ゆきパパランニング

10月13日奥武蔵フル 10月14日奥武蔵フル 10月21日アクアライン(フル)10月28日水戸(フル)11月3日ぐんま フル
10月13日(土曜日)、10月14日(日曜日)2日間開催の奥武蔵もろやま/よこぜ2daysマラソンに参加しました。
表紙には、なんと。
『世界初。フルマラソン×2(2日間)』の文字
イメージ 1

そもそも2日間連続で、まともにフルマラソンは走れるのか❓
イメージ 2

1日目往路42.195kmコースは、主に林道を使いスタート地点海抜99mから約870mまでは上り基調の30km。
途中、距離調整の為に下り坂と上り坂折り返しおまけ付き。
そして残りの12kmは海抜約870mから237mへの激下り坂。
2日目復路42.195Kmコースは、ほぼ同じコース逆を走る大会です。
イメージ 3
今回から、写真は防水、高画質のスマートフォンHUAWEI P20PRO持参。
しかし写真を撮るたびに、暗証番号を入れるのが実に面倒。そこで。
顔認証をオプティマスで登録できるのか?
ダメもとで何度やっても、オプティマスでは顔認証はできず。
その程度で顔認証したらセキュリティ対策意味ないですよね。
イメージ 4
埼玉県の西部にある毛呂山町(毛呂山総合公園)がスタート場所。(ウルトラマラソンのオクムと同じ)
イメージ 5
午前8時30分号砲!一斉に林道に向かいます。



イメージ 6
いきなり、この坂です。40km弱は上り坂、下り坂とお友達。ほぼ平地はありません。
イメージ 7
走れるところは、皆さんしっかり走ります。
イメージ 8
給水のエイドです。この大会は、9か所のエイドの用意があります。
コースは舗装道路、約4kmごとのエイドがあるので、私の場合、補給物資を持ち込む必要がありません。
イメージ 9
天文岩を背景に記念写真!
スマホは自撮りできてGOOD!
イメージ 10
10km地点、ここで海抜400m到達。
イメージ 11
天候は曇りですが眺望が良くなってきました。


イメージ 12
行けども行けども、これなんです。
イメージ 13
イメージ 14
顔振峠エイド午前10時15分到着!
往路13.8km地点。
顔振峠は海抜500m。
スタートから1時間45分経過。
イメージ 15
追い打ちをかけるように『上り急勾配』の標識
この前の上がってきた坂は急勾配でないのか?
イメージ 16
笠杉峠に午前10時29分到達!
海抜552m
イメージ 17
20km地点午前11時6分通過!
2時間36分。
涼しいので、まだ何とか走れる。
イメージ 18
イメージ 19
刈場坂峠海抜818m午前11時43分到達!
イメージ 20
通常、奥武蔵ウルトラマラソンでは直進しますが、ここで左折。
ひたすら下り坂で折り返しポイントを目指す。
イメージ 21
しかし折り返してコースを登ってくるランナーが笑顔でない。
ということは。。。。。。
頑張るランナーに手を振る!
イメージ 22
台風の影響か?
途中落石箇所を通る
イメージ 23
大野峠午後0時32分通過!
4時間2分。海抜855m
イメージ 24
30km地点12時34分通過!
4時間4分
イメージ 25
イメージ 26
県民の森午後0時45分通過
ガーミンではこの付近で海抜875m
イメージ 27
35km地点午後1時10分通過!
4時間40分
イメージ 28
イメージ 29
県民の森から下り坂を走って40km午後1時42分通過!もうすぐ、ゴール。
標高800mから市街地へのジェットコースのようなコース。
5時間12分
イメージ 30
キター!秩父!武甲山が見えます。
そのままゴールの横瀬町町民グランドへゴール!

