"ふじたいら"の道草日記

一歩進むと一歩脇道に・・・道草くっちゃう自分でガンス

全体表示

[ リスト ]

世の中には時々、撮影した写真に意図していない


謎の空中物体が写り込むという現象がある。


簡単に言うと、目撃していないのに


UFOが写り込んでいる写真があるという事だ。


しかし、多くの場合


それは鳥や虫がたまたまレンズ前を通ったとか、


レンズに埃や水滴が付いていたとかでなんとなく納得がいくものである。


だが、


これから紹介する2つの写り込みはちょっと



違うような気がするのである。



それはどちらのケースともたった一枚の話では無く、


二枚で一つという


不思議な痕跡をUFO側が記している点である


そこにUFO側の意志のようなものを感じるのである


1つ目は、前回岩国基地のヘリコプターとUFOが写った世界的にも貴重と思われる
画像の撮影に成功した島根県の田原孝さんが初めてUFOを捉えた時のものだ。

2つ目は、たまたまブログにお邪魔し縁が出来た群馬県の佐田真一さん
が捉えた上信電鉄撮影中に写りこんだUFO画像である。


リンクするような2つのUFO写り込み事件を特とご覧あれ


※この二つの記事は、田原氏と佐田氏に許可を得てアップしています。
 流用コピーされる場合は必ず本人の許可を得て下さい。


取り敢えずは、お二人が書かれたブログからコピーしたものをどうぞ

島根県の田原孝さんのUFO写り込み事件↓


UFO撮影しました!!         

2008年10月29日

今日は休みで国道186号線を通ってゆっくり景色を楽しみながら広島市まで行きました。 

いろんな楽しいスポットが有りました! 

でもその報告は後回し! 

写真に写ってました! 

UFO 

撮影場所は安芸大田町の龍姫湖の温井ダム! 

イメージ 1

写真を拡大すると!

イメージ 2

カメラのレンズの埃かと思いましたが… 

僕はひとつの風景を二回撮るので、もう一枚で確認すると写って無い! 

凄い速さで飛んで行ったのでしょうか?? 

皆さん、どう思われますか?? 


追記!判りにくいと思ったので 

イメージ 3

この矢印のとこです!本日12時5分43秒撮影 

そして12時5分54秒撮影の写真には写ってません! 

イメージ 4

追々記!拡大しました! 

イメージ 5


私はこの記事について下記の質問をさせてもらいました。

1、この画像について、実際の目撃は伴っていますか?


田原氏・・・写真を整理していて発見しました。

2、風景を写す時、なぜ2枚撮影するのですか?


田原氏・・・2枚撮るのはピンボケしてるとイヤなのでいつも同じものを2枚以上撮ります

3、2枚撮影はすべての写真でそうしていますか?


田原氏・・・イイ写真は2枚撮ります。

4、このUFO写り込みにすぐに気が付きましたか?


田原氏・・・ 撮った日の夜に見てビックリし、
      物体がUFOだと確信しました。(元々否定論者です)
  

5、この撮影地についてエピソードや知っている事が  あったら教えて下さい


田原氏・・・この写真を撮った10分間ぐらいの間が変でした。
      それは相方と一緒だったのですが、トイレに行ってる
      2分間ぐらいだったらしいのですが、僕は10分ぐらいと感じました。
      そしてトイレから出てきた相方は僕を探し、僕も相方を探しつつ、
      撮った写真なのです。見渡しも効くところなのに
      10分(相方は2分と言ってる)ものズレがありました。


群馬県前橋市の佐田真一さんのUFO写り込み事件↓


UFO発見!!2009/5/11(月) 

昨日は天気もいいので昼過ぎに一眼デジカメを持って高碕方面へ出かけました。

地元でも上信電鉄は今まで一度も撮ったことがないので烏川の鉄橋にてカシャ!

帰宅して画像を確認していたら電車の上に鳥またはセンサーに付着したホコリ?

と思える点が移動しているのを発見した。

CANON 30Dでの連写で数枚中の2枚にだけ写っている。

ということは、センサー上のホコリではないことがわかる。

イメージ 6
1枚目。わかるだろうか?

