SetsyのHappy Life

自閉症息子(41歳)の抗精神薬害を乗り越えてー栄養療法で回復中
イメージ 1
ナイアガラの虹 (カナダ側から)

諸般の事情からしばらく更新を休みます。
皆さま、暑い夏をご無事で乗り切ってください。



断薬後8ヶ月

イメージ 1



















心療内科・藤川徳美医師の近著



リスパダール断薬から8ヶ月:

連日の猛暑で息子はバテ気味。エアコンによる除湿と、水分補給で日々、規則正しい日常を送っている。京都の夏は蒸し暑い。

家の中を走り回る多動症と電灯をバチバチ、トイレの鍵をカチャカチャする強迫行動は、近頃なりを潜めている。ビタミンB群200mgに増量して、B3をアミドからフラッシュフリー750mgに変えた後1ヶ月以上、この状態が続いている。

高タンパク+低糖質の食事療法、サプリメントによる栄養補給療法は続行中。言葉は相変わらず出てこない。ただし、こちらの言ったことはきちんと伝わっている。また、自分の欲求は言葉で表現してくる。言葉によるコミュニケーション(感情を含めた相互交流)はない。

このあたりは、栄養療法で自閉症を治療する限界を感じる。柏崎医師の本によると、幼い自閉症の子どもは回復が早いようだが、41歳にもなると時間がかかるか、回復が困難なのかもしれない。



毛髪ミネラル検査:

1ヶ月前、毛髪ミネラル検査の結果が出て、水銀毒が毛髪に出ており、これによるミネラル輸送障害が起きている、とクリニック医師に告げられた。体内の水銀と毛髪の水銀の量は同量ではない。というより、むしろ毛髪に水銀が出ている方が、デトックスという点ではましなのだ。

デトックスは、排便、排尿、発汗などにより行われる。毛髪にも少量ながらデトックス物が排出されている。水分補給、カルシウム・マグネシウム、ビタミンC、E、B6、亜鉛、セレンなどの摂取が有効。αリポ酸も勧められた。

『発達障害を治す』(大森隆史著)で、大森医師が水銀毒のデトックスにαリポ酸を処方していると書かれている。あしだクリニックの医師の勧めもあって、αリポ酸を規定量飲ませてみた。

ところが、とんでもないことになった。日中も昏々と眠り続け、起きてこない。食事も出来ない。そこでαリポ酸の副作用を確認したら、「低血糖症」のリスクがある、と書かれていた(ネット情報)。低血糖症の症状が出ていたらしい、と判断した。

このクリニックは、息子が低血糖症を患っているのを知っているはずである。いい加減な・・。αリポ酸を中止したら症状は収まった。症状は収まっても、クリニックへの不信感は収まらない。リポ酸以外の方法でデトックスを続けることにした。



藤川徳美医師の本:

この半年、フェイスブックから役立つ情報を得ていた藤川医師がついに『うつ・パニックは<鉄>が原因だった』を出版された。鉄分に焦点をあてた本だが、自閉症の息子や息子のことでよく落ちこむ私自身にとっても、鉄分が有効な補酵素であることがよく分かる。


一般的な精神科医として治療に携わってきた医師が、ここまで柔軟に精神治療のパラダイムシフトを受けいれて、栄養療法を学び、治療で実践していることに新鮮な驚きを感じた。


そればかりか、医師仲間向けの論文を通じてではなく、広範な読者を想定したFBや一般書で治療結果をフィードバックしている藤川医師の柔軟な姿勢に脱帽。一読をお勧めする。



現在の処方薬&サプリ:

精神科病院処方:  

抑肝散3P、ロゼレム8mg、薬剤ビオフェルミン3T。

サプリメント:  
DHA・EPA、V・B群(200mg)、V・C(4000mg)、フェローケル鉄(36mg)、

Nowレシチン3C, V・
B3(750mg)、ラクトバチルス乳酸菌1C、Cal/Mg2C(660m/330mg)、

Gaba 500mg、V・E 400IU、大豆プロテインペプチド10T、亜鉛1T(30mg)、

メラトニン5mg。



  あなたの重荷を主にゆだねよ。
  主はあなたを支えてくださる。 詩編55-23

血液検査

イメージ 1

カシワバアジサイ 自宅庭


血液検査をめぐる問題:

