ここから本文です

書庫全体表示

ウルトラアイ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

不肖、横嶋です


説明しよう

[ ( ウルトラアイ ) とは、「 ウルトラセブン 」 において、

 主人公 モロボシ・ダン が、
 ウルトラセブンに変身するために使用する、

 フレームの太い、赤い眼鏡みたいな、

 やや変態チックな、競泳用のゴーグルみたいな、  

 電撃ネットワークの、南部虎弾さんがかけている サングラスみたいな、

 そんなアイテムのことである ]


子供の頃、ペンライト ( ペン型懐中電灯 ) を手に、それを天に向け掲げながら、
とか、
プラスチック製の、おもちゃの眼鏡を、ウルトラアイ風に、眉間に押し当てながら、
「 変身! ジュンジュン・ジュワジュワ・ワーン( 変身時の効果音のつもり ) 」
なんてしたものです


無邪気だった私は、

「 本物のウルトラアイ、欲しいなぁ 」
( とは言っても、本物のウルトラセブンに変身できるものということではなく、
  テレビで使用されているような、本物に近い形のもの、いわゆるレプリカとかのこと)

そんな願いを、抱いたものです



時は経ち、ウルトラアイなんてもののことは、すっかり頭から離れ、
勉励のため、視力の落ちた私は、コンタクトレンズなどをつける身となっておりました


そんなある日、そのコンタクトレンズを通して、あるものを目にしました

それは、なんとも、ウルトラアイ的なものでした ( 上の写真のものです )



正体は、福岡県北九州市八幡東区河内 という場所にある、 南河内橋 というものです


河内貯水池にかかる橋の内の一つで、 レンティキュラートラス二連 という構造を持つ、
世界的にも非常に珍しい橋とのことですが、
これを見に来る、構造物及び、建築物好きな外国のお方などは、おられるのでしょうかね?


地元の人は、単に、「 めがね橋 」 などと呼んでいるようですが、
めがね橋( 眼鏡橋 ) と呼ばれている橋は、意外とそこかしこにあるものです

私は、初めてそれを見たとき、、
「 あれは、めがねじゃないわ、ウルトラアイよ! …ダン、立つのよ! 立って、ダン!」と、
思わず身を乗り出してしまい、貯水池に落ちそうになりました



…似ているといえば、似ていませんかね?

私だけ、ですかね?


私は、いまだに、あれは、ウルトラアイだと思っています

それも、ウルトラセブンがかけるための、ウルトラアイだと…


私の設定では、
( ウルトラセブンが、
  北九州を舞台に、どこやらの怪獣と戦って、
  小倉城 を踏み荒らし、スペースワールド を踏んづけ、さらに小倉競馬場を踏み倒し、
  ひびきタワー をぽっきり折った後、
  最後は 玄界灘決戦だ とばかりに、海でザブザブと戦って、
  散々っぱら北九州を荒地にするのです

  そうして、なぜかピンチに陥って、ピヨピヨと弱ったセブンがたどり着いた河内貯水池で、
  疎開した子供たちの声を聞くのです

  「 せぶーん、まけちゃ、ダメだぁ〜 せぶーん、あれを見てぇ! 」
 
  見ると、変身巨大化するためのアイテム、ウルトラアイのようなものがあるではありませんか!

  セブンは、それを手にすると、ダンがするように、その赤いものを目に押し当てました… )

という展開を夢想しているのです

ウルトラアイ的南河内橋 を使用したセブンが、さらに何かに変身したかどうかは、想定していません


夢のない話ですが、 セブン、単に目を傷める という結果になるのかもしれません

その場合、
アンノンの光線を相殺した、アイビーム が使用できなくなるという弊害を生むことになるのでしょう

そうなると、まさに、安穏としている場合ではなくなりますね



※「 ヨッチの小道具係 」さんのHPから、許可を得て、ウルトラアイの画像を転載させていただきました

以前、ボーとインターネットを見ていたとき、仮面ライダーのマスクのことで、
ヨッチさんの HP にたどり着いていたのですが、まさか、 そのHP から画像を提供してもらえるとは、
その時の自分には想像もできないことでした

やっぱり、ちゃんとした、オリジナルな情報を提供する HP は、
私にとって、理想というか、尊敬の対象です

ブログを嫌っていた頃の自分の心境に、ちょっと戻ってしまいました

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事