かなりトリミングした画像だが、これでもまだ小さいが左端に見える 

イメージ 7
2枚目。この間、約0.3秒後の画像。

向こう岸にある駅から発車して加速中の電車(実際の速度がポイント)だが、
電車の移動距離と飛行物体の移動距離の差が歴然である。

画像の様子からすると、かなりの高度を移動しているようにも見えるが、
もし高度が高ければ高いほど移動距離が多いことになるはず。

イメージ 8
判り易く1枚目の超拡大画像。

何か白い三角錐のようなものが乗っているようにも見えるのは気のせい?

元画像はRAW形式(非圧縮)なので専門で解析できればもっと鮮明に出来るかも



まぁ、鳥と思えばそれで済む話ではあるが、
数年前に肉眼でもっと凄いUFOを見たこともあるし
ロマンのあふれる話で終わらせてみたいです。



とりあえず、UFOは絶対存在します。

未確認飛行物体ですから確認が出来なければUFOなんです。

たまにUFOを宇宙船だと認識されている人が多く見受けられますね。



とりあえず、矢追さんのところへ連絡してみました。

佐田さんの記事についてもいくつかの質問とお願いをさせてもらいました。

1、この写真を撮影されたSATARNさん自身のプロフィールについて。


 ◎名前は発表させてもらえますか?
  A.佐田 真一
 ◎お住いは群馬県のどちらですか?出来れば市町村くらいまで記したいので
  A.群馬県前橋市
 ◎鉄道のカメラ撮影歴はどのくらいですか?
  A.約3年


2、過去のスゴイUFO目撃とはどのようなものですか?


 
証拠が残っていないため、自分としては単なる目撃談としての価値しかありませんが
2006年2月の週末、新潟県湯沢町にある岩原スキー場にて一人でスノーボートへ出かけた
時のことです。

ちょうど昼頃、山の中腹あたりの休憩所のベンチに座って休憩中、
ふと空を見上げ(雲がひとつない典型的な冬の透き通った快晴)たら自分の真上あたりに
太陽と同等に思える眩しさの小さな点を発見。

それは、無音でゆっくりと北へ進んでいました。
何かの見間違えかと、ゴーグルを外して肉眼でよくこらえてみると
その白い光の中に赤とオレンジ色の光が交互点滅しているように見えました。

しかも、その2色の発光体も時計周りでゆっくり回転している感じに見えました。

こんな状況に居たたまれなくなり、辺りで休憩している人達に確認してもらおうと
声をかける瞬間と同時に上空を確認したら、
すでにその物体は消えてなくなり上空を見回しても発見出来ませんでした。

ハイシーズンのスキー場で沢山の人がいるはずのなのに、
UFOの目撃で同様しているような様子の人が自分の周りには誰もいなかったのはなんとも
気持ちが悪い思いでした。
▲FLASHで簡単に再現してみましたのでご覧下さい。
[http://www001.upp.so-net.ne.jp/lvs/ufo.htm]


3、UFOが写りこんだ方向に何か気になるスポットはありますか?


高碕市の繁華街あたりから住宅街辺りの上空で、
特別と思われる場所や施設は思い当たりません。

余談ですが、飛来して来た直線上のルートには榛名山麓にある
陸上自衛隊相馬ヶ原演習場があります。
また、撮影した方向のすぐ真後ろの小さな山があり、その裏側には自衛隊の弾薬庫があのます。

4、この世界遺産ペイントの電車は長い期間走っていますか?

(UFOの出現はその場所や人に関連したメッセージを伴う場合があるので)

  
  この期間は、特にイベントはなく定期列車でした。
  この鉄道会社は、車種や柄(色や広告等)がまちまちのようです。


おふたり共、とても真剣に協力して下さっている様子が質問の受け答えからも
分ってもらえると思います。

おふたり共通のところは、航空機好きでカメラ歴がある方と鉄道車輌好きでカメラ歴が

ある方。どちらもしっかりした地球製移動機械の撮影テクニックを備えています。

そこに地球製ではまだ造る事の出来ないUFOという未知の乗り物が飛び込んできたわけです。


私としては、そこに何かのアピールを感じます。

佐田さんの写真データでは1枚目と2枚目の間が0.3秒と
しっかりした数値が入っている事が1つの注目すべき点です。

これを航空機だと過程するとジャンボジェット機の高空移動の場合
時速860キロ→0.3秒で約72メートル。自衛隊の戦闘機で仮に
マッハ2(時速2400キロ)が飛んでいたとしても220メートル位しか進まない。

写真からだけの感覚だが、
かなり遠くを飛んでいるように見える。
もし、そうであるならば音速を超える戦闘機以上の飛行能力があるものが
移動しているという事になる。


これを逆に間近な虫や鳥と考えた場合、虫の場合最高速度がたしかトンボ類
約時速80だと思う。しかし、近い場合はこのような写り方
(近すぎると写らないとかもっとボケる)はしなそうな感じだし、
同じくらいの大きさで写る事に疑問を感じる。

鳥の場合は、ハヤブサが急降下する時が時速180キロ。
普通の鳥の飛行速度は、ほぼ100キロ以下である。
電線近くを鳥が移動していたとしたら、これだけの
距離は移動できないのである。(計算するとだいたい7メートル程だ)


これらの事から佐田さんの写真に写りこんだ物体は、非常に
UFO的なものだと考えるのである。

前者の田原氏の写真は一目瞭然。


物体としかいいようのない物が空中に浮いている、しかも1秒違いの同じ風景には

それがないのだ。これを写真のキズや埃で片付ける事には抵抗を感じざるおえない。

田原氏はこの時まではUFO否定論者。

この日を境にUFO肯定者となったというのも興味深い。

そして、この後、さらに興味深いUFOと遭遇するのである。


島根県浜田市の田原孝様と群馬県前橋市の佐田真一様、

ご協力ありがとうございました。

閉じる コメント(9)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=978417207&owner_id=9240720
田原さんのブログはミクシィで見ることが出来ます↑

2009/6/1(月) 午後 5:46 fujitaira 返信する

http://blogs.yahoo.co.jp/lvs20012001/16407204.html
佐田さんのブログはヤフーで見る事が出来ます↑

2009/6/1(月) 午後 5:49 fujitaira 返信する

追記・・・すでに上記の記事で限界の5000字を超えてしまいましたので、コメント欄に書かせてもらいます。

佐田さん撮影された場所は、群馬県高崎市 佐野窪町 上信電鉄 烏川鉄橋です。日時は2009年5月10日午後2時14分ごろ。
天候は晴れ。風はほぼ無風。北東方向を撮影しています。

2009/6/1(月) 午後 10:30 fujitaira 返信する

顔アイコン

凄いですね〜!!

2009/6/1(月) 午後 11:03 pega★ 返信する

UFOかもしれませんが、より知るにはもっと細かく検証しなければいけないと思います。ただ、同じ時期に同じような画像が届く事に何かの意味を感じざるおえません。

2009/6/1(月) 午後 11:16 fujitaira 返信する

顔アイコン

何か引き付けられますな〜

2009/6/2(火) 午前 10:22 h_t**chan_m** 返信する

たーちゃんさん、こんにちは。今度山登りに行った時、何枚も空を写すと変な物が写っているかもしれませんよ〜(^^)/

2009/6/2(火) 午後 7:36 fujitaira 返信する

 こんばんはー。
 
 最近はクワガタ誌での御活躍を拝見させて頂いてましたが、中学・高校くらいの頃は、ワンダーライフで『矢追さんちの宇宙人』を読ませて頂いておりました。
 
 ワンダーライフ買ってきたら、最初に読むのが『矢追さんち』でしたね…。
 
 「ミステリーサークル 宇宙人による踏みつけ説」を、強烈に覚えてます(笑)

2009/6/6(土) 午前 3:18 [ - ] 返信する

WeaponShouwaさん、なんちゅう嬉しいコメントなんでしょ。ありがとうございます。今後も読者の方々のために楽しく記憶に残る作品を書いていきたいと思います。

2009/6/6(土) 午前 10:20 fujitaira 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事