージ 19


玉ヒュンの道を進むと
イメージ 20


行き止まりのB地点
イメージ 21


分岐を右へ行って
イメージ 22


ここが終点?
C地点です。
前回来た時はここにハイエースが停まっててびっくりした覚えがありました。
イメージ 23


先にも道がありますがかなり荒れてます。
たぶんすぐ行き止まりでしょう
イメージ 24

ということで、上石津林道の奥地探索の日記でした。
分岐が多いし、覚えてる内に記事にしておかないと、後から写真を見ても何がなんやら分からなくなります(笑)


今回は時間がなかったのでそのまま帰りましたが、次回は幾里ゲートの分岐にあるもう一つのゲートへ行ってみようと思います。
もっちゃん情報では路肩が抜けてしまったようですが・・・

あと、雨壺さんはそらまめさんの地図を持参して行かねばなりません。

もう少ししたら猟期に入るし、伐採作業が始まるかも知れないので、早めに行きたいですが・・・
時間できるかなぁ



この記事に

2017/10/11

久しぶりに上石津林道に呼ばれた気がして、本日行って参りました。

前回はいつだったかと思い出せば、昨年2016年11月に来て以来でした⇒記事コチラ
この時はいつものKさんと一緒でした。
絶叫社長でなく、絶叫ダンプ運転手にメッチャ怒られた時ですw


ここは近いし眺望はイイし、距離が長くて全線ダートという奇跡のような林道なのですが、あれ以来行ってないのはもったいない。
天気もいいし久しぶりにわくわくして出かけてきました!


ルートは萩原林道。ココから西の端までめざします
イメージ 2


ところが、このゲート
昨年11月に来た時、Kさんによると今までずっと開いてたらしいのですが・・・
今日も閉まってます。
イメージ 3
しかも呪文がきかない!
昨年は効いたんですが、呪文が変わってます。
同じSOLなんですが・・・
イメージ 19



いきなり出鼻をくじかれてイヤな予感がしましたが、とりあえず勝地峠経由で上ることにしました。
ココから
イメージ 4

勝地ゲートは、なんと!
錠前がありません。カンヌキだけ。
これは嬉しいw
イメージ 18




本日は平日でしたが、作業は全くしてません。
平和な林道です
イメージ 5


しばらく進むと「雨壺さん」の案内板があります。
20分とありますし、そらまめさんの記事によると楽勝らしいので行ってみることに。
そらまめさんの記事はこちら↓
イメージ 6

しかし・・・それらしい御神木や祠は見当たりません。
こんな森の中をウロウロしてみましたが・・・
イメージ 7
帰って復習してみると、全く方角違いでした。
看板の方角(東)方向とばかり思い込んでウロウロしてましたが、雨壺さんは看板から西方向だったようです。
そら見つかるわけがありません。

日本一分かりやすいそらまめさんの地図を勝手に転載w
イメージ 20


これを持って行くべきでした・・・
またの機会ですなw



今回の上石津訪問は、先日の台風豪雨被害の状況確認も兼ねてました。
もっちゃん氏のレポによると8月の台風でハデにやられたらしいです。
記事はコチラ⇒ 速報 上石津林道崩落。

もっちゃんレポは「最深部」とのことなので、東側はどうかと思っておりました。
しかし大丈夫!
崩落したっぽい場所はちゃんと修復されてます。
イメージ 8

イメージ 9

ココはいつ崩れるかと思ってましたが、今回の台風豪雨でも大丈夫でした。
イメージ 10


天気も晴れてきたし、振り返ると稜線に走ってきた林道が見えます。
この光景が見られただけで満足です!
イメージ 11


ヘリポートも行けました。
イメージ 12

四叉路から鉄塔広場へも問題なく到達。
青空がキモチイイ!!
イメージ 1

イメージ 13

イメージ 21

イメージ 15

さて、一つ気になってることがありました。
冒頭の萩原ゲートの呪文が変わってた件。
勝地ゲートは通れますが、南(幾里)ゲートが通れるか(呪文が変わってないか)
幾里ゲートが通れないと、延々勝地ゲートまで引き返さねばなりません。

確認しに寄り道。
大丈夫でした。前のままです
イメージ 14


ということで、時間の余裕もあるし天気もいいし、四叉路から西方面へ探索に行ってみましょう。
イメージ 22

イメージ 16

長くなってきたんで続きは次回。


本日のログ貼っておきます。 
イメージ 23

イメージ 17




この記事に

箱館山 コキアパーク

2017/10/10

ヨメさんとプチドライブに箱館山へ行ってきました。

ここは冬はスキー場なんですが、雪のない時期に「ゆり園」や「コキアパーク」をされてるようです。ワタクシ行くのは初めて。
駐車場脇から入る酒波谷林道へはよく行ってますが(笑)


10月15日までということなのと、割引券と無料券をもらったので行ってみようかと・・・
定価は大人一人1850円と少々お高いですが、入手した券で一人700円で行けましたw


メタセコイヤ並木を通って
イメージ 2


箱館山スキー場へ。
駐車場からゴンドラリフトに乗ります。
残念ながら曇ってて琵琶湖も霞んでました・・・
イメージ 3


ゴンドラ山頂駅
標高は627mと高くないし、この日は10月とは思えない暑い日。
半袖1枚で散歩するにはちょうど気持ちいい気温でしたね。
イメージ 4


さらにここからペアリフトで見晴台へ。
イメージ 5

肝心のコキアですが、上の写真の脇に少しあるのと、ペアリフトを下りてから少し下った所にありました。


HPの写真では
イメージ 6
↑あたり一面、どこまでもコキアがあるように見えますよね?


