セとナのルンルン山日記のブログ

元気に歩ける事に感謝して、山を楽しんでいます♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

山行日 2019年5月19日(日)

三時半に目覚ましが鳴る
外はまぁまぁの天気
会山行が中止になって

さてどうする?

四時、ブロ友のブログを覗く
yamasannpoさん、のんびり夫婦さん、リンゴさんの袈裟丸山を歩いた記事が目に飛び込む
そこにはアカヤシオの素晴らしい写真が載っていた

これは行くしかないでしょう

一年おき位にしか咲かないと思っていた
異常とも思えるアカヤシオの咲きっぷり
嬉しい誤算の袈裟丸山を5年ぶりに歩いてきました

折場登山口駐車場に6時50分に着く
足が遠のいていた理由の一つがこれ
覚悟していた路肩駐車だったがその数半端ない

これは小中側

イメージ 1

ガスがかかって生憎の天気

イメージ 2

イメージ 24

晴れたり曇ったりガスったり

イメージ 3

奥までずーっとアカヤシオ
傍まで行きたいが植生保護の看板とロープが所々に張ってある
好きな所を歩けたのも登山者が殆どいなかった昔の事
まぁこれだけの登山者が歩いているのだから仕方ないよね
登山道から奥を想像しながら写真を撮る

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


小丸山山頂

肉眼では日光白根山も見えるのだが
今日の目的ははアカヤシオをゆっくり愛でる事
なので前袈裟丸には行かずに戻りますよ
なんて理由を付けて戻ります

イメージ 7

途中から見える雨量計の斜面、ピンクに染まっています

イメージ 8

アカヤシオの合間にちょっと一息
カラマツの芽吹きが新鮮
心休まる

イメージ 25

上ばかり見ないでよ〜と
何時もの所に咲いててくれた高さ5センチほどのショウジョウバカマ
可愛いです

イメージ 9


帰りにツツジ平に寄ります

イメージ 10


ここは凄かった
今まで来た中で一番かな
会う人会う人笑顔・笑顔

イメージ 11


ツツジ平を眺めながらここで満足と言ってる埼玉から来た女の子を半ば強引に誘う
この後ハサミ岩まで一緒する

イメージ 29

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


1549Pで休んでいるご夫婦がハサミ岩に行くとか行かないとか
ツツジ平を誘った女の子と一緒に案内してもらう
踏み跡はしっかりしている

イメージ 17


歩いている間もハラハラと舞い散る花びらに
これもいいね〜

イメージ 18

ハサミ岩

自然の造形美にみな感動しながらしばし写真タイム

イメージ 19

ハサミ岩から振り返る

イメージ 26

イメージ 20

ツツジ平に戻る

埼玉からのご夫婦はこれから小丸山に向かうと言う
案内して頂いてありがとう
埼玉からの女の子は前袈裟丸からの帰り道だった
ちなみに朝の五時から歩いてたと・・・若いって凄いね〜
道理でツツジ平を眺めながら迷っていた
でも大満足だったので良かった、良かった

ここで皆と別れて私達はランチとする
来る人来る人
いいね〜笑顔
ランチをしながら袈裟丸山を良く知る人の話を聞く事が出来た
アカヤシオの咲き具合は去年の方が凄かったらしい
え〜どんだけ咲いたの
そしてアカヤシオの幼木がない事を心配していた
確かに言われてみればないね

ゆっくりランチを済ませ

名残惜しいけど戻ります

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 30

時々陽がさして

イメージ 21

慌ててパチリ
やっぱり青空が似合うね〜アカヤシオちゃん

イメージ 22

折場口登山口はまだこんな状態

イメージ 23

下りていく路肩も大分下まで路駐してあった
その中にバスがもう一台

会のみんなとこの素晴らしい花園を一緒に楽しめたらな〜と思った

三週続けてきたこともあったのは遠い昔の事
次に来るのは何時になるだろうか
と言いつつ
目の高さで見られるアカヤシオの魅力に

来年も来てしまうかもね 

ありがとう!アカヤシオ

イメージ 32
イメージ 31

開く コメント(18)[NEW]

開く トラックバック(0)

2019年5月12日(日)


山友がアカヤシオを楽しんでるだろう土曜日
そんな最高のアカヤシオ日和に孫預かりだ
それはそれで楽しいのだが・・・
今年はアカヤシオに会う事が出来ないかも
孫は可愛いがやっぱり山にも行きたい〜
日曜日は勘弁して〜山に逃げる

途中フロントガラスに雨がポツポツとそして道路には水たまりが〜
空はどんより雲に覆われている
山に逃げてきたので罰が当たったのかも
そんな事を思いながら県民の森に車を走らせる
しかし
途中からは晴れ間も覗いてアカヤシオ日和になった

イメージ 1


県民の森から少し先の体験の森のPに車を停める

ヤマツツジが綺麗

イメージ 2

ヤマツツジとミツバツツジのコラボ

イメージ 3

イメージ 4

鮮やかなミツバツツジ

イメージ 5

そしてシロヤシオ
全体に花付は良くない

イメージ 6

イメージ 7

ツツジ園は凄かった

イメージ 8

ヤマツツジの蕾が半端ない

イメージ 9

第二展望台は破損していて登る事は出来ない(禁止の張り紙)

