アメリカ/米国不動産投資日記

ノルマは1日、5オファー(買い付け申し込み)

全体表示

[ リスト ]

いつも愛読しているThe Atlanticに、「ヨーロッパに比べアメリカの車社会化している9つの理由」という記事が載っていました。僕の生業のアメリカ不動産投資では、現在は「街中へ」の人の流れがおこっていて、僕の不動産投資も最近は、街中のロケーションの良いアパートに集中しています。しかしながら、車なしで生活できる場所は、NYやSF等の限られた都市内であることもどうしょうもない事実です。

この記事は、アメリカの車社会化の背景を、非常に簡潔にまとめてますので、背景の9つをメモ代わりに、箇条書きしておきます:

9 Reasons the U.S. Ended Up So Much More Car-Dependent Than Europe - Ralph Buehler - The Atlantic Cities http://bit.ly/1jQSZgP


まえがき:
− 1920年から60年代までは、ヨーロッパの都市プランナーにとって、アメリカの車を中心とした都市づくりは崇拝の的であったが、60年代には、歩行者、自転車、公共交通機関を中心とした街づくりに舵を切った。
− 現在では、ガソリン代高騰、最果ての郊外へのスプロール、交通渋滞の悪化で、この20年は、米の都市プランナーもヨーロッパの都市づくりを参考にするようになってきている。
− 2010年の調査では、米国人の外出の85%は車で、ヨーロッパの50−65%とは大きな差がついている。また、欧米ともに外出の30%は1マイルいないの近場であるが、米国人の70%は車で外出している(欧州では30%程度)。

1. モータリゼーションの大衆化が早かった:米では、1930年代には2世帯に1台の車普及率を達成した。

2. 高い道路完成度:車での移動を前提とした高度な道路の革新がアメリカでははやくから進行し、最先端の舗装、橋、トンネル、交差点、進行、高速道路、駐車システムが実現した。

3.車の維持費:アメリカのガソリン代はヨーロッパの半額程度だったり、購入時は保有の税金も安い。また、米国のガソリン税の殆どが、道路整備の予算として使われている。

4.インターステート高速道路システム:1950年代に、連邦政府は州をまたぐ高速道路建設資金の90%の補助を発表し、高速道路網の普及に力を入れた。この高速道路が郊外へのスプロールに貢献した。

5. 政府の補助:ガソリン税、登録費、有料道路料金等は、全米の道路の開発費や維持費の60−70%程度で、残りは、市郡州連邦レベルの税金で補填されている。

6.テクノロジーの進展:米国の車政策は、規制よりも、テクノロジーの革新に力をおいた。例としては、排気ガス対策として、ガソリンのフォーミュラを変えたり、触媒コンバーター導入、安全対策としてエアバックやシートベルトの導入。

7. 公共交通機関:米政府は公共交通機関への補助をほとんど行わず、過去に存在した私鉄や私バス等は1950年代には、ほとんどが潰れて消えてしまった。

8. 歩道や自転車優先道路:米の都市内では、歩道や自転車優先道路の導入は、最近までほとんど行われてこなかった。また、法律的にも、自動車運転側にやさしい。

9. ゾーニング:米国では住宅地への商店やビジネスの進出の規制は厳しく(ドイツでは医療、カフェ、商店、アパートなどは問題なし)、また、ゾーニングも地域毎に決定される(ドイツでは、ブロックごと)。

皮肉なことに、昨今は街中回帰、アパート回帰、歩ける街回帰、自転車専用レーン開発、等が米の都市づくりのメインテーマになってきていますが、背景は知ると、またまた味わい深いですね。

日本に関しては、地方では、大型SCや郊外一軒家指向象徴されるモータリゼーションまっしぐら、という感じですが、どうなるのですかね?

では、Happy Investing!!!

この記事に

閉じる コメント(5)

この話題好きです。
ぶっちゃけ、教養があって稼げる場合、文化、生活水準の高いところに住みたくなるものだと思います。よほど田舎が好きか、教育、医療など、仕事でそういう場所に機会がある場合でない限り。
ボストンもSFと同じような現象になっています。
今は、都市部は、若いプロフェッショナルの需要が高く、コンドがポンポン立ち、近郊は安定したファミリーとアジア系が集中、で、更に離れた小都市は、ちょっと怖いとこになり、その周辺の市町は寂れてます。

2014/2/20(木) 午後 10:57 Chee 返信する

顔アイコン

Cheeさん、オヒサです。このまえブログに書いたグーグルバス問題のように、SFやBoston等の歩ける都市への需要は高まってますよね。

そして不便な郊外は廃れていくという、、、、

2014/2/22(土) 午前 1:30 [ Gen ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、友人がオレゴン州に引っ越すということで家の値段はいくら?と調べておりたどりつきました。素晴らしいBLOGですね。シチリアのパレルモ市在住で不動産業(主人の家系)に携わっています。一度いらっしゃったのですね。イタリアは破産状態の上更に貧しい地域でどうなってしまうのだろう・・・その割には不動産が高いと思います。まさしく何もかもカオスの状態です。不動産は素人ですがこのパレルモ市の状態と言うのはプロの方でも計り知れないのでしょうか・・・? 削除

2014/3/15(土) 午前 0:59 [ Palermo ] 返信する

顔アイコン

Palermoさん、コメントありがとうございます。僕は調子にのってパレルモ市内にレンタカーで入ってしまったんで、ホテルまで辿りつけずにとんでもない目にあいましたw パレルモ(シチリア全体)で、思ったのは相当貧富の差が激しいなという点です。不動産価格的には、上流の人の住むエリアと、それ以外とて、かなり価格差もあってしかるべきなんでないかと思います。

2014/3/19(水) 午前 7:37 [ Gen ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。私も運転は日本だけでパレルモ市ではしていません。車が頼りなのに道もだめ・・・。考えられないようなことに会う・・・イタリアではありますね。殊にシチリアでは。モンテカルロに近いイタリアの街より不動産が高いんですよ。強気なんです。実際取引ではいくらなのかはわかりませんが・・・。税金が高く運営しきれず有名なホテルも売りに出ています。ここ6カ月で不動産は値が下がってきました。記事楽しみにしています。 削除

2014/3/22(土) 午前 6:11 [ Palermo ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事