実際はこんな感じです。
プロはうまく撮りますね〜
イメージ 7

先日RKパパさんが行かれたひるがの高原のはもっと大規模なんでしょう。
ま、ワタクシこの手のものにあまり興味がないので充分ですw


そうはいっても写真は何枚か撮りました。
イメージ 1

イメージ 8

イメージ 12

しばらくぶらぶら散歩したり、休憩したりしてましたが、あまり時間をつぶすモノはありません。
滞在時間は30分程度でした。


下りのゴンドラ
なかなかコワイですw
イメージ 9

イメージ 10


下界に下りて駐車場から出ると、酒波谷林道の入口看板が目の前にあります
目の前にあるので(笑)ちょっと寄り道

いつもの絶景ポイントですが、やっぱり霞んでて残念でした。
イメージ 11
ゴルフはバッテリー交換してから快調です!



以上、プチドライブの記録でした。


この記事に

2017/10/06
備忘録です。林道やバイクのネタではありません。


私のメインの車はVWゴルフです。
ブログにも何度か出てきてますので、一部の方々はご存知かと思います。
このクルマ、2009年式ゴルフV型の最終型で、Ⅵ型が発表された後に購入して8年目、走行距離は現在17万5000kmです。
これまで大きなトラブルもなく「当たり」の車だと思ってましたが、さすがに寄る年波には勝てず(笑)先日バッテリーがヘタってしまいました。


1週間ほど前の話。
通勤前にコンビニでコーヒー買って、エンジンかけようとしたらセルが回らない。
前日あたりからセルの回りが弱いとは思ってましたが、いきなり突然死ですw
ケーブルは積んでるので、とりあえず隣に停まってたお兄さんに助けてもらいました。
仕事からの帰りもやっぱりかからない。
これは職場の人に助けてもらいました。


とりあえずバッテリーを充電してみましょうかと、充電器をゴソゴソ探してみたら
あったあった!
イメージ 2
ご覧の通り、かなりの年季モノです。昭和ですな。
とりあえずバッテリーに繋いで一晩放置。

翌朝・・・セル回りません。なんだっそら
どうもこの昭和の充電器、壊れてたようです(笑)
ランプが点かないのでおかしいとは思ってたんですが(←気付けよ)


ダメ元でコイツでも丸一日充電してみました。
バイクのバッテリーと一緒に買った1000円の充電器
出力が1Aなので無理かなと思いつつ・・・
イメージ 4
やっぱりダメでした(←分かるやろ)


ということで充電器を買いにホムセンへ。
しかし高い!7000円とか10000円とかしとるぞオイ

結局アマゾンになりました。
某ホムセンで7000円台のが4579円
イメージ 3

これで一晩充電してみました。
しかし世の中甘くありません。
セル1回目はエンジンかかりますが、一旦止めたら2回目はセルが回りません。
やっぱりバッテリーが寿命のようですな


純正バッテリーはディーラーで交換すると4万とか5万とかのボッタクリ価格らしいので、これまたネットで探しますと互換品があります。

イメージ 5

パナソニックは国産ですが2万超えで高いので却下。
ACデルコとボッシュで比較して、ボッシュにしました。
15,730円・・・高い!
ま、ディーラーのボッタクリ価格に比べれば安いのでガマンしましょうw
イメージ 1
重さ18kg。メチャメチャ重いですw


充電器も買ってしまっているので事前充電します。
イメージ 6


さあ、ここまで長い道のりでした。
悪あがきで充電してみたり、ネットで買い物したので日にちがかかりました。
やっと交換できます。
といっても別に難しい作業ではありません。

純正はVARTA製
イメージ 7


バッテリーを外すとメモリーがリセットされてしまうので、モバイルブースターを繋いで電源が切れないようにしてみました。
結果的にこれはダメでしたが(笑)
イメージ 8


純正と比較。
容量の大きいのにしたので、幅が少し広いです
イメージ 9


下にバッテリーを固定する金具があります。
ツメはぴったりはまるのでしっかり固定できました。
イメージ 10


ところが、純正と大きさが違うので保温カバーの長さが足りません。
メンドウなのでそのままです。奥の方が寸足らずw
イメージ 11

とりあえずカバーできたので良しとしましょう
イメージ 12

エンジンをかけてみました。
セルがキュキュッ!と気持ち良く回って一発始動!
あ〜キモチイイ(笑)


考えてみたら、純正バッテリーは2009年から7年も使えたので上出来かもしれませんね。
これでしばらく安心して乗れそうです。
ゴルフは気に入ってるし不満な点もないし、何より他に欲しい車がないんですよね〜
強いて言えばジムニーが(ry
今年ヨメさんの車を買い換えてしまったのでお金も苦しいしw
来年の車検は通して、めざせ20万キロで乗り続けると思います。

しばらくゴルフに乗れない間、ハイゼットで通勤してました。1日はセローで通勤しましたが朝晩寒いし、軽トラがあってよかった〜(山にも行けるし)


以上、バッテリー交換の備忘録でした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事