ここから本文です
セロー寄り道日記 2
滋賀北部より>セローで林道・旧道・峠をウロウロしてます。
2017/08/10

直撃台風5号の影響で各地の林道に被害が出てないか気になってましたので、近くの林道の見回り調査をして参りました。

ホントはこの日、多賀周辺(権現谷や五僧)へ確認に行くつもりだったのですが、フットワークの軽いそらまめ閣下がいち早くレポされましたので、ワタクシは他の林道へ調査に変更。
そらまめ閣下の記事はコチラです
まさにワタシが行こうとしていたコースでしたね。ちょっと悔しい(笑)



まずは八草林道です。
滋賀県側、日の裏林道から上っていくと、こんなのや
イメージ 28


こんなのがありましたが、崩落やデカイ倒木はありません。
イメージ 29



ちょっと拍子抜けでしたが、あっさり峠に到着。
イメージ 30


お地蔵さんのお供えは台風で吹っ飛んでました
イメージ 31


不法投棄の(笑)空瓶もきちんと並べておきましたよ。
イメージ 32


さて問題は下り(岐阜県側)
普段から荒れっぱなしですが、台風でかなり荒れてました。
↓右の路肩が抜けてます
イメージ 33



道が川のようになっててザブザブ走る!
これちょっと楽しいです(笑)
イメージ 1


上からの土砂崩れと、路肩も抜けてますね。
ここも強引に赤土のドロを乗り越えました
イメージ 2


手前に水たまり、その向こうに粘土みたいな土砂の山
タイヤがめり込んで脱出に苦労しました。
すでに体中ドロまみれですw
イメージ 3


ここは前から路肩が抜けてた場所です。
さらに狭くなったような・・・
イメージ 4


ここもドロドロ地帯
イメージ 5

写真以外にも土砂が流れてる場所が複数。なかなかエゲツナイ状態でしたw
苦労しましたがなんとか出口に到達
イメージ 6

ということで、八草林道は岐阜県側がかなりヤラレてます。
山からの土石流はブルで何とかなりそうですが、岐阜県側は今までほとんど放置プレイなので期待できませんねぇ。
路肩が抜けてる場所もあるし、四輪では厳しいと思います。
バイクなら行けますが、タイヤがめり込むので泥土が乾いてからの訪問をオススメします。



さてお次は鳥越林道です
イメージ 7


こちらはさっきとはうってかわって快適です。
道は水浸しで川になってたり、小石の流水跡がありますが、走行には全く支障がありません。
土石流もこの程度↓
イメージ 8


峠が見えてきて、アッサリ到着かと思いきゃ

最後の最後にこんなのが出てきましたw
イメージ 25

木が生えたまま上から滑り落ちてます。
足跡があったのでどなたか調査には来られてたようですね。


峠まではすぐそこ!
悔しいのでチャレンジしてみましたが・・・
イメージ 9
水を含んだ柔らかい土でタイヤがめり込むし、なかなかの傾斜で空転するだけで上がりません。
写真はタイヤがめり込んでセローが倒れない状態(笑)

別の角度からもチャレンジしましたが、やっぱり無理でしたw
二人やったら行けたかも・・・
イメージ 10

ということで、鳥越林道は岐阜県側の峠の手前で崩落。
現在は通行できません。
岐阜県さん、よろしくお願いしますね〜
八草林道は後回しでいいので、ココは早めにお願いしたいところです