そろそろ2回目の血液検査の時が来ていた。京都市岩倉のあしだナチュラルクリニックに行きたがらない息子を、近所の診療所長の医師がホームドクターとして往診してくれることになった。

まず、今までの減断薬の経過を報告し、栄養療法の説明をしてサプリメント実物を見せて、息子の治療の様子を知っていただいた。

所長さんは、マリアクリニックの柏崎医師の本を読み、オーソモレキュラー的血液検査の実際を勉強して、必要な血液検査項目を特定した上で2回目の往診にこられた。息子はパニックにもならず、採血をしてもらった。触診や聴診器当ての診察、肝臓のエコー検査もあった。脂肪肝は確認されなかった。息子はおとなしく指示にしたがって診察を受けた。3、4ヶ月後も往診で血液検査をするとの約束をもらった。この温厚で誠実なホームドクターにはとても感謝している。

当初は、前回にオーソモレキュラーの血液検査をしてくれたあしだCLに、血液検査結果の解析を依頼するはずだった。(もしくは、前回のように、東京の溝口クリニックに解析依頼か?)

ところが、自閉症の引きこもりのため受診できなくなった息子をなじるような、また、そのような息子を受診させられない親をなじるようなこの医師の物言いがどんどんエスカレートして、私自身も受診するのが苦痛になった。

私たちは17,000〜20,000円も払って「解析」なるものを依頼するのが馬鹿らしくなった。というより、高価なサプリを売りつけるだけで、実質、何の相談にも乗ってくれないこの医師につくづく嫌気がさしてしまった。この半年、柏崎医師の本や藤川徳美医師のFBを参考に、サプリの量を自分で調節してきた。

それで、解析も自分ですることにした。


血液検査結果:

オーソモレキュラー関連の本やネットには、「血液検査結果の読み方」が書かれているので、参考にしながら、自分で次のように解析した。

[タンパク質不足の改良は?](半年前との比較)・・・まだタンパク質不足
総タンパク[理想値7.0以上]      7.7→6.8   
・アルブミン[理想値4.5以上]        4.7→4.1 
・γGPT 理想値20-25以上]         1819
・BUN [理想値15-20]                 11.7→17.2
・尿酸 [理想値4-6]                    4.3→4.4
中性脂肪  [理想50-100]      42→128
総コレステロール                     152175
 [理想180ml/dl以上]

*総コレステロール ( 20-40代180-240mg/dlが適正。極端な低下は強迫症、気分変調の原因に*中性脂肪低い→タンパク質不足。→心身の機能はギリギリの自転車操業。
*総タンパク、アルブミン値低い→タンパク質の消化・吸収が不十分。
*総コレステロール値低い→消化吸収力の低下→間食で少量のタンパク質を頻回に摂る。

[ビタミンB不足の改良は?] ・・・Bはほぼ足りている
・GOT/AST [理想値23, (20-25)]     2637
・GPT/ALT [理想値21]                    4967 (値が高いので、B3総量の整理必要)
・MCV [理想値95-98]                     86.289
・LDH/LD [理想値200以上]           186→197 (140未満=B3欠乏深刻)

*ナイアシンアミドを2000mg以上摂ると、肝機能障害を起こすことがある。
2000mg→1000mgに減量。Bコン中のB3を入れると、1200mgとなる。
ナイアシンアミドをノーフラッシュ・ナイアシン500mg×2Cに変更した。

