全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

諏訪市中洲大字福島

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【諏訪市消防団第七分団第五部】

詰所:あり
脚:四本
屋根:四角形
見張り台:八角形
半鐘:あり

【備考】
国道20号線「四賀普門寺」の交差点から湖南方面へ。県道487号線と交差する「四賀赤沼」交差点を過ぎ暫く行くと道沿いに立っています。近くに福島公民館がありS字の所になります。
脚は四本。屋根が四角形で見張り台が八角形の「四脚四八型」の櫓です。半鐘は二つ。見張り台には半鐘の他には何もありませんが見張り台の直ぐ下に大小異なる12個のスピーカーが四方八方に向けて設置されていました。他にはホースハンガーがあり、赤い屋根が印象的でした。

開く コメント(5)

小美玉市田木谷

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

【小美玉市消防団第十六分団】

詰所:あり
脚:三本
屋根:十二角形
見張り台:円形
半鐘:なし

【備考】
旧鹿島鉄道・常陸小川駅跡地近くにある国道355号線と県道144号線とがぶつかる交差点(交差点名の表記はなし)の辻に立っています。
脚は三本。屋根が十二角形で見張り台が円形の「三脚十二丸型」の櫓です。半鐘はなし。見張り台には何もなくホースハンガーが二か所あるだけでした。踊り場の形(基本の形は三角形ですが)が変わった六角形で全体的に見ても余り見掛ける形ではないです。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【会津坂下町消防団第四分団第二部】

詰所:あり
脚:四本
屋根:八角形
見張り台:八角形
半鐘:あり

【備考】
喜多方市と湯川村との境に近い会津坂下町のほぼ北東部に位置する大字立川地区にある厳嶋神社の敷地内に立っています。県道127号線から北に400m程の所になります。
脚は四本。屋根と見張り台が八角形の「四脚八八型」の櫓です。半鐘あり。見張り台には何の設備もなく5台のスピーカーが見張り台の直ぐ下に設置されていました。また二か所ある踊り場には二つのホースハンガー用の滑車と半鐘がありました。他にも半鐘を吊るす為の切妻屋根の付いたフックもありました。残念ながら風見鶏と避雷針が折れたのかなく色は赤でした。尚、この櫓は昭和29年竣工で栃木縣大田原町(現大田原市)の林鉄工所製です。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【不明】

詰所:なし
脚:四本
屋根:八角形
見張り台:八角形
半鐘:あり

【備考】
会津西街道の宿場町、大内宿の中心部に立っています。
脚は四本。屋根と見張り台が八角形の「四脚八八型」の櫓です。半鐘あり。見張り台には6台のスピーカーとホースハンガー用の滑車が二か所についていました。半鐘はオフセットされていて櫓の色は黒でした。踊り場は2か所。所々の装飾が凝っていてなかなか格好の良い櫓でした。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

深谷市永田

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【深谷市消防団第二十五分団】

詰所:あり
脚:四本
屋根:八角形
見張り台:八角形
半鐘:なし

【備考】
秩父鉄道・永田駅から東に行き国道140号線を渡り暫く行くとある長楽寺の入口の対面に立っています。(花園インターCから北に1.2km程の所です)
脚は四本。屋根と見張り台が八角形の「四脚八八型」の櫓です。半鐘はなし。見張り台には何もなく中ほどの踊り場にホースフックと無線用と思われるアンテナがあるだけでした。尚、ホース搭と合体したタイプで全体的にどっしりした感がありました。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事