ビートルズ徒然草

こんにちは。ビートルズのあれやこれやを徒然なるがままに...

Beatles US盤シングルプロモ 「Penny Lane / Strawberry FIelds Forever」

ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年、盛り上がっていますね。
拙ブログにお越しの方は「スーパーデラックスエディション(SDE)」を買った方がほとんどでしょう。

そのSDEのCD4の最後の収録された、ペニー・レイン (キャピトル・レコーズ・モノ・USプロモ・ミックス)を聞いて、その音の悪さにビックリした方も多かったと思います。
元のマスターテープが残っていないので仕方がないとはいえ、もう少し良い音で聞きたかったですね。

さて、このペニー・レイン (キャピトル・レコーズ・モノ・USプロモ・ミックス)。エンディングのトランペットが特徴ですが、レコーディングセッションの本によると1967年1月17日にデヴイッド・メイソンを招いてピッコロトランペットをオーヴァーダヴしたその日にモノミックスを3種類作り、その中のベストであるリミックス11のテープがUSに向けて送られました。その後、1月25日に再度リミックスをやり直し、エンディングのトランペットを取っ払ったリミックス14がUK,USとも正式リリース盤となり、没となったテイク11を収録したUSプロモ盤は超貴重なレコードになってしましました。
(因みに、US盤「レアリテイーズ」に収録のこの曲は通常ヴァージョンにエンディングのトランペットを編集でくっつけたヴァージョンです)

拙者はこのレコードが欲しくて、もう30年ほど前から探していましたが、貴重で高価なものにはしフェイク(偽物)がつきもの。今ほど情報が無かった時代に、やっと本物(と拙者が思っっている)に出会うまでにフェイクを2枚つかまされ、高い授業料を払いました。

イメージ 1
左=フェイク、右=本物、

本物のレーベルは、「Yellow/Green」とか「Lime」と言われるように、緑がかった黄色ですが、フェイクは真っ黄色。しかし結構微妙な色使いなので、2枚を並べると分かり易いですが、1枚単品で見ると識別はかなり困難。
あと、文字がつぶれ気味。

イメージ 2




























上=本物、下=フェイク

「4」や「5」の書き方、角度が違います。
また「*」は本物は機械文字(と言われている)で他のUSシングルに刻印されているものを同じ、フェイクは手書きで大きい。(あまりに薄すぎて写真で撮れませんでした)
このマトリクスで識別するのが確実でしょうか。

US盤シングルにはあとレアヴァージョンとして、中間部が長い「I am The Walrus」がありますね。これは未だにここでしか聞けません。

ところで、今回のサージェントのリミックス。拙のぼろオーディオでは、いろんな音がてんこ盛りで隙間がないので疲れる。
2009年のリマスター盤もそうでしたが、数回は聞くものの、その後はまた聞くのはUKオリジナルのレコードになりそうです。
やっぱりあの鮮度抜群で、聞きなれたスコスコなステレオミックスが聞きなれているんですよね。

その他の最新記事

すべて表示

ビートルズが8枚目のオリジナルアルバム 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(UK:PMC7027/PCS7027)を発表して50周年を記念して、今年はこのアルバムネタで多いに盛り上がっております。10年前にも拙ブログで40周年の話題を描いたことを思い出します。 そこで、今回は久しぶりにUK盤のこのアルバムのレーベルネタを ...すべて表示すべて表示

Paul McCartney / ...

2017/5/5(金) 午後 9:02

今回のポールの日本武道館公演について書いてみました。 どちらかというと拙者個人の日記のような内容になりますので、悪しからずご了承ください。 今までポールは2002年と2013年の2回、大阪で観ました。 2014年に日本武道館公演が実現(実際には2015年に延期)した時には、「観たい」というより、そのチケットの高さからポール(もしくは興 ...すべて表示すべて表示

2017年4月 Record St...

2017/4/26(水) 午後 7:28

ここ数年、大物アーティストの限定数量アイテムの発売で盛り上がってきたRecord Store Day(略してRSD)ですが、今回4月22日解禁のRSDも、ビートルズ関連ではポールの「FLOWERS IN THE DIRT」の再発やビートルズの「SGT.PEPPER'S〜」の50周年BOXの関連アイテムの発売が決まり、間際になっ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事