ビートルズ徒然草

こんにちは。ビートルズのあれやこれやを徒然なるがままに...

リンゴ・スターの断捨離オークション 〜2015年Julien's Auction Book〜 

リンゴ・スターとその妻のバーバラ・バックが財団設立のため、自分たちの所蔵品を一括して出品したのが、2015年11月のジュリアンズ・オークションでした。
リンゴの所有するホワイトアルバム UK盤のシリアル番号1番が出品され、73万ドル(約8千万円)という過去最も高い値がついたレコード、としてマニアの間では大きな話題になりましたね。。

大きなオークションハウスが開催するオークションでは、会場に行けないマニアや投資家のためにオークションカタログという出品商品の写真や解説なんかが詳しく書かれた図録のような本が売られています。

このジュリアンズ・オークションでも、かなり豪華なカタログが販売されていました。
一般的なオークションカタログは数10ドルで買えるのに、このカタログは送料込みで350ドルもする代物。

イメージ 3
豪華なスリップケースに、「RINGO STARR」と「RINGO STARR & BARBARA BACH」の2冊が収納されています。
1冊目の「RINGO STARR」には、ビートルズ時代を含めたリンゴのレコード、楽器、メモラビリア、衣装、時計などのアクセサリーが,、2冊目の「RINGO STARR & BARBARA BACH」は二人、特にバーバラの所有する絵画、インテリア、食器、アクセサリー等が中心に掲載されています。
イメージ 1

何といっても個人的に目を引くのは、リンゴが所有していた楽器類やレコードになります。

イメージ 6
ジョンが所有していたリッケンバッカーのギター。
ジョージが持っていたギターなんかもあります。

イメージ 5
ギターもたくさん所有いたんですね。

イメージ 4
こちらはハローグッドバイのプロモクリップで使用されたドラムセット。

レコード関係は思ったより1960年代のりゴールドディスク関係が少ない印象、というかほとんど無い。

イメージ 7
やはり目玉はこれ。
「The BEATLES」通し番号No.0000001
状態もすこぶる良さそう。
予想落札価格4万〜6万ドルに対して落札価格は73万ドル!

イメージ 8
こちらは1998年発売の30周年記念CDで、通し番号は控えめのNo.000004

イメージ 2
アンソロジー本で、自分は持っていないと語っていたブッチャーカヴァーのステレオ/1stステイト。
やっぱり持っていたんですね。

やはりビートルズ関係は、かなりの高額落札が続出。とても庶民が手を出せるものではありません。

当時はインターネットでも出品商品の画像が見ることが出来ましたが、やはり本という形態で手元に置いて鑑賞できるという意味で、高価ながらも価値ある1冊。
本物は買えないので、写真で目の保養をしておきます。

その他の最新記事

すべて表示

 京都のとあるフランス料理のお店。 ここのご主人は、ビートルズの日本公演を日本武道館で実際に観た人です。 お店はビートルズが流れ、ディスプレイもビートルズがいっぱい。 ここに、近くに引っ越してきたという人が食事に来たそうです。 食事もすすみ、ビートルズの話題に。 その人、驚くなかれデビュー前のビートルズをハンブ ...すべて表示すべて表示

Beatles US盤シングルプロ...

2017/6/3(土) 午後 8:26

ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年、盛り上がっていますね。 拙ブログにお越しの方は「スーパーデラックスエディション(SDE)」を買った方がほとんどでしょう。 そのSDEのCD4の最後の収録された、ペニー・レイン (キャピトル・レコーズ・モノ・USプロモ・ミックス)を聞いて、その音の悪さにビックリした方も多かったと思います。 ...すべて表示すべて表示

ビートルズが8枚目のオリジナルアルバム 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(UK:PMC7027/PCS7027)を発表して50周年を記念して、今年はこのアルバムネタで多いに盛り上がっております。10年前にも拙ブログで40周年の話題を描いたことを思い出します。 そこで、今回は久しぶりにUK盤のこのアルバムのレーベルネタを ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事