イメージ 10

イメージ 11

鉄塔下のレンゲツツジも蕾が多い

イメージ 12

ヤマツツジのもの凄い蕾に圧倒される
満開の時に見てみたい

イメージ 13

イメージ 14

トウゴクミツバツツジ

イメージ 15

ツツジ園を過ぎてミツモチ山に向かう
所々ヤマザクラが残っていた

イメージ 16

広場に出た
直進は青空コース
右に登るとやしおコース
今回はやしおコースから青空コースを周回

イメージ 19

とその前にミツモチ山山頂へ
左側に見晴ピーク入口100mの標柱あり
山頂を踏んで広場に戻ってやしおコースへ

イメージ 18

広場から見るとここが山頂だと思ってしまいそうな展望台

イメージ 17

やしおコースに入ると早速アカヤシオ

イメージ 20

大丸

イメージ 26

大丸のアカヤシオは凄かった

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

アカヤシオを見ながら早めのランチと思ったがガスが出てきた
急に寒い空気になってきて
これは降られるかも・・・もしかして雷雨
先を急ごう

イメージ 25

さよなら又来るよ
ピンクに染まった大丸に別れを告げる

イメージ 27

大間々到着

風が冷たいので急いでランチを済ませ出発する

途中からお天気も大丈夫そうになったので
帰りは青空コースでのんびりと

イメージ 28

青空コースもアカヤシオアカヤシオ
後から後から現れるアカヤシオに嬉しくて笑いが止まらない
それにしても歩く人が少ないな〜
みんな前日にあるいてしまったのだろうか

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

時々笹薮の中に入ってみる

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

草原らしき所に出る
孤高の一本ヤシオなんて(笑)

イメージ 35

ミツモチ山の広場に戻った

イメージ 36

広場から朝登ってきた道を少し下った所から南尾根を下りる
ここも良く整備されていて歩きやすい

イメージ 37

アカヤシオは終わってしまっていた
しかし
ミツバツツジが凄い蕾を付けていた
咲いた時に歩きたいね〜

イメージ 38

しかし
下りにつれミツバツツジが咲き出していた

イメージ 39

所々にシロヤシオ

イメージ 40

イメージ 41

時々笹薮の中へ

イメージ 42

素晴らしい咲きっぷりのミツバツツジに感動
時間も忘れて・・・暫く見入る

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

檜林に出ると林道はすぐ
林道両側にはヤマツツジが咲き誇り何時もなら嫌になる林道歩きも楽しい

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49


アカヤシオに会いに行ったのだが
トウゴクミツバツツジにシロヤシオ、そしてヤマツツジとツツジの揃い踏みに感動
素晴らしい楽しい
大間々駐車場は満車だったがみんなどこに向かってたのか

静かに思う存分花を愛でる事が出来て大満足の一日だった

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)


行った日 2019年5月4日(土)
夜には双子の孫の18回目の誕生会がある
夕方までには戻らないといけないのでちょこっと八溝山を歩いてきた

目的はミドリニリンソウ

ミドリニリンソウあれこれ
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

これだけ見られれば大満足

群生しているニリンソウの中に
ミドリニリンソウが紛れ込んでいます
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


八溝山の花々

ササバエンゴサク
イメージ 10

ヒゲネワチガイソウ
イメージ 11

ヤマブキソウ
イメージ 13

シロバナエンレイソウ
イメージ 14

ミヤマハコベ
イメージ 15

コチャメルソウ
イメージ 16

コイワウチワ
イメージ 17

イメージ 18

ツツジの状況は

所々にミツバツツジ
イメージ 22

シロヤシオは一本だけが綺麗に咲いていた
あとはチラっとだけ
蕾もないので期待薄
イメージ 23

秘密の場所(盗掘の恐れがあるので)へ少し移動

イメージ 24



そして夜

孫の友達の近所のお父さんも同じ誕生日なので
二家族揃っての誕生会が賑やかに行われた

双子の孫の誕生会が出来るのも今年が最後
来年はそれぞれに巣立っていくであろうから

途中yugoroさんと嬉しいバッタリ 
静かな八溝山を満喫出来た一時に感謝

ありがとう八溝山

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

難台山のヤマツツジ

2019年5月2日(木)

令和最初の山は地元の山難台山のツツジ情報から

団子石から大急ぎで難台山往復

団子石に咲くウマノアシガタ
イメージ 1

団子山付近は見事なヤマツツジ
イメージ 2

僅かに残っているリンドウ
イメージ 3

プロムナードに行くヤマツツジは疎ら
イメージ 4

イノシシの暴れた後
イメージ 5


天狗の奥庭
イメージ 6

天狗の奥庭から筑波山
イメージ 7

屏風岩上の展望所
イメージ 8

イメージ 9

山頂に行く途中
イメージ 10

山頂
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

山頂から振り返る
イメージ 14

山頂より先の様子
イメージ 15


開く コメント(10)

開く トラックバック(0)


2019年4月28日(日)
平成最後の会山行は日立市にある御岩山から高鈴山の縦走でした(^^ゞ

会員13名が参加
御岩山までは観光客で混んでいたがそこから先は会う人も殆どなく
アセビの繁る道を淡々と歩いてきた

起伏のない道をのんびりと歩いて終わってみれば
疲れた〜の声があちらこちらから(笑)

御岩神社境内から御岩山に向かう

御岩山から那須連峰
イメージ 1

日光連山
イメージ 2

アセビの繁る登山道を高鈴山に向かう
イメージ 4

アセビの花
イメージ 3

高鈴山
イメージ 5

大島桜の咲く高鈴山山頂
イメージ 6

集合写真
イメージ 7


イメージ 10


金山百観音
イメージ 8

助川山展望台
地球が丸く見える
前方は太平洋
イメージ 11

助川海防城跡
イメージ 12

本丸館跡
イメージ 9

後は家々の花々を見ながらバスの待ってる駐車場まで歩く
何時もの山を登って下っての歩きとは違い
起伏のない道をただ歩いただけなのにやけに疲れた〜








開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事