鳥越林道の反対側が気になるので、国見林道の状況視察を兼ねて滋賀県へ向かうことにしました。


R303 久瀬ダム放流中
ついつい写真を撮ってしまいますw
イメージ 11


春日から国見峠を目指します。
イメージ 12

国見林道岐阜県側は全く問題なしです!
数年前まで長らく工事してた崩落箇所も、今回の雨ではビクともしなかったようです。

あっさり峠に到着
曇ってるのが残念ですが、メッチャ涼しい!
イメージ 13

イメージ 34


滋賀県側に下りはじめると、すぐにこんなの。
ここはいつも土砂が出てくる場所ですが、やっぱり流れ出てました
イメージ 14


脱出後の振り返り。
見た目以上にドロが深く、最後の丸太が滑って苦戦しましたw
四輪は無理でしょうな
イメージ 15


他にもこんなのが数カ所
イメージ 16


展望台も曇ってました・・・残念
イメージ 17

この後は特に問題なく、下界へ下りることができました。
国見林道は二輪なら大丈夫。
滋賀県側のドロ流出箇所だけですが、たぶんすぐ撤去してくれると思います



さて、ここから鳥越林道へ行く際に使うショートカットがあります。
旧伊吹町吉槻から、旧浅井町鍛冶屋へ抜ける「七曲り峠」です。
(大して面白くない舗装林道なのでこれまで紹介してませんw)
その峠へ向かいました。

いきなり「通り抜けできません」とあります。
イメージ 18

そのまま進むと、
ありゃ〜やっぱり崩れてました。
確か一昨年も崩れてたハズ。場所もこのあたりだったような・・・
イメージ 19
でも左端に辛うじてスペースがあったので、ここは強行突破しました



鳥越林道入口へ到着。
「工事中」はたぶん土砂撤去工事でしょう
イメージ 20

土砂が流れた場所は何ヶ所もありましたが、綺麗に撤去されて道幅が確保されてます!
すばらしい
イメージ 21


ラーメン展望台はこの天気w
イメージ 22


心配してた崩落もなく、無事に峠に到着!
イメージ 23


岐阜県側の崩落箇所はここです。
峠から数百mってとこでしょうか
イメージ 24


最後にスイートキッスで休憩して帰りました
イメージ 26


ということで、
八草林道:滋賀県側は問題なし。岐阜県側は二輪のみ通行可能(難所が多数)
鳥越林道:峠付近に大規模崩落で通行不可。それ以外は問題なし。
国見林道:峠付近にドロの難所が1カ所。それ以外は二輪なら通行可。
七曲り峠:オフバイクのみ通行可(強行突破)

少々長くなってしまいましたが、今回の台風後の林道被害状況でした。
林道好きの皆様の参考になれば幸いです。



明日から世間はお盆休みですが、ワタクシお盆明けまで仕事です。

でも20日は休みに変えました!
昨年は仕事中にサボって外出して行ったとんねるコンサート今年は堂々と行けそうです(嬉)



イメージ 27




この記事に

台風後の高時川

2017/08/08

迷走しまくった台風5号
これまで幸いにも豪雨災害にはあまり縁のなかった滋賀県北部地域でしたが、今回はモロに直撃になり、大雨で各地で被害が出ました。

姉川が警戒水位を越え決壊。
被害に合われた方々はお気の毒ですが、自然災害はなめたらあきませんな。
恐ろしいです・・・
ワタクシの家の周りはとりあえず大丈夫でしたんでホッとしております。


今朝は通勤前に(姉川の支流)高時川を通って様子を見てきました。
車の中からの写真なのでよく分からないと思いますが・・・
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
普段の姿から想像もできない川幅と、とんでもない水量。
ゴウゴウ流れる濁流と速い水の流れ!

近くに行くだけで正直恐ろしいです。
橋の上で写真を撮るために止まるのも恐ろしい
車を降りるのも恐ろしいような濁流。

でも夕方には水位も落ち着いたようで、取りあえず安心しました。


となると気になるのがここらへんの林道の状況です。
この雨でメチャメチャになってないか、崖崩れや路肩の崩落がないか心配ですね。
また現地調査に行かねばなりませんw




話は全く変わって、6日の夜のオハナシ

電車で大垣へ行ってきました。
イメージ 5
「水都まつり」ということで、ゆかたのネーチャンがたくさんいました。
そんな中で待ち合わせしたのはオッサン2人w


お祭りには目もくれず、向かったのは居酒屋です(笑)
イメージ 6
若乃花プロデュースの店を予約していただいた、山神さんと飲み会でした。
今回ぬまさんも呼んでいただき、林道好きの3人で楽しく飲むことができました。

山神さん、ぬまさん、先日はありがとうございました!

