ここから本文です

書庫全体表示

〈続き〉

ここで、実際に犬を使ってシグナルの例を見てみましょう。

(1)トレーナーさんのボーダーコリー(つくしさん)に「待て」をかけて、体の動きを見ます。
トレーナーさんが離れたところで立ち、つくしさんを見ていると、
 ・トレーナーさんから目をそらす(あなたに敵意はございません)
 ・尻尾を小刻みに振る(緊張しながらも嬉しい)
 ・耳を立てたり寝かせたり(トレーナーさんの行動への集中や周りの状況を把握)
 ・あくび(自分の緊張をほぐそうと努力する)
トレーナーさんが威圧感を与えながら少しずつつくしさんに近づくと、
 ・何度も舌なめずり(緊張)
 ・耳が後ろに倒れる(どうしたらいいの?)
トレーナーさんが「来い」と呼ぶ
 ・尻尾をぐるぐる回しながらかけよる(喜びMAX!)
 ・前足をトレーナーさんにかけて飛び回る(すごい喜びMAX!)

続いて、トレーナーさんの飼っているもう一頭のボーダーコリー(ふーこさん)にも「待て」をかけます。つくしさんと同じようなシグナルをしますが、個体差があるのでまた違った感じがします。
さらに、トレーナーさんの飼っているウイルッシュコーギー(くるみさん)にも「待て」をかけます。くるみさんは「びびり屋さん」なので、つくしさんやふーこさんよりもちょっぴり緊張が強く感じます。尻尾がない犬種ですが、耳や目をつかって言葉を伝えようとします。今度は、トリマーさんの飼う耳の長く垂れたアメリカンコッカーのマックス君に「待て」をかけます。耳が垂れていても耳の付け根の微妙な動きを見ていれば、マックス君の緊張や興味や集中を伺い知ることができます。
4頭の犬に「待て」かけて体の動きを観察してみても、犬それぞれのやり方でシグナルを発しています。日頃から自分の犬をしっかり観察していれば、性格も把握でき、「次に起こす行動」を読むこともできます。褒めや叱りのタイミングもわかりますよね!

(2)犬が咥えているものを取り上げるときに噛まれてしまったという話はよく聞きます。

↓玩具に集中している犬から玩具を取り上げようとします。この写真では尻尾が下がっていますね。うなり声をあげたり、牙をむいたりもしていません。
イメージ 1

↓もし、下の写真のように尻尾を高く持ち上げて、さらに牙をむいた状態の時に玩具を取り上げれば噛まれる危険もあります(もちろん、トレーナーさんが説明のためにわざと尻尾を上げているだけです)。
イメージ 2
写真では玩具を使っていますが、ライターなどの危険物であれば絶対に取り上げなければいけません。危険物でないのであれば、犬が人の手を噛む危険がある場合は諦めましょう。
一番大事なのは、「噛んではいけないもの」を犬の側に置かない事。そして、日頃から「出して」の合図で咥えたものを離すように教えておくこと。

(3)お腹を見せれば服従の姿勢?
「飼い主の側に寄ってきた犬が寝転んでお腹を見せたのでなでているとうなり声を上げていきなり噛みついた」これは、犬が「おい、飼い主よ。お腹をなでさせてやるわ!」と言っていたのでしょう。
「お腹を見せる=服従の姿勢」と思われていますが、お腹の見せ方ひとつで違ってきます。

↓下の写真は、ふーこさんをいきなり掴みひっくりかえした瞬間です。尻尾が股の間に入っていますね。
これは「服従の姿勢」です。犬が自ら寄ってきて、お腹を見せたからといって「服従したのね〜」となでなでしたら、単に「飼い主がなでてほしい犬に従った」だけなのです。
イメージ 3
↓日頃から犬をどんな姿勢にしても耐えられるように慣らしておくことも大切です。
(といって、トレーナーさんはふーこさんを逆さにしましたが、ふーこさんは全く動じませんでした)
イメージ 4

(4)トリマーさんが飼うアメリカンコッカーのマックス君が「大好きなリンゴを盗み食い」するシチュエーションです。トリマーさんに首根っこを掴まれて、おしっこちびるほど叱られます。
イメージ 5

↓叱られてしょんぼりしているマックス君。いつまでも叱っているトリマーさんと「盗み食い」しようとしたリンゴを交互に見ながら座っています。さて、マックス君は怒られて反省しているのでしょうか?
イメージ 6
いえいえ、全く反省していません。叱られた瞬間はやめますが、その直後は「飼い主の機嫌が直ったらまた盗み食いしよう」と企んでいるのです。飼い主さんが勘違いとして、「あらあら、マックス君はしょんぼりして反省しているのね。じゃあ、リンゴをあげましょう」とりんごをあげようものなら、「しょんぼりしたらリンゴがもらえた」としか学習しません。後でまた同じいたずらを繰り返すのです。