イメージ 31
イメージ 32
往路一日目 42.195km 記録5時間25分
舘山大会長から特別賞を頂きました。

イメージ 33
大会費用に食事券500円が含まれており、この券でとりめしの弁当を購入。
イメージ 34
着替える前に、オプティマスで弁当を食べました。
ゴール後ランナーの皆さんと談笑しました。
すでに1日目で、力を使い果たしたオプティマス。
次の日朝4時起床し自宅を午前5時に出発して復路で筋肉痛で走れるのか?
そして、大会後に着替えて仮の姿で電車を乗り継ぎスタート地点の駐車場へ車を取りに戻らくなくては。。。。
とほほ。
イメージ 35
2日連続で走るには、洗濯と乾燥をどうするのか?答えは初コインランドリー。
イメージ 36
午後10時、自宅近くのコインランドリーで自動洗濯機1回500円、乾燥機10分100円(中温)で清掃完了!

次回、翌日の復路42.195kmです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

第30回記念会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンにオプティマスは参加しました。
昨年は、バンブルビーでの参加でしたが、今年はオプティマスでのチャレンジ。
場所は、福島県会津若松市内。
大会の見どころは、鶴ヶ城飯盛山折り返し、七日町駅を折り返しの今年からコース刷新。
鶴ヶ城を見ながらのハーフマラソンは、楽しみの一つです。
大会規模は今年過去最高の8556人とのこと。
イメージ 1
昨年は年間通してバンブルビーでしたが、今年はオプティマスで。
しかし、少しくたびれたトランスフォーマーのオプティマスプライム。
イメージ 2
立派な80ページ以上のパンフレットです。
この大会の良いところは、事前にこれらの資料とゼッケン送付があること。
遠方からの参加する場合、ゼッケン事前送付は助かります。
パンフレットの右下に鶴マラと記載がありますが、鶴マラと呼ばれているんですね。
イメージ 3
大会が数日に大型台風25号が九州を北上し、東北地方への影響が心配されるなか、ホームページに
上記のように開催趣旨を発表。
東北地方で開催されるマラソン大会が早々と開催中止を発表する中、開催の連絡は嬉しい。
しかし、10月6日土曜日午後5時に中止の発表も懸念される中、関東地方から出発しました。
イメージ 4
当日の天気予報はどうでしょう。
台風の影響が予想される中、天気は曇り、気温も25℃以下、素晴らしい。
風が6mがどうなるか。
表面積が広いオプティマス。めっぽう風には弱い。
イメージ 5
10月6日前泊は、郡山ルートインに宿泊
綺麗に洗濯と修復されたオプティマスにゼッケンを装着
これで、明日の戦闘に参加できる。
イメージ 6
さて、当日の天気は心配しながら、郡山のホテルを午前4時50分に出発、一路1時間10分かけ車で会津若松市へ。駐車場は6時会場、今年は大会会場近くの駐車場を利用でき、本当に助かりました。
会場であるあいず陸上競技場からの天気は厚い雲ですが、雲の流れは速く、心配された風も盆地なのかあまり感じず。これは、気持ちよく走れる予感。
イメージ 7
コースは、標高差は44.4m最高点254.9m最低点210.5m。
会津若松市は、意外と標高高いのね。
イメージ 8
本日、ご一緒いただく郡山営業所社内メンバーと会社関係のお客様とご挨拶して一緒にスタート地点最終ブロックEブロックへ。
あまり仮装のお仲間は少なく、かなり異色。
イメージ 9
午前8時30分にスタートの号砲
コース内にある綺麗な鶴ヶ城に感動。
新コースを堪能しました。
今年の新コースの方が、沿道の応援も多く、見どころ、アップダウンもあり素敵でした。
今後も、新コースで開催してもらいものです。
写真を取る目的、写真が綺麗な大きなスマートホンを持参したオプティマス。
今年は鶴ヶ城をブログにアップする予定でした。
エイドの食レポをする予定でした。
しかし、1枚も写真が撮れませんでした。
理由・・・・・・・・・『顔認証が認識されません』
やってしまった。
最近のスマホはパスワードを入れなくても、顔でロックを解除してくるあの機能。
仮の姿で認証してました。
オプティマスで、顔認証しておけば良かった。
(´Д⊂グスン 大失敗