また飲みましょう!


以上、とりとめのないただの日記でした。

この記事に

訪問者数50,000

2017/08/04

ふとアクセス数を見ると、なんと50,000を超えておりました!

イメージ 1
引き算すると昨日の段階でキリ番になってたようです。
残念ながら見逃してしまいましたがw


数日前のクイック先生の記事(200,000突破!)に比べるとまだまだですが、比べる方が間違ってます(笑)


昨年(2016年)8月にヤフーブログに引越ししてからちょうど1年。
地味なブログですが、たくさんの人に見ていただけてとても嬉しいです。
なかなかネタがなくマメに更新できませんが、これからもこんなペースでボチボチやっていきます。

とにもかくにも皆様方々、本当にありがとうございます!

イメージ 2

イメージ 4




これからも・・・
イメージ 3



今後ともご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします!


この記事に

秋町隧道敗退日記

2017/08/03

山神さんに「秋町隧道へ行こう!」とお誘いを受け、本日行って参りました!


秋町隧道とは・・・
岐阜県高山市 御母衣ダム(1961年竣工)によってできた御母衣湖の右岸道路(岩瀬秋町線)にある隧道です。
この道はとっくに廃道になってまして、当然隧道も「廃」です。

過去には大御所ヨッキれん氏(2009年)も行っておられます。
画像お借りしました↓
イメージ 2


山神さんがこの記事(友達限定記事)で、隧道から2〜3キロのところまで車が入れることを発見され、「秋まで待てないので行こう!」ということになった次第です(笑)


待ち合わせは荘川の道の駅
9時集合なので自宅を6時過ぎに出発。遠かった〜w
イメージ 1
天気は悪いです。
です
まあ小雨やし、歩きなので炎天下よりはいいかと・・・


山神さんのデッキバンに乗せていただき、いざ廃道へ。
R156からここを右折します。
イメージ 3


途中からダートになって、こんな道を進むと
イメージ 4


この看板は!
「山行が」で見た看板です
イメージ 5



イメージ 6


湖面の遙か向こうにダムが見えました!
イメージ 7


ガケすれすれの道!
助手席に座ってるとゾクゾクしますw
イメージ 8

ちなみにガケ下は絶壁
イメージ 9


入り江の奥へ向かいます。
この奥に橋が2つあって、前回はハイエースが停まってたとのこと。
少なくともそこまでは行けます。
イメージ 10


今日もハイエースが停まってました。
イメージ 11

イメージ 12


デッキバンを停めて、ここからは歩きです。
ちなみに小雨ですがまだ雨が降ってます。
薮漕ぎになるので長靴に履き替え、山神さんはカッパ着用。
私はカッパを持ってきてなかったので、ペラペラのパーカーで代用。
クマ鈴付けて、傘も持って、いざ出発!


ハイエースの前はいきなりコレ。
葉っぱがことごとく濡れてるので、あっという間にずぶ濡れですw
イメージ 13

このあたりまでは微かに踏み跡がありますが・・・
イメージ 14


途中にコンクリ橋があり、この橋を越えると踏み跡がなくなりました。
草も伸び放題で背丈くらいあります。
おまけにデカイ落石がゴロゴロ。でも地面が全く見えないので歩きにくい!


ひたすら薮漕ぎです。
まさにグリーンヘル
イメージ 15

どこが道やら・・・
「山神さんを探せ」状態ですw
イメージ 16


ずぶ濡れになってやっとココまできました。
薮がちょっとマシになった開けた場所で休憩。
入り江を抜けて湖の向こうに尾神橋が!
イメージ 17
しかしここでまたもや雨(傘さしてますw)
現在地を確認すると、わずか数百メートルしか来てません。
目指す秋町隧道まではたぶん2キロ位ありそう。
ざっと時間を計算すると、まだ1時間半以上薮漕ぎしなければなりません。