「いたずらばかりするから、うちの犬は馬鹿だ」と思う前に、「犬の前に物を出しっぱなしにしない、飼い主の目が届かない時はハウスに入れておくなど、いたずらを経験させない環境を作ること」。もし、いたずらをしてしまったら、現行犯で叱った後は、無視してしまうようにしましょう。

(5)犬同士の挨拶
飼い主が初めてあった犬に挨拶をさせるシーンです。手前のうりゅうくんは尻尾が上がっています。向こう側のマックス君はしっぽが下がっています。
イメージ 7
だいたいこんな時はにおいをかぎ合うだけで済みますが、お互いの尻尾がピンっと立っている場合は気をつけましょう。犬の攻撃は一瞬でおこりますので、危険と思われる相手であれば無理に挨拶させないでおきましょう。日頃から自分の犬がどんなときに攻撃したり嫌がったりするのかを把握しておけば、危険は回避できます。

また、「はーい!お友達よ〜」と嫌がる犬を無理に他の犬に近づけるのは、「犬嫌いな犬」になるのでやめましょう。

(6)犬同士で遊ばせるとき
ドッグランなどで、犬同士が遊んでいるときでも、飼い主のコマンドですぐに戻るように日頃から教えておくことも重要です。
↓トレーナーさんの犬達は、犬同士で遊んでいる最中であっても一声かければすぐに飼い主に集中します。これも日頃から習慣づけているからです。
イメージ 8

(7)犬が人間に飛びついたら
「やめなさい!」と声をかけたり「きゃあ!」と叫んだりしていませんか?それは「飛びつきなさい」と言っているようなものです。
そんな時は犬語を使ってやめさせることができます。「無言で背中を向ける」これだけです。飛びつきたい犬は人間の正面に回ってきますので、しつこく背中を見せます。何度もやれば犬も飛びついても意味がないと知り飛びつかなくなります。
(余談ですが、人間大好きなエールは他人に飛びつこうとします。「無視して背中を向けてください」とお願いするのですが、「いいのよ、いいのよ。」と飛びつかせたり、「きゃあ」と叫んだりします。そんな人にはどうやって説明すればいいのかしら…。)



約3時間半に渡るレクチャーでしたが、講師の方の話が面白すぎて今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました。

文章にしてみると、ちょっぴり難しい感じがしますが、
・犬が発するシグナルを読もうとする習慣をつけ、タイミングよくコマンドを入れる。
・日頃から色々なシチュエーションを想定して我慢できるようにしておく。
・問題行動が起こらないような環境を考えてやる。
を意識してみようと思います。

次回から、いよいよ自分の犬を連れてのレクチャーになります。
エール&ヴィエナの心ともっともっと向き合っていきたい!ぐーたらママの願いです。

↓今日はお留守番していたエール&ヴィエナ。
イメージ 9

この記事に

  • 叱ってもその場はやめるが・・っていうのゴンもそうなんですよ〜 私には「そんなに怒らなくてもいいじゃない〜」って感じ。旦那には具合が悪いの?ってくらい反省した顔してみせて話しかけられるのを待つんですよ〜 かなりの演技派です。。。

    ☆ゴンママ☆

    2007/5/29(火) 午後 3:33

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちはぁ〜!
    先日のレクチャールーム受講しました、もりこと申します。(フレンチブルちゅうの飼い主です^^)
    たぶんお隣りに座らせていただいた、おキレイな方じゃないかな?と思うのですが・・・間違いだったらすみません。。
    第一回目のレクチャーにどうしても参加することができなかったので、
    こちらのレポートも参考にさせていただき「コミュニケーション」について勉強させていただきました。
    おかげで今回のテーマにもすんなり入ることができました!
    どうもありがとうございました^^
    そして、今回のレポートもとってもわかりやすく、「そうだった、そうだった!」と再確認しながら読ませていただきました。
    またまたありがとうございます♪
    また、レクチャールームの方でお会いすることと思いますので、
    今度ともどうぞよろしくお願いいたします!! 削除

    [ もりこ ]

    2007/5/29(火) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    初めまして!↑のもりこちゃんの横に座っていた者です(シマシマ犬の飼い主です。もりこちゃんのマネをしてみました(笑))

    本当に上手にまとめられていて、当日もテキパキ質問していて
    とってもエール&ヴィエナちゃんのことを考えてらっしゃるんだなぁと思いました^^ソックリでかわいいですね♪わさわさしたい!
    これからも我が子たちの心と向き合っていきたいですね!
    次回お会いした時はどうぞよろしくお願いします。 削除

    [ いさな ]

    2007/5/30(水) 午前 0:47

    返信する
  • ワンコのボディランゲージってすごいよね〜でも、ゴンちゃん↑と一緒ですずねも演技することあるから、結構騙されちゃうんだよなぁ・・(笑)ママは偉いね!ちゃんと勉強してるもんね〜。私なんて勉強不足でコミュニケーション取れず、すずねがどんどん野生化していってるからね(笑)まっ、それも面白いからいいんだけど(^^)

