ゆきパパランニング

1/28勝田(バンブルビー)2/11サンシャイン2/18青梅
東松山市元旦早朝マラソンに、今年も参加しました。
大晦日の紅白、ゆく年くる年、除夜の鐘も記憶に新しい起床1月1日午前5時30分。
外はまだ真っ暗。
着替えを頑張れば、初日の出に間に合う時間。
外気温は-2℃、正直走るには辛い。
実は、3年ほど前に5時に起床して二度寝してしまい、起きたら午前10時でDNSの残念な年もありました。
毎年『もう今年でこの大会は卒業にしよう!』と思っていますが、又、懲りずにエントリーしてしまう大会です。
43年間も継続しているので、きっと沢山のファンと大会関係者に支えれているレースなのでしょう。
今回の参加者は県内外から700名のエントリーとのこと。
パンフレットには、集合時間午前7時東松山市役所(小雨・小雪決行)
イメージ 1
イメージ 2
参加賞は、スポーツメーカーのタオルをいただきました。
<レース記>
イメージ 3
第四部10km午前8時30分スタートが今回参加する種目。(制限時間80分)
一昨年は、仮の姿で46分でゴール。
今年は、バンブルビーでの初挑戦はいかに。
先に第一部2kmの子供たちのスタートを見送る。
元旦早朝なのに子供たちは元気、そして私よりずっと速い!親御さんの応援も力が入っている!
イメージ 4
子供たちのレース後、早速、車の中で初着替え。
今日は、息子をカメラマンと着替えに動員したので着替えは安心。(契約内容:お小遣い1000円+食事)

午前8時30分スタートの10分前にスタート位置、最後尾へ
このマラソンは、計測用チップを持たなく、係員が一人一人タイムを読み上げて記録用紙に記録する昔ながらのマラソン運営です。
私はこの方式がとても懐かしく感じてしまいます。

元旦早朝マラソンに参加する選手は、ガチで走るランナーとお見受けして、バンブルビーのような人間ではないランナーは見渡すところいない。(笑)
先にゴールした小学生のお子さんや親御さんからご依頼で写真を一緒に撮り、ニッコリ。
他の大会でも、『◯◯の大会でバンブルビー見かけましたよ!』とのお声がけ頂く。
午前8時30分スタートの合図!
スタートして感じることは
『ペースが速い!』
『ついて行けない!』
元旦から走るランナーの気合について行くには、ロボットでの1km/5分6秒ペースは正直厳しい。
衣装が擦れてバキバキ音が。。。。『衣装が壊れる!』
イメージ 14

イメージ 5
手作り感満載のコース図
これでは、わからないのが高低差。
下記の標高差概要は5km往路用、これを復路でも走るので、案外コースはアップダウンが多い。
イメージ 6
一本道5km地点をUターンして10kmまで戻るコース。往路、復路ともランナー同士の応援ができるのがこのコースの良いところ。
あわよくば、10km記録49分にチャレンジしましたが、バンブルビーの背中の羽根に向かい風があたり失速。
復路は精彩を欠く走りに。
新年の走りなので、気持ちはしっかりと。
イメージ 7
このあたりかなり中身の人は真剣に走ってます。
イメージ 8
『お父さん!黄色いロボットに抜かれないでね!』
応援の子供さん。

『すいません』上記の写真、たぶん、そのお父さん抜かしてしまって、猛烈な追走を受けている決定的な写真です。
イメージ 9
イメージ 10
1km/5分27秒ペースです。
イメージ 11
ゴール間際のタイム計測前を通過中
イメージ 12
一人しか通れないようにパイロンでコースを狭めて、ゴールへ選手を誘導してタイムを付けています。
計測用チップがない昔のマラソン大会が懐かしい。

10km 記録 たぶん55分ぐらい(バンブルビー)

イメージ 13
元旦から良い汗を流せました。
バンブルビーではタイムは狙えないので、来年は、オプティマスで参加します。(やっぱり参加かい。。。笑)

次回は、1月28日(日)茨城県の勝田全国マラソンにバンブルーは最後尾ブロックからスタートします。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

12月24日年の瀬in所沢マラソン(仮装の祭典)にバンブルビーで参加しました。
会場-埼玉県所沢市所沢航空公園内。
イメージ 1

コース-所沢航空公園特設コース13周(1周3,246m)
種目-42.195Km(制限時間7時間)
表彰-仮装大賞(順位表彰無し)

