ビートルズ、大好きっ!猫、大好きっ!

今日はTHAT'LL BE THE DAY/LINDA RONSTADT をアップしました!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

このレコード手に入れ隊!
OWNER OF A LONELY HEART b/w OUR SONG/YES
YESといったらやっぱりJon Anderson、Steve Howe、Chris Squire、
Rick Wakeman、Bill Brufordの布陣を思い出すんですけど、
このメンツのバンド脱退騒動が起こると、それに伴っての新メンバーによる
新生YESが活動するというパターンが繰り返されました。
でも好き嫌いはあっても80年のアルバム『Drama』は大好きですし、
バグルズを取り込んだことは賛否あるでしょうけど、私は正解だったと思います。
・・・ですが、そのバグルズのメンツが抜けた後に空中分化したYESは
紆余曲折を経て・・・Chris Squireを中心とした新バンドを結成し
動き出したわけです。Chris Squire、Alan Whiteに加えてオリジナル・
メンバーのTony Kayeを加え、更にギタリストTrevor Rabinを迎え
始動したんですから、そのまま行けばよかったものを・・・
ここに何故だかJon Andersonが加わっちゃったものですから
当初の計画と異なりYESが復活したわけです。
Trevor Rabinのギターは私が思うに到底YESのサウンドを表現するには
ハードすぎると思っていたんですけど、アルバム『90125』を聴くと
これが新生YESだと言われたら、このフィールドの中であれば良いのかなとも
思ったんですよね。
そんな彼らが発表した第一弾シングル「OWNER OF A LONELY HEART」ですけど、
初めて聴いた時はもう昔のYESは影も形もないと思いましたし、
これはもう〜普通にロック・バンドだと思いました。
本当に新生YESと言わない、以前のYESに申し訳なくなるような感じすらしたくらい
真逆なサウンドに驚いたんです。
ただこの新しい?サウンドは凄く受け入れられましたしチャートでも大ヒットを
記録したわけですら彼らにとっては大成功だったわけです。
特にTrevor Rabinはこのヒットで自信をつけたようです。
とにかく普通の人たちも聴いていて、当時はディスコでこの曲が流れていました。
まさかのYESのディスコ・デビューです。(^^;
私はとりあえずはアルバムを買いましたし、このシングルを買う気は
起こりませんでしたけど、やはり時間がたつとこのシングルも持っておきたく
なってくるんですから・・・
意外にこの時期のYESはシングルを数多くカットしていましたから
手に入りそうなものなんですけど、実際に中古店では見た事がなくて・・・
まっ、地道に探していきたいと思います。(^^;
https://www.youtube.com/watch?v=lsx3nGoKIN8

閉じる コメント(16)

おはようございます。

この頃は音楽から離れていました。

完全に後追いですけど、このシングルは持っていますよ〜(^O^)

2019/6/19(水) 午前 4:26 [ ロバートプラント ] 返信する

顔アイコン

YES,は 初期3枚のみです

2019/6/19(水) 午前 6:24 [ おみゃあ ] 返信する

> ロバートプラントさん 音楽から離れていたにも関わらず、このシングル押さえられているんですかぁ〜凄いですね。(^^

2019/6/19(水) 午前 7:00 SGT 返信する

> おみゃあさん おみゃあさんってそのミュージシャンのデビューから3枚のアルバムは確実に押さえられているんですね。(^^

2019/6/19(水) 午前 7:01 SGT 返信する

こんにちは〜

ワタクシが、唯一聴いた
YESです(爆)

2019/6/19(水) 午前 11:03 [ KKD_FM ] 返信する

アバター

この曲のPVなんかは当時、社会風刺が効いていて良かったですね。

2019/6/19(水) 午前 11:32 気ままに 返信する

> KKD_FMさん えぇ〜そうなんですかぁ〜他の曲も聴きましょうよ〜〜〜(^^

2019/6/19(水) 午後 0:55 SGT 返信する

> 気ままにさん あのPVはなかなか凄かったですよね。虫がいやでしたけど・・・(^^;

2019/6/19(水) 午後 0:56 SGT 返信する

ドラムの音がヒューパジャムやスティーブリリーホワイトみたいな音。ポリスみたいな音質。どうなのそのへん。人生ってそういうもの。浪漫はあるの。どうなのよ。

2019/6/19(水) 午後 5:04 [ tetsuo aspic ] 返信する

> tetsuo aspicさん 確かにアラン・ホワイトの今までの音とは違って来ていますよね。あえてそうしたんでしょうけど、ここまで音質を変えるとバンドのイメージが・・・でもトレバーはそれを狙っていたんでしょうね。

2019/6/19(水) 午後 5:08 SGT 返信する

トーマトまではあのELPのエンジニアだったエディオフオードがイエスでもエンジニア。ドラマはジュリアンメンデルスゾーンで音も変わったしジュリアンはのちにあのラウドネスもエンジニアする。人生ってそういうもの。おとこのろまんはあるの。どうなのよ。

2019/6/19(水) 午後 6:53 [ tetsuo aspic ] 返信する

これはイエスを超えて80年代の代表曲になったのだからラビンとTホーンのマジックですな。危機の再現ライブもアンコールはこの曲でした。

2019/6/19(水) 午後 10:18 [ キヨモジ ] 返信する

> tetsuo aspicさん エンジニアのエディ・オファードの名前がYESの作品ででてくると安心はしますけど、『トーマト』の場合は楽曲があまり好きではないんですよね・・・『ドラマ』の方が私はらしいと思っているんですよ。

2019/6/20(木) 午前 4:07 SGT 返信する

> キヨモジさん やはり何のかんの言ってもYESとしての大ヒット曲ですからやっちゃいますよね。(^^

2019/6/20(木) 午前 4:08 SGT 返信する

顔アイコン

一般的に有名な曲ですね^^

2019/6/20(木) 午後 10:16 [ ゴールド ] 返信する

> ゴールドさん YESといったらこの曲をあげる方も多いのでは。(^^

2019/6/21(金) 午前 4:04 SGT 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事