    [ wan ]

    2007/5/30(水) 午前 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    とっても参考になったわぁ〜♪それにしても、エールちゃんとヴィエナちゃん、そっくりだね♪
    今度はワンコも一緒に参加なんだね!楽しみにしてます♪

    [ 杏仁ママ ]

    2007/5/30(水) 午後 3:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ミナミママ、こんにちわ。犬はタイミングを逃すと後で叱っても無駄だけど、たくさん褒めるチャンスを作ってあげたいなって思います。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    カレン&りゅうきちママ、こんにちわ。褒めるタイミングはたくさん訓練しておきたいなって思う今日この頃です。叱ってばかりだとワンコもつまらないでしょうからね。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    しろうささん、こんにちわ。ワンコは年齢に関係なくいろいろと覚えてくれるみたいですよ。まだまだ大丈夫!

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    トッティ君、こんにちわ。100%理解するのは無理だけど、「何を伝えたいのだろう?どうして欲しいのだろう?」と考えてあげるだけでワンコは答えてくれるはずです!頑張ろうね!

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    ゴンママ、こんにちわ。ワンコは人によっても態度を変えますよね。わかるわかる!人間の心を読むし、演技はできるし…。正直いって人間より賢いのかもよ。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    もりこさん、こんにちわ!覚えてますよ〜!のらのら先生の話っていろんなことに例えて話してくれるから面白くてわかりやすいですよね。第一回の時はカメラを忘れてしまい、記憶を頼りに書いたのですが、今回はカメラを駆使してレポートできました〜。ぜひレクチャーでお会いしましょうね。我が家のワンコは人にも犬にもぴっとりひっつきますので要注意ですよ〜。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    いさなさん、こんにちわ!シマシマ犬のいさなさんですね。こちらこそよろしくお願いします。のらのら先生たちのレクチャーを聴きにいくのは、エール&ヴィエナのためでもありますが、世の中の不幸なワンコを減らすにはどうしたらいいのかを考えるきっかけにしたいと思っているからです。知れば知るほど犬という動物の素晴らしさに引き込まれますね。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    すずねママ、こんにちわ〜!エールもすずねちゃん世代の頃は野生化してたかも…。そして今はヴィエナが野生化しているかも…。まあ、それがすずねちゃんのかわゆいとこですよね。また、泥んこ動画期待してますよ!あれでこそワンコです!

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    杏仁ママ、こんにちわ!ワンコって奥が深いわ〜。知れば知るほど、頭の良さに驚かされます。エール&ヴィエナって最近どんどん似てくるのよ…。顔だけでなく態度が…。

    ぐーたらママ

    2007/5/30(水) 午後 9:57

    返信する
  • 本当にタイミングって難しい〜いつも遅い!といわれていました(笑)でも訓練ってワンと自分と同じ目標というか一体になれる気がします。一緒に喜んだり本気で叱ったり・・・こんなレクチャーがあったら私も行きたいです!こういう機会って大切ですね。またお話聞かせてくださいね!

    ムクりえるフーまま

    2007/5/31(木) 午後 0:27

    返信する
  • 顔アイコン

    そういえばお教室で「このタイミング」について犬役と人間役になって「目的」を達成させるゲームやったなあ〜♪人間役は「手を叩く」タイミングで犬を誘導するんだけど、それがちょっとズレるとこんなにわからないんだ〜てつくづく思ったっけ・・・。反省〜(笑)

    tdp*f23*

    2007/5/31(木) 午後 10:12

    返信する
  • 次回はエールちゃんとヴィエナちゃんも参加ですね。犬の行動は、わかっているようで、理解してない事て多いいような気がします。受講したら、また記事にしてくださいね。勉強になります。

    atona

    2007/6/1(金) 午後 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    ムク&りえるママ、こんにちわ。このレクチャー、本当に面白いです。講師のお話に引きこまれちゃいます。犬に関して、本などでいろんな知識を得てきたつもりだったけど、このレクチャーを受けると点だった知識が線になって繋がってくるといったイメージかな。

    ぐーたらママ

    2007/6/4(月) 午後 10:08

    返信する
  • 顔アイコン

    グウママ、こんにちわ。グウママのコメントを読んでいると、グウママが学んできたトレーナーさんは考え方が似ているのかなって思います。訓練の技術を教えるだけでなく、犬の気持ちになって考えさせる。そんな感じなのかな?今度、グウママのトレーナーさんのHPを覗いてみま〜す。

    ぐーたらママ

    2007/6/4(月) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    ナインママ、こんにちわ。本当に犬の気持ちは奥が深いですね〜。また記事にするのでぜひ読んでくださ〜い!

    ぐーたらママ

    2007/6/4(月) 午後 10:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事