ということでコースの写真はありません。
何とか、多くの声援をいただきゴールへ。
多くの皆様有難うございました。
イメージ 10
ゴールで、手作りのお仲間がいました。
素晴らしい自作の衣装。
コミュニケーション有難うございました。
子供たちとも、一緒に写真を沢山撮りました。
イメージ 11
こちらの方も素敵な衣装でした。
応援で会場に来たそうです。
イメージ 12
今年もお誘い頂きましたお客様と社内(郡山営業所)メンバーと一緒に記念写真。
多くのメンバーと声を掛け合いながら走り、レース後に懇親会も最高でした。
最初、お会いした時は仮の姿でないのでびっくりされてましたが、今ではオプティマスも違和感なし。
イメージ 15
レース結果は、ハーフマラソン部門ネット2時間14分
風速6mで2時間14分は上出来。
イメージ 13
レース後、東山温泉瀧の湯へ。
イメージ 14
温泉でスッキリして、懇親会の会場、福島市へ
イメージ 16
マラソン後、懇親会は次の走りの原動力。
一人一人、今日のマラソンのコメントを発表し皆で拍手。
出来たこと、出来なかったこと。
来年への抱負。
7kmでリタイヤしたこと。
楽しいひと時はあっという間です。
イメージ 17
お酒が入ると皆さん陽気。
持って来たのは私なのですが、満員の居酒屋さんでこれはないですよね。
レースも懇親会も充実の1日でした。

今週も土曜、日曜10月13日、10月14日フルマラソン2大会あります。
オプティマスで参加します。
標高差600m以上、アップダウンが半端でないフルマラソン2日連続に完走できるか?
今度は、オプティマスで顔認証して写真レポ出来るようにチャレンジします。
ロボで顔認証できるのかな?

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

9月15日〜17日うつくしま、ふくしまジャーニーラン250kmのレース報告です。
結果はCP7郡山まねきの湯122.4kmまで時間内に走り途中棄権です。
同僚のおっTランナーのタカちゃんは、この時間に180km付近を走っています。
ぜひ、ゴールに到着してもらいたい。
イメージ 1
福島県南相馬市サンライフ南相馬が、大会説明会とスタート場所でした。市長からランナーにむけて、震災復興やレースに向けての暖かい話しを頂きました。
レースではありますが、ゆっくりとふくしまの今を感じて走ることが大切なことを感じました。
写真は、市長ではありません。
スポーツエイドジャパンの舘山大会長です。
ここ南相馬までのアクセスは、私は、福島駅11時30分から南相馬市役所行き13時10分着のバス。途中休憩10分有り。
中通りから浜通りなので、かなりながい乗車のバスでした。
イメージ 2
参加資格に必須の14時30分〜17時開会式、競技説明会に参加しました。
今回、第1回なので情報はスポーツエイドジャパンからのホームページ情報のみでした。
長い距離を安全に走る為には大切な説明会でした。
地図を持って、決められた時間迄にCPを複数到達しなくてはいけないので、走力と地図読みも必要です。
なにせ、スタートが夜18時ですから、真っ暗なんですよ。 
100km超えるオリエンテーリングですね。
イメージ 3
一番嬉しかったのは、48.6km地点伊達市霊山のこどもの村入口の駐車場でサプライズ応援を頂けたことです。
標高500m超、鈍足なので到達したのが、午前1時。
仕事関係でお世話になっているランナーのA部長、差し入れも頂き有り難うございました。この場をかりて御礼申し上げます。

第1トラブル
15kmの歩道で、木から垂れ下がった枝に額を当てるアクシデント。
通常当たらないとは思いますが、身長181cmあるので、枝まで気にしてませんでした。
これで眼鏡が外れ少量出血。多少の顔の傷は勲章ということで。