女子の部280名男子の部716名合計996名の内かなりのランナーが仮装で走るレースは、短い時間でしたが楽しいひと時でした。
まわりが仮装ランナーなので、公園の芝生の上で近くの方にお願いして着替えのお力添えをいただきました。
<レース記>
今日は、おっTランナーお姉さま方とみちるんさんのお仲間さんがエントリーしているとの情報があり楽しみ。
ざっとみてランナーの半数以上が仮装しているのではないでしょうか。走らなくても応援だけでも楽しそう!
皆さんの衣装は手作りが多数で、その出来栄えに目をこらします。午前9時スタート。
スタートしてすぐにおっTランナーお姉さま方を発見、
『ナイスおっさん!』ご挨拶としばしご一緒RUN。
普段、おっさんTシャツを着ているのが、今日はゴーじゃ〜スなお姉さまの皆さんご一緒な衣装。
フルマラソンを走るには大変そうですが、そこは百戦錬磨の軽快な走り。
羽扇子は持っていませんでした。。。。。

みちるんさんとお仲間さん発見。
イメージ 8
『ナイスラン!』一本下駄。これでフルは足首ヤバイ。
『次で仮装変えるからねえ〜』とのこと。
その後、何周かすると、どこかで聞き覚えのある声?
『もしかして、みちんるんさん?』


イメージ 9
『ナイスラン!』カオナシが横に手をつないでる?


イメージ 10
『ナイスシュール!』 カオナシの初恋


イメージ 11
『ナイス壁ドン!』 カオナシのLOVE


イメージ 12
『ナイスダンシング!』腕を回し手を回し交互に左右に
カオナシ達のありえない動きに吹き出しました。

実は動画にモザイクがかけられないので動画から静止画にしました。(残念)
動画では腕をグルグル振って踊っております。
イメージ 13
人を楽しませるユーモアがある、みちるんさんとそのお仲間さん。
本当に素敵!みなさん、写真ありがとう!
これだけパフォーマンスしてフルマラソン完走したら、凄いです!

普段の大会では1周約3kmなので退屈ですが、何度も仮装ランナーとご一緒するので、この距離は私には素敵な距離でした。
走りながら上手く撮れた写真の一部をご紹介します。
イメージ 2
『ナイスラン!』 食パンマンさん 快走素晴らしい!

イメージ 3
『ナイスラン!』お姫様と小人子供たちが可愛かった!

イメージ 4
『ナイスラン!』 C3POとR2D2  結構、リアル!
R2D2がどうやって移動するのか?
よ〜く写真見るとわかります?なるほど。

イメージ 5
『ナイスラン!』落ち武者さん Dバックに俵が入っていました。気さくに話をいただきました。

イメージ 6
『ナイスラン!』どう考えても2m50cmはある花嫁さん

イメージ 7
『四万温泉に入る浴衣のお二人』桶と手ぬぐい持って温泉入る格好なんです!

イメージ 14
『ナイスラン!』鉛筆さんと消しゴム、色鉛筆
色鉛筆を持った鉛筆さん初めてでした。

イメージ 15
『ナイスラン!』 小さなサンタさん メリークリスマス

イメージ 16
『ナイスラン!』 川越の時の鐘さん
この方、両手を出してない状態で、その速さに驚きました。
この状態で、つまづいたら、手をつけないでしょう!
仮装の感想を走りながらお聞きしたら『かなりキツイ』とのことでした。
どうか、転ばないで道中の無事を祈りました。

イメージ 17
『ナイスラン!』 流しのランナーさん
リクエストにもこたえるそうで、沢山の歌を走りながら歌ってました。
相当な数の持ち歌ないとフルできないですよね。

イメージ 18
『ナイスラン!』 浮世絵さん 写真を撮るのでポーズをとってもらいましたが、絵にそっくり。(笑)

イメージ 19
『ナイスラン!』受賞作品 ネコバスかな。素晴らしい。

イメージ 20
『ナイスラン!』 ムーミン谷の仲間達 受賞作品
これ全部風船です。どうやってこの衣装を着たのか?
これだけ膨らますのにどれくらいの時間かかったのか?風船を仮装の衣装にする視点が素晴らしい。

