ホメオパシー健康相談SAHHO・ホメオパスと真のヒーリングを!

ホメオパシーの癒しの旅をホメオパスと。ホメオパシーレメディという癒しの乗り物に乗ってホメオパスはあなたと心・体・魂の旅をします。

全体表示

[ リスト ]

犬の耳だれ

イメージ 1


暑い日が続いています。ペットたちにも過酷な毎日です。我が家の老犬ラブラドール、オス、13歳も、毎年23℃に設定した部屋の中で夏を過ごします。

でも、この夏の暑さは特別だったようで、夏日が続いた8月上旬から耳だれに悩まされました。大きく垂れている左の耳に臭いにおいのする黄色くねばったミミダレが流れるようになりました。入り組んだ耳の中は赤くただれて触ると痛がって鳴きます。

他の症状はよだれです。口からあふれたよだれが床を濡らしています。食欲は普通ですが、老犬のためにおしっこが間に合わないことがあって床を汚しました。

今までにも耳に症状が出たことがあって、獣医さんからもらった点耳薬で押さえていた経験がありました。でも一時的な治療で症状を抑えるだけでした。再発を繰り返したので、その後はハーブオイルなどで自宅治療して治すのが常になっていました。


老犬は耳も目も遠くなり、唯一残るのはきゅう覚だけです。西洋医学の抑圧的な治療は敬遠しているので、今はホメオパシーレメディを使います。

今回の症状には、ミミダレ、耳炎、よだれ、暑さで悪化、慢性症状、というキーワードからMerc.(水銀)のレメディを使いました。

犬には今年から狂犬病の予防接種を控えています。水銀やホルムアルデヒドなどの有害な重金属を防腐剤で使っているので、犬のよだれの原因にもなっています。何よりも日本では狂犬病もないのですから、犬の体に負担をかけることはもうしたくないのです。

人間よりもずっと自然に近いペットたちですが、ものを言いませんから飼い主がきちんと状況を把握してケアすることが大切です。尻尾にできた良性腫瘍を獣医さんに見せたら、しっぽごと切ろうとしたこともあり、驚いて、その時にもレメディで治療しています。痕跡化して再発はしていません。

体に優しい治療は人間と同じようにペットたちにも必要なことです。いえ、もしかしたら人間よりもずっと自然体のペットたちにこそ、必要なことのような気がします。

<A href="http://home1.netpalace.jp/sahho/">ホメオパシーセラピールームSAHHO</A>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事