相談の結果、諦めました
無念の敗退です


とりあえずココまで来たので、山神さんをパクって記念の1本(笑)
イメージ 18

車まで戻ってきたら、中から外までビショビショ
こんな時期に、しかも雨の日に行くってのが間違いだったんでしょう(笑)
今回は時期が悪すぎました・・・



今回のルート
イメージ 19


歩いたのはわずかこれだけ(笑)
イメージ 20


ちなみに隧道まではまだまだあります。
果てしなく遠いw
イメージ 21

残念な結果になってしまいましたが、これはリベンジせねばなりません。

春になってしまうと間違いなく崩落しそうなので、狙い目は薮が枯れた晩秋〜雪が降るまでの間!
山神さんとリベンジを誓い、帰路についたのでありました。


山神さん、今回は誘っていただいてありがとうございました!
次回は頑張って隧道まで行きたいです
11月に入ったら日程調整しましょう!


以上、秋町隧道敗退日記でした。


この記事に

そーめんツーの道具

 
大した記事ではありません。
自分の備忘録です。



先日のそーめんツーでは、それまで使用していた道具を小改良しました。
もれしゃんさんのような地味でマニアックな世界には及びませんが、自分的にそこそこ満足できたので、紹介がてら記録しておきます。


今回のそーめんセットはこちら
イメージ 1
・冬場のおでんツーにもつかった丸コッヘル(20年以上前に買ったアルミ製)
・ダイソーで300円で買ったザル
・ガスボンベ250サイズ(ラーツーの時に持って行く110サイズでは足りません)

これらをサッポロビールの6缶パックに付いてきたオマケケースに入れます。


以前はザルがうまく収まらず、フタもガタついてましたが・・・
イメージ 2
このダイソーのザルは取っ手が取り外しできる優れものです。
コッヘルの中にに取っ手を外したザルを入れ、その中にボンベを逆さまに入れるとぴったり!
ガタガタ音&キズ防止にタオルハンカチを敷いて、ボンベは適当なメッシュケースに入れました。
これでフタもしっかり閉まった!よしよし



サッポロビールのオマケケースには少し余裕があるので、ザルの取っ手とガスバーナー、洗剤&スポンジをすき間に入れることができます。
イメージ 3

こんな感じ
イメージ 4


ファスナーもしっかり閉まりました。
隣のチェリオ缶コーヒーはサイズ見本ですw
イメージ 5

しかしこれだけでは素麺を茹でるだけしかできません。
食べるためには麺つゆを入れる容器が必要ですが、このケースには入りません。


仕方ないのでマグカップを別に持って行きましょうw
そーめんの後にコーヒーも飲みたいし・・・
イメージ 6

マグカップもガタつき防止にこうしておきます
イメージ 7
これ、ペットボトルを買ったら付いてきたおまけのカバーです(こんなのばっかしw)


これでひとまず完成。まだ改良できる点もありそうですが、そこそこコンパクトになったしまあエエやろといことで。
夏はカップラーメンというわけにいきませんし、湧き水で食べるそーめんはメチャウマ!
この夏ももう一回くらいはそーめんツーに行きたいですな〜



そーめんも旨いけど焼肉もいいですね(笑)

一之瀬ツーリングの時にケッパコさんからいただいてしまった「エセザワテッパン」
残念ながらまだデビュー出来てません(ケッパコさんスイマセン)
なので焼肉ツーができてません。
この状態でいつでも出動OKなんですが・・・
イメージ 8
一つ気がかりなのが、上の写真にもあった中華製バーナーのゴトクが小さいこと。
この重量級のテッパンを乗せるには不安があります。

試してみると乗るには乗るんですが、ちょっとバランスを崩すと滑り落ちそうです。
せっかく焼けた肉が滑って落ちたりしたら泣きますw
中華バーナーのゴトクを改良するか、別のバーナーを準備するか、何か考える必要がありそうです。

いずれにしても秋には焼肉ツーへ行こうと思っております。
林道メシのバリエーションが広がって楽しみが増えますね〜!




早く涼しくなってほしいです(笑)


イメージ 9




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事