イメージ 21
『ナイスラン!』 受賞作品 ドラえもんのねこちゃん 可愛い!
正式な作品名はわかりません。
完成度が高く、動く可愛いお人形です。
これも、動画から静止画に切り出しました。
バンブルビーのバズーカを付けてもらいました!
この方の素敵な仮装を来年もみたいです。

イメージ 22
『ナイスラン!』 バンブルビー フル 5時間13分
走りながらランナー同士から声をかけたり、声をかけられたり。とても短い充実した時間でした。
走りながら感じたことは、『誰かを笑顔にしたい』という心を持ったランナー達が、この大会に集まっているいることを感じました。

イメージ 23
今日の完走の証としてビーズ・オブ・カレッジを通して子供達に贈るビーズはこれです。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
それでは、又。
次は1月1日東松山市元旦早朝マラソン10kmのレポ

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願いします。
2017年12月17日第4回はが路ふれいあいマラソンにバンブルーで参加しました。
種目42.195km 制限時間6時間
記録5時間24分
この大会は、栃木県真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町の1市4町で開催されます。
毎年参加しておりますが、今回もとてもアットホームな運営と多くの沿道の応援が素敵でした。
今回は大会の感想と動画で簡単に紹介します。

◯ランナーの参加人数が少なくストレスフリー
⇒フルマラソンなのに今回の参加者2149人。
◯アットフォームな運営
⇒ランナーよりスタッフさん、応援の皆様、ボランティアさんが多く、温かい声援を沢山いただきました。
いくつもの町や市を駆け抜けて行く為、それぞれに工夫をしたオ・モ・テ・ナ・シを受けました。
◯フルーツエイド&給イチゴ
⇒真岡市『日本一の生産量を誇るイチゴ』をはじめ、イチゴや梨の生産地である為、エイドにある沢山のイチゴや梨がとても甘かった。動画でも紹介しますが市貝町産梨のワイン入り梨ゼリーは逸品でした。
◯自然いっぱいの田園風景
⇒昔の田園風景!平地あり勾配有り飽きが来ないコースです。
◯SLがコース近くを快走する大会
⇒今回はマラソンそっちのけで、動画撮りました。
毎年、コースとSLが並行する区間がありSLとすれ違うのですが、今回は鉄路のそばで動画撮りました。
SL乗客から声援を貰いました!
マラソン大会でSLを見られるのは、そうそうないと思います。
レース名がふれあいマラソンですので、多くのエイドで出来るだけ立ち寄らせていただき、元気を貰いました。
はが路ふれあいマラソンの運営スタッフ、応援の皆様有難う御座いました。出来ましたら、来年も参加したいと思います。

今回、スタート前に麦わらさんとお仲間さんと待ち合わせて、集合写真とお話しを頂き有り難うございました。とても、寒いスタート前でしたが、心は温かくなりました。

イメージ 2

イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

大阪マラソンラストレポートです。
大阪マラソンゴールエリアには沢山の応援される人たちで一杯。
MCとゆずの曲『栄光の架橋』がゴール会場に爆音で流れる中。
曲のサビ部分で私達4人は手をつないでゴールしました。
もう、感動!
(動画 1分21秒)
この動画では、多くの人からの『頑張れ〰』の声、バンブルビーの左肩が破損している事、大人気のミニオンズ、感動のゴールなどが詰まっています。
なかなか動画でオプティマスとバンブルビーが走る姿を見ることはないと思いますので、いかがでしょうか?
イメージ 1
グロスタイムは、6時間29分 順位27400番台
ネットタイムは、6時間4分
『記録ではなく記憶に残る』レースでした。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
今回、みちるんさん(サンダル?の履物でみごと完走)、同僚のCOACHさん(サブ3.5)には、遅いペースにお付き合い頂き感謝です。
又、バンブルビーさんとは、大阪マラソンの記事をネットで拝見し、一緒に走りたいと思ったのが5年前、しかし連絡先もわからず。
その数年後、連絡先がわかり今年の大阪マラソンで念願のコラボレート。実現に3年間かかりました。(笑)
又、いつぞや全国のどちらかの大会で、ペアでご一緒出来ることを楽しみにしております。
イメージ 5
イメージ 7
イメージ 8