[鉄分不足の改良は?] ・・・鉄分はほぼ足りている
・MCV [理想値90-93]    86.289  
・MCH [理想値32以上]   30.3→29.7  
・MCHC [理想値31-33] 35.1→33.3
・RBC [基準値430-570] 522→498
・HGB [理想値13以上]    15.8→14.8
・フェリチン[♂120以上] 158→242.5  (80以下は貯蔵鉄不足)
・Fe 血清鉄[参考値♂19-260] 75→104

[その他]
・好中球 [理想値45-50]     74.5→50.8
・リンパ球[理想値40-50]  32.7→41.4

** 好中球/リンパ球の比率。1:1→正常。好中球の方が高い→交感神経緊張。ストレス過多。リンパ球高い→副交感神経優位。怠さ、疲労感。


参考文献:

・ 姫野友美著『心療内科に行く前に食事を変えなさい』pp.221-222
・ 溝口徹著『診たて違いの心の病』pp.150-153
・ 「[栄養療法]通常の血液検査でも分かる栄養状態」web
・ 柏崎良子著『低血糖症と精神疾患治療の手引き』pp.221-243
・ 柏崎良子著『発達障害の治療の試み』pp.148-153
・ 宮澤賢史医師による無料の「血液検査の読み方講座」



低血糖症・強迫症状・癇癪と肝機能障害対策:
息子は昼食から夕食までに間食を取り損なったとき、低血糖症の症状の1つか、睡魔に襲われたり、機嫌が悪くなり物をなげたり、当たり散らしたりと癇癪を起こす。そこで、3時頃には、タンパク質の間食を確実に摂らせることにした。

強迫症対策には、一時中止していたイノシトール500mgを食後1〜2回摂取させ、癇癪対策としてコリン500mgを摂らせた。

また、肝機能障害対策のためにイノシトールとコリンを摂る一方、ナイアシンアミドを2000mg→1000mgへと減薬したうえで、多動症を観察しながら、フラッシュフリー・ナイアシンを1000mg→750mg or 500mgに変更した

フラッシュフリーのナイアシン(アミドではない)は、アミドに比べて、多動症によく効いているようだ。フラッシュフリーのB3にはイノシトールが入っている。フラッシュの出るナイアシンが飲めない人は、フラッシュフリーのナイアシンがお勧め。



現在の薬&サプリ: リスパダール断薬後7ヶ月

病院処方:  抑肝散3P、ロゼレム8mg、薬剤ビオフェルミン3T。

サプリメント:  
DHA・EPA、V・B群(200mg)、V・C(4000mg)、フェローケル鉄(36mg)、

Now レシチン3C, イノシトール1〜2C(500〜1000mg)、コリン1T(500mg)、

B3-1〜1.5C (500〜750mg)、ラクトバチルス乳酸菌1C、Cal/Mg2C(660m/330mg)、

Gaba 500mg、V・E 400IU、大豆プロテインペプチド10T、

亜鉛1T(30mg)、メラトニン5mg。

* イノシトールは、Cal/Mgやナイアシンに含まれるものも入れると、合計970mgになる。他のサプリに含有される栄養素も計算に入れる必要あり。


枯れた骨の復活:

わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。
すると、お前たちは生き返る。
わたしは、お前たちの上に筋を置き、
肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。
すると、お前たちは生き返る。
そして、お前たちはわたしが
主であることを知るようになる。  エゼキエル書37:5

イメージ 1

木瓜  京都・岩倉


お久しぶりです:

この前に更新してから2ヶ月以上経過。息子がリスパダールを断薬してから、5ヶ月経過した。この間、色々あった。正月から始まった多動症が間歇的に続き、B3(ナイアシンアミド)を1500mgに増量したり、PS(ホスファチルセリン)を摂取させたり、色々工夫するも、なかなか安定的に落ち着かない日々が続く。

ひどいときは、1F〜2F〜1Fと家中をドシドシ脱兎のごとく走り回る。前のように暴れたり、不穏になることはないが、それでも、親の私たちは落ち着かない以上に、40男が幼児のように走り回る姿を見て哀れに思えて胸が締めつけられた。