第2トラブル
8月から熱がなく咳が止まらないんです。
薬で咳を止めりゃ走れると思ったのが、大間違いでした。
薬に眠気をおこす成分があること。
深夜2時から、真っ直ぐ走れない。
後ろのランナーから『眠いんデスカ?
教えて貰って、咳止めの薬の副作用と気がつく。
午後3時全く走れなくなり、1時間以上歩き。
沢山のランナーに抜かれ、誰もいなくなりました。

しかし、諦めかけていても、復活するキッカケがあるのは、ウルトラマラソン。
キッカケは、トボトボ歩いていた暗闇に賑やかな2人の女性ランナーに救われました。
走る歩幅があっていたこと、とにかく明るくポジティブ、お名前は聞きませんでしたが、暗闇の山の中から福島駅迄、走ることで走れるようになりました。

イメージ 4
復活した福島駅前
イメージ 5
昼間は、睡魔から解放され、気温もかなり上がる。 
お決まりのガリガリ君あまおう
ふくしまを自分の足で走ると広さを感じました。
秋の収穫を前に田畑は実っておりました。
イメージ 6
なんとか、CP4二本松市智恵子記念前94.5km
体調回復。普段どおりのジョギングペースで、他のランナーと話しながら楽しく走る。
ジャーニーランは、旅なのでランナーとの情報交換出来るところが、素敵です。
イメージ 7
計測器とチップ。白は250km部門ランナー、青は122km部門ランナー。
イメージ 8
だんだん、雑になってきます。
細かいことが、気にならなくなります。
次はゴール
イメージ 9
ゴールではなく、途中棄権。
122kmランナーは、まねきの湯郡山市が、ゴールです。
250kmランナーは、ここまで来て、コースの中間点。
すごい大会です。
ここで棄権でお願いします。
スタッフさん
お風呂入れば、後半戦やる気になりますよ
お風呂入ってから、考えましょう
『ね』
まねきの湯、リフレッシュしましたが、丁寧に計測器は返却しました。
他のランナーにもリタイア慰留の話しをされておりました。
イメージ 10
完走証はありませんが、私の記録です。
サロマ湖ウルトラ100km12時間43分で走ってますので、今回、ゆっくりふくしまを見ることが出来るジャーニーランでした。
楽しい大会でした。
 


同僚タカちゃんを探せ。
レース後、車でコースを探しました。
猪苗代湖あたりは、雨でした。
イメージ 11
CP9会津若松市レクリエーション公園で、仮眠して復活したそうです。170km地点で発見。
是非、今、現在、チャレンジされている250 kmランナーの完走を祈念しております。
250kmランナーは少ない中、さらに途中棄権のランナーで減。
猪苗代湖周辺を車でコースを走るとランナーとランナー間2kmあいているところもありました。
コース上走っているランナーは少なく、コースを見失うことなく、暗闇の雨の中、走れる精神力は相当なものです。
9月17日20時がゴール関門です。
 
次回からオプティマス、バンブルビーでの通常参加です。
 

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

9月8日森林公園deランニングフェスタ2018ハーフマラソンに参加しました。
今回は、翌週に走る『うつくしま、ふくしまジャーニーラン250km』の足馴らし。
森の中を涼しくジョギング。
甘い考えは大きな間違いでした。
イメージ 1
9月に入り少しは、少しは気温が下がると予想してましたが、見事に期待は打ち砕かれました。
イメージ 2
予想気温30℃、体感温度35℃。
なんとか、2箇所のエイドにある、かぶり水で、冷却して体温維持。
イメージ 3
公園内の広場で、皆さんと準備体操。
スタートに並ぶと『見てるだけ…で暑い』皆さんどん引き
イメージ 4
そして、今回は、この人も。
イメージ 5
3km弱のコースを周回走なので、スタート、ゴール地点を何回も通るので、声援を沢山貰い走る力になりました。
イメージ 6
大きな公園なので、お子さんも一杯。
この子は、何を思っていますかね?
イメージ 7
平坦な公園と思ってましたが、アップダウンがあり、気温も高く走るのは大変。
イメージ 8
しかし、ゴール迄しっかり21kmを走りました。
イメージ 9
完走後に参加賞の野菜を頂きました。
しかし、これが重い!
森林公園の駐車場までの道のりを沢山の荷物と1.7Kg野菜を持って歩くのが大変でした。
イメージ 10
記録はこちら。
イメージ 11
翌日、しっかり洗いました。

9月15日  うつくしま、ふくしまジャーニーラン250kmは、これで頑張るぞ
追伸 仮装ではなく仮の姿『人間』で走ります。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

海まで行きたい。

いつものジョギングコースにある気になるこの表示。
お盆休みを利用して8月13日午後6時21分に自宅を出発し、海までマラニックを行いました。
イメージ 1
イメージ 2
今回のマラニックのポイントは、4つになります。
①夜間、背中に荷物を背負い12時間以上体を動かすこと。
②マラニック前後の体重を計測すること。
(下記のソックスは、ItoiteX SEMILONG SIZE M)
イメージ 4
(和紙とシルクのソックス)
イメージ 3

④コースは、コンビニ補給ができる国道・県道を使う。ゴールは、お台場フジテレビ前とする。
川越から山手通りまでは、大江戸コース。
イメージ 5
19:50川越市街から一路川越市内へ
かなりの気温があり汗が噴き出る。
イメージ 6
20:14川越市内、時の鐘前通過
イメージ 7
20:35セブンイレブンにて夕食
イメージ 8
20:47東京まで36Km表示。
東京とはいったい東京のどこなのか?
22:19ローソンで店内休憩
イメージ 9
22:49志木ジャンクション前通過
イメージ 10
22:50腰につけるヘッドライトで、腕振りはしっかりできる。
イメージ 11
23:19新座市に入り暑さで路上休憩
イメージ 12
イメージ 13
0:21埼玉県から東京都。
やっと成増駅前(6時間4分)
イメージ 14
2:01セブンイレブンにて店内休憩。
最近のコンビニは、飲食するテーブルがありマラニックには助かります。
夜間のコンビニは冷房が効きすぎで寒い。
イメージ 15
2:17マラニックは走りながら色々なものが目に入ります。『無断駐車は注射します』(笑)
イメージ 16
2:56JR池袋駅通過
3:23地下鉄新大塚駅通過
3:39ファミリーマート大塚一丁目店にて店内休憩
4:17東京ドーム通過
4:22JR水道橋駅通過
イメージ 17
4:49夜が明けました。やっと皇居
イメージ 18
5:18有楽町マリオン前のベンチで休息
5:33銀座交差点通過
イメージ 19
5:38歌舞伎座前通過
イメージ 20
5:42銀座ショーウインドガラスに映る自分を撮る
イメージ 21
6:13晴海大橋通過太陽が昇りかなり暑い。
もうやめたい。
イメージ 22
6:18地下鉄新豊洲駅前 (11時間55分)
6:22東京都中央卸売市場豊洲市場
これいつになったら開場するのでしょうか?
イメージ 23
6:36豊洲ぐるり公園よりレインボーブリッジを望む 
イメージ 24
イメージ 25
6:45お台場ファーストリテーリング前の芝生で休足
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
7:08お台場フジテレビ前ゴール
12時間44分何故か時計は42.41マイル
イメージ 29
イメージ 30

<独り夜間マラニックのまとめ>
①信号機のルールを守り12時間44分体を動かすことができた。又、体へのダメージは全くなかった。
②体重増減。マラニック前71.85kg→マラニック後70.35kg(マイナス1.5kg減量に成功)
イメージ 31
ItoiteX(和紙とシルクのソックス)ワセリンも塗らなく全く足裏へのダメージもなかった。9月のマラニックで使用決定。
④近くの河川敷にあった標識には、海まで67.0kmと記載があり、今回、ルートは違うものの自分の足で計測したガーミン計測で68.25km。
ほぼ同じ距離であった。
普段、長時間体を動かすことができないので、来月のマラニックにむけて良い経験になりました。

この記事に

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事