次回、ゆきパパの参加大会はバンブルビーでソロです。オプティマスは、来年までお休みです。
追伸 戦闘の後は、液体うたまろでクリーンにしました。
イメージ 6


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

<第二のトラブル>
順調に大阪市内を南下している二人と二体。
しかし、バンブルーさんから『壊れた!』の声
今度は、頭。
頭が壊れると、顔が露出して仮の姿になってしまう。
覆面レスラーの覆面を取ったのと同じで、完走はしても、ある意味苦い思い出。
イメージ 1
ランニングは完全停止。
路肩で補修作業。
なんとか補修材料で仮修復して、リスタート。
『遅れた時間を取り戻す為に走るピッチをあげよう』
<オプティマスとバンブルーの追突>
これだけの長い時間と距離を並走もしくは、一列に走っていると、このようなことがありました。
オプティマスが沿道からの差し出されたものを受け取りそこねて急停車。
そこに後ろを走っていたバンブルビーさんが、私に追突。ガシャーン。損傷はないものの。
お互い映画では、車なので車と車の交通事故。
『車は急に止まれない』ので気をつけます。
イメージ 2
<ハイタッチ>
大阪マラソン・奈良マラソンを走って感じたこと。
オプティマスと沿道の応援される距離が近い。
これは、沿道から沢山のハイタッチを求められ、それに応じることが、他のレースより多く実に新鮮に感じました。
可能な限りハイタッチするオプティマスとバンブルビー。
そして、子供から大人までハイタッチが上手。
各地でハイタッチする中で、大阪、奈良マラソンではタッチしても柔らかく痛くない。
今回、大きな声援と共にハイタッチで完走まで元気を貰い有難うございました。
イメージ 3
<まいどエイド>
33km付近にある大阪名物の『たこやき』を初めとして13万食以上用意(ガイドブック記載)のビックエイド。
やっと見えた食べ物毎ののぼり。
しかし、我々はタイムが遅く、食べ物は残念ですがありませんでした。
『遅いからしょうがないね。』
『13万食なくなることに驚き。』
『遠くからのぼりは見えるから、食べ物無くなったら、のぼりは撤去が良いよね』
笑顔で話しながらエイドを後に。
食べるものは、レースが終わってからね。
<心に残る声援や心に残るプラカード>
その二
ユーモアがある大阪マラソン。
沿道で『ベルサイユのばら』に出てくる宝塚歌劇団のような豪華衣装の一団に応援いただきました。
時間があれば話をしたかったのですが、どういう仲間なんでしょうかねえ。
8人くらいの方とハイタッチはしたのですが、走り優先で残念写真は撮れず。
手に持っていたプラカードが『宝塚過激団』
マスクの中で、笑顔になりました。
イメージ 4

ランナーズ・アイ 35km地点通過
グロスタイム 5時間26分 順位28300番台
スタートのロスタイムは、25分4秒、順位27300番台
なので、2つのトラブル対応時間を考えると順当なタイム。
これから35kmの先には、最後の上り坂、南港大橋。
途中、みちるんさんを補給で見失ったので、南港大橋の下りで3人と時間調整でノンビリウオーキング。
すでに、この地点では多くのランナーが徒歩。
4人が合流したので、最後まで走ろう。
イメージ 5
<心に残る声援や心に残るプラカード>
その三
ゴールも近くなり沿道で見つけたメッセージがこれ。
苦しいランナーに走れることの喜びを伝えてしました。
当選するのは、難しいですね。
苦しいのも当選できないと出来ませんからね。
『来年、大阪マラソンの当選を祈ってます。』
イメージ 6
応援プラカード『6年連続落選者』
ゆきパパは、大阪マラソンは第一回大会に仮の姿で走りました。プラカードを見ながら思い出しました。
第一回大阪マラソンは応援や仮装ランナーは多くビックリ。第7回になっても熱い応援は変わりませんね!
<ミニオンズに追いつく>
ミニオンズがあまりにも速く、全く追いつけなかったのですが、40km地点で追いつく。
イメージ 7
スタート地点で写真を撮ったのは一体でしたが、お仲間が一杯いたのですね。
沿道からは大人気でした。素晴らしい。
イメージ 8
ここまで41km、ずっとこのような並走で戦闘してきたトランスフォーマー。
普段、バンブルーさんが関西とオプティマスが関東でそれぞれ走っています。
昨年の奈良マラソン以来、トランスフォーマーとしてフルマラソンを完走できたことに感謝。
ソロで走るより本当に楽しかった。

長文になりましたので、次回。
12月15日午前6時掲載予定。予約投稿済み
1分21秒の編集動画も入れます。
ゴール編で完結です。
それでは、又。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事