ブログの更新チャンスを逃し続けているうちに、父親が重いモノを持ち上げたために、腰椎圧迫骨折で入院してしまった。

息子の頻尿や聴覚過敏(耳ふさぎ)もひどくなった。多動症がゆるんでいるときは、トイレの出入りが激しくなり、耳ふさぎをし、自室のカーテンを閉めて家に引きこもり状態。父親の不在に異変を感じて、施設に送られるのではないかと心配して「施設にはいかない」と言ってくる。

母親の私ひとりが家事・仕事・買い物・世話をしている姿に息子は何かを感じたのか、掃除機をかけたり、皿洗いや皿の片付け、洗濯物片付けなど、増えた仕事を受け入れてくれた。息子はますます自閉症のひとらしくなってきた。基本的に無言。「コーヒー作って」「お腹すいた」などの欲求だけははっきり言ってくるが。

結局、父親は1週間前倒しして、3週間で退院。介護保険を使って訪問介護(リハビリ)、手すり設置、レンタルベッドを入れた。息子の症状(頻尿、多動、聴覚過敏、ブープー唇を鳴らす)はひどくなり、不眠状態にもなり、2、3日はパニック状態だった。



現在の様子:

頻尿、多動、聴覚過敏を何とかしなければ、というので、色々手を打った。

1. PSを100〜200mg摂取させたが、PSの入っているリゾレシチンと併用しているせいか、あまりよくない。というより、多動がいっこうに収まらない。→PSを中止。

2. 聴覚過敏対策にMg(マグネシウム)を摂取。現在、400mg。

3. MgはCa(カルシウム)と一緒に摂る(2:1の割合)必要があるので、現在、3T(900mg)。MgもCaも補酵素となる。

4. 多動症はB3(ナイアシンアミド)不足と関係するので、思い切って1500mg→2000mgに増量。

5.  レシチンと相性の良い、コリンとイノシトールを摂取。「高価な」リゾレシチンを6C/日に戻し、イライラ対策にコリン(500mg)、強迫症状対策にイノシトール1000mgを摂取中。

2〜4は『低血糖症と精神疾患の手引き』(柏崎良子著)と『発達障害の治療の試み』(柏崎良子著)を参考にした。

試行錯誤の結果、脱兎のごとき走り回りは止み、頻尿、耳ふさぎも少しましなった。


現在の薬&サプリ:

病院処方:  抑肝散、ロゼレム8mg、薬剤ビオフェルミン3T、マイスリー5mg(頓服)。

自費サプリ:  
DHA・EPA、V・B群(150mg)、V・C(4000mg)、鉄分(36mg)、リゾレシチン6C、

イノシトール2C(1000mg)、コリン1T(500mg)、ラクトバチルス乳酸菌1C、

Mg4T(400mg)、Ca3T(900mg)、Gaba 1000mg、大豆プロテイン10T、

亜鉛1T(30mg)、オリーブリーフ、メラトニン10mg。

これらのサプリ代は私たちの年金生活を圧迫している。息子の状態が安定し、飲むサプリが一定したら、サプリ代を圧縮するつもり。

特にナチュラルクリニック代々木のレシチンは高すぎるので、Now社のレシチンに切り替える予定。柏崎氏の『低血糖症』の本には、「レシチン1g/日」と書かれているので、コリンやイノシトール、PSと併用できないか、試行錯誤してみる。



   あなたたちは生まれた時から負われ
   胎を出た時から担われてきた。
   同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで
   白髪になるまで、負って行こう。
   わたしはあなたたちを造った。
   わたしが担い、背負い、救い出す。

   わたしの計画は必ず成り
   わたしは望むことをすべて実行する。

          イザヤ書 46:5-6、10

私はこれ以上頑張れない。神さまに責任をとっていただく。

イメージ 1
 梅と黄梅 (京都・岩倉)


オーソモレキュラー医院の治療開始1ヶ月:

血液検査の結果、息子の重篤な鉄不足が判明し、ヘム鉄サプリを18mg/日、その他のビタミン、ミネラルを摂取してきた。現在は、1ヶ月のようすを見て、鉄分を18mg→30mgへ、ビタミンB3(ナイアシンアミド)を、1000mg→1500mgと増量して摂取中。

クリニックでは、栄養士による食事指導(日々の食事記録に基づいて)を受けている。低血糖症対策のために、食事は1回分を少なめにして、計5回(午後3時と寝る前の間食・軽食を含む)摂っている。息子の食事記録にはカロリー不足がみられるので、各食事でタンパク質を強化した。納豆、豆腐、厚揚げ、ソーセージ、卵、フランクフルト、追加の焼き魚など。その他、みかん、ゼリーや玄米餅、手焼きクッキーなど、砂糖の少ないおやつを食べさせている。

41歳の誕生日、息子の「ケーキが欲しい」との欲求に折れて、コンビニのクラシック・ドーナッツを持ち帰った。そう言えば、去年の誕生日に糖分たっぷりのショートケーキを食べたあと、息子が暴れていたのを思いだす。もちろん、今年は不穏にはならなかった。



日々のようす:

前回、引きこもりを終了と書いた。たまに「どこかに行きたい」「ドライブに行きたい」「本屋に行きたい」と要求してきた。父親の負担が少ない、短時間ドライブで気分転換をしている。1月のデイケアーには、4ヶ月ぶりに参加できた。昼食を完食して帰宅した。

折り悪く、正月早々、京都は2回、大雪に見舞われた。これが引きこもり解除とあいまって、息子の外出欲に火を点けた。40cm近くの積雪のなか、ぞうりを履いて、薄着のままで、山道を徘徊し始めた!!!  2年前に同じことがあり、そのときは、パトカーや消防隊の出動となった。

降りしきる雪のなか、ピンクの傘をさして「となりのトトロ」様態で、魅入られたように雪景色を眺める。さすがに寒いのか、しょっちゅう家の中に入って、暖まるとまた飛び出して行く。

自閉症の特性として、雪や雨を運ぶ低気圧に敏感に反応しているということが、今回の行動で分かってきた。2年前は、もっと強迫的に雪山を徘徊していたが、今回はそれとは少し違う。頭の雪を避けるために必ず傘をさすようになったし、深夜の雪山徘徊はしなくなった。

2年前、異常行動が不適切な抗精神薬のせいだと、私たちは考えていた。今回の出来事を見て、息子の自閉症の特性が抗精神薬で増幅されていたのではないか、と考えている。

天気が良くなると、息子のそわそわした行動は消えて、落ち着きが戻る。この出来事があったとき、クリニックの医師に、ナイアシンを1000mgから1500mgに増量する許可をもらう。

低気圧の日以外、息子は落ち着いた規則正しい毎日を送っている。
リスパダール断薬後、もうじき3ヶ月。離脱症状、断薬の影響は見られない。



現在のサプリ:

K=リゾレシチン4C, ロドリガ(DHA・EPA), ビタミンB群, テアニン400mg,アミノペプチド, ナイアシンアミド1500mg, ヘム鉄30mg, 亜鉛30mg, フローラ2C (腸管), Gaba400mg, 糖鎖,
サン・ファイバー

*       クリニックのドクターズ・サプリは高いので、ヘム鉄と腸管用のフローラ以外は、
   iHerbやDouglas Laboratoriesで購入する。

**     リゾレシチンと糖鎖はストックが切れたら終了する。


病院の薬:

抑肝散3包, ロゼレム, マイスリー1.25mg(漸次減薬中)



 雨も雪も、ひとたび天から降れば
 むなしく天に戻ることはない。
 それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ
   種蒔く人には種を与える。

 そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も
 むなしくは、わたしのもとに戻らない。
 それはわたしの望むことを成し遂げ
 わたしが与えた使命を必ず果たす。   
 
  イザヤ書 55:10-11                 

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事