ビートルズ、大好きっ!猫、大好きっ!

今日をは40 BLUE FINGERS〜/CHICKEN SHACKをアップしました〜〜〜!(^^

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MY MY,HEY HEY(OUT OF THE BLUE)b/w HEY HEY,MY MY(INTO THE BLACK)
/NEIL YOUNG & CRAZY HORSE
NEIL YOUNG・・・もうこの人くらい好きとか嫌いとかを超越しているミュージシャンは
いないと思うくらいぶっ飛んじゃっている偉大な人だと思います。
昔からNEIL YOUNGという名前は知ってはいたものの、多分私が交わるような
音つくりではないと思って聴きもしていませんでした。
『After the Gold Rush 』『Harvest』といったアルバムでさえ聴いたことなくて、
当然のようにCSN&Yですらちゃんと知りませんでした。
そんな不勉強な私は79年にNEIL YOUNG & CRAZY HORSE名義で
発表されたシングル「MY MY,HEY HEY(OUT OF THE BLUE)/HEY HEY,MY MY
(INTO THE BLACK)」を偶然手に入れてから私は変わってしまいました。
初めて「MY MY,HEY HEY(OUT OF THE BLUE)」を聴いた時、出足の粗野な
アコギの響きに心をつかまれてしまいました。
何とも言えない哀愁をおびたギターの響きに感動してしまったんです。
決してその演奏が上手とかというわけではなく、このメロディにはこのアコギの
響きしかありえないというような感じが伝わって来たんです。
さらにNEIL YOUNGの歌が更になにか心を揺さぶる感じがして、
もう〜この時点で完全にこの曲にはまり込んでしまいました。
時代は79年・・・ディスコもパンクも形を変えてしまっていて、次のサウンドに流れて
言ってしまっている79年に「ロックンロールは死んじゃいない!」なんて
大声上げて歌っているんですから、一周回ってかっこいいというのか、
聴く側を熱くさせてくれるんです。歌詞にはJohnny Rottenの名前まで
飛び出してきますから、ちゃらちゃらした音楽なんてのふっ飛ばされてしまうような
時代錯誤なこのサウンドとメッセージがやたらと熱く感じました。
淡々としながらも説得力のあるこの曲は未だに聴くと手を握りしめたくなるくらい
チカラがこもってしまいます・・・・アコギ一本でここまで聴かせるんですかと
思ってしまうくらいです。更にこのシングルのB面がA面のバンド・バージョンと
なっていている「HEY HEY,MY MY(INTO THE BLACK)」なんですから、
完全に波状攻撃なんです。
ここまで歪ませてギターが割れちゃうんじゃないですかって思わせるくらい
荒々しいグシャグシャのエレキの音が、流行の小ジャレタ音楽を聴いている
耳を洗い流すかのようにズカズカと入り込んでくるんですから
阻止なんてできるはずがありません。
もう〜こなったらただただ通り過ぎるまでハマって聴くしかないんです。
私なんかこの「HEY HEY,MY MY(INTO THE BLACK)」を聴きだすと
ボリュームをマックスにしたくなる衝動にかられてしまいます。
それくらい揺れ動かされる響きなんです。
ここまでくると音のクリヤーとか演奏の美しさなんかどうでもよくて
まずはとにかく音を聴けっ!みたいな感じに驚かされます。
この衝撃は未だにこの曲を聴くたびに繰り返しそう思ってしまうんですから、
完全に私の負けですね・・・・(^^;
私はきっとこの曲を聴いて感動しなくなったらロックは聴くのをやめた方が
よいと自分で思っています。この曲を聴いて熱くなれない人とはきっと
ロックの話は出来ないんじゃないのかなと思うくらいです・・・・
やはりこのシングルに出会えたということがNEIL YOUNGとの運命の繋がりに
なったのだと思います・・・ある意味、泥沼にハマってしまっているのかも・・・
最後にこのシングルは79年に発表されたアルバム『RUST NEVER SLEEPS』から
カットされてBillboardで79位まで上昇しています。
全くヒットしていないところがこの曲の凄いところです・・・・(^^
※このシングルは見本盤です。
※このシングルは以前アップしていたものですが、あまりにも初期の記事だったので
あらためて一から書き直させてもらいました。
https://www.youtube.com/watch?v=cawk2cMTnGo
https://www.youtube.com/watch?v=GQhEvfeJocM

この記事に

閉じる コメント(16)

おはようございます。

面白いシングルですね〜❗
アコギ・バージョンとエレキ・バージョンが聴き分けられて(^O^)

2019/1/15(火) 午前 4:36 [ ロバートプラント ] 返信する

アバター

NEIL YOUNG は声そのものが存在感ありますね

2019/1/15(火) 午前 6:14 ジグザグKT 返信する

この曲シングルカットされていたんですね。
邦題がアルバムタイトルをそのまんま使ってるんだ(笑)

2019/1/15(火) 午前 6:32 woody 返信する

> ロバートプラントさん これは傑作シングルです〜。両面のバージョン違いの対比が凄いです。(^^

2019/1/15(火) 午前 7:09 SGT 返信する

> ジグザグKTさん そうなんです。この独特の歌声も魅力ですよね。(^^

2019/1/15(火) 午前 7:09 SGT 返信する

> woodyさん そうなんですよ。シングル邦題タイトルはアルバムタイトルを使っているんですよね〜オリジナルタイトルでよいと思うのですが・・・(^^;

2019/1/15(火) 午前 7:10 SGT 返信する

顔アイコン

全くヒットしていないところがこの曲の凄いところです・・・すごい言い方 むごい言い方 仙人やなぁもう 彼とはBuffalo Springfieldからだからもう長い 孤高の人ですな やはり仙人
この曲の ロックバ−ジョンというか おしまいの曲 アレはひどい
ロックは死なない いろんな人が歌ってましたなぁ

2019/1/15(火) 午前 8:30 [ おみゃあ ] 返信する

顔アイコン

地上最強のシングルと言えましょう!!

2019/1/15(火) 午前 8:33 気ままに 返信する

> おみゃあさん あのひび割れた様なギターの爆裂音がすごいです〜。

2019/1/15(火) 午前 9:08 SGT 返信する

> 気ままにさん おっしゃる通りですね。(^^

2019/1/15(火) 午前 9:08 SGT 返信する

顔アイコン

見本盤ばかり沢山あるとは凄いですね^^

2019/1/15(火) 午後 7:48 [ ゴールド ] 返信する

顔アイコン

A面とB面を変えたほうがインパクトがあったのでは?

2019/1/15(火) 午後 9:02 MC Uro 返信する

ニールヤングは、多作なのでなかなか掘り下げられないですよね。一日中聞いていても飽きないです。

2019/1/16(水) 午前 0:03 [ yon ] 返信する

> ゴールドさん 私が最初に持っていたシングル(少ないですけど)は7割くらいが見本盤だったんですよ。(^^;

2019/1/16(水) 午前 4:00 SGT 返信する

> MC Uroさん 私はこのに曲をつないでもらいたかったです。(^^

2019/1/16(水) 午前 4:01 SGT 返信する

> yonさん 本当に大変ですよね。一時期かなりの勢いで買っていたんですけど、追いつかず断念・・・・(^^;

2019/1/16(水) 午前 